RSS | ATOM | SEARCH
6月27日(月) 晴れ、微風 閑話休題 《 世界遺産に決まった平泉から盛岡への自転車旅 》
中尊寺・金色堂 平泉の中尊寺を中心にした史跡がユネスコの『世界遺産』に登録された。

 これで日本の各種遺産登録は16件となった。こうして遺産登録に躍起になる国もあれば、タイのようにカンボジアとの領土紛争から遺産条約から脱退する国もある。

 タイは5ヶ所の世界遺産を持ち、バンコクは欧米人から見ると『オリエンタル』になるが、このバンコク内には世界遺産はない。バンコクから車で1時間半ほど北方に『アユタヤ』があり、ここは2回訪れたことがある。

 今回の平泉には昔行ったことがあるが、記憶は薄れている。10代の頃自転車で東北、北海道を廻ったことがあり、その時、平泉に立ち寄った。

 その時のルートは福島原発の側を通ったが、原発を見学していこうという気はなかった。自転車の1日行程はだいたい100キロ前後、泊まるのは公園のベンチの上や駅の待合所などで寝袋持参の貧乏旅だった。

 仙台の親戚宅で数日厄介になってNHKの朝の連続テレビドラマを見てから出発、この日は平泉近辺までの行程を考えていたから、中尊寺を見学する気持ちがあったのだろう。

 一関を過ぎてやがて平泉、日はまだ高く有名な中尊寺に行ったが、どのような伽藍だったか全く記憶は残っていない。有名な金色堂にも行ったが、記憶が曖昧で覆堂を見ただけのようでもあり、金色堂を見たような気もする。

 ただ、記憶の中に光る金色ではなく、くすんだ黄色があって観ているのかも知れない。現在の覆堂はコンクリート造り1965年建設とあり、金色堂はガラス越しに観るようなっているからそうだったかなという気もする。

 毛越寺の有名な庭園も観たような記憶を持つが、今思うとそうやって拝観料を払えるような金を持っていたか疑問だが、仙台の親戚宅を出る時、旅の足しにと餞別をもらっているから、少し自由に使える金があったのだろう。

 義経が討ち死にしたと伝えられる場所には行かなかったが、北上川越しにあの辺りかと眺めた記憶はある。さて、見学終えて平泉近辺に一晩をと思ったが、当時の平泉は寂れた場所で、とても泊まるような場所がなかった。

 日は暮れて来ているし、思い切って国道沿いの仮寝が出来るドライブ・インまで行くかとそのまま夕闇の中を走り出した。夜に走るのは初めてで、国道沿いを疾走する大型トラック(まだ高速道路は東名名神があるだけ)にヒヤヒヤしたが、日中の暑さから比べれば思ったより快適で距離は進んだ。

 結局、未明に盛岡に到着、見つけたドライブ・インで倒れ込むようにして寝た。さすがにその朝は寝過ごし、身体も痛かったが次の町に向かって車輪を進めた。

 仙台―盛岡間の走行距離は200キロはあったと思うが、その位、10代の頃は元気もあったと懐かしむ。

ロゴ

author:cebushima, category:閑話休題2011年6月, 10:16
-, trackbacks(0), pookmark
6月26日(日) 曇り、軽風 閑話休題 《 バオバブの樹の実の味 》
バオバブの樹 インド洋東端、アフリカ大陸西岸に『マダガスカル』という島国がある。

 島といっても世界第4位の広さ、日本の総面積377千平方キロの1.5倍以上の面積を持つ。

 この国は1960626日の今日フランスから独立し、以前にも書いたが私は1980年代終わり頃にこの国を旅行したことがあった。

 この島はアフリカ大陸から分離し、固有の動植物が生息する貴重な地域になり、住民は5世紀頃に海を渡ってきたマレイ系の人々と混交したために、大陸側とは肌の色、容貌はアジアを色濃く感じさせた。

 マダガスカルは『バオバブの樹』が有名で、赤茶けた大地に根の部分を逆さにしたような怪異、異形の写真は広く流布されている。しかし、私がマダガスカルを旅行した時は限られた場所だったので、バオバブの樹を見た記憶は残っていない。

 掲載した写真はアフリカ大陸側のバオバブの樹で、大陸で見るバオバブの樹はマダガスカルとはまた違った雰囲気があった。バオバブには8種の原生種があり、マダガスカルに6種、アフリカとオーストラリアに1種ずつあって、大陸側とマダガスカル側では同属ながら、環境によって違った樹形で育つようだ。

 アフリカ内陸部に住んでいた時、近くではバオバブの樹は見かけなかったが、数百キロ離れた湖の近くに行くと写真のようなバオバブの樹がいくつも生えている地域があった。

 初めて見た時は直径10メートル以上もありながら、丈は寸詰まりのその巨大さと容貌魁偉にこれが樹なのかと思った位で、黒光りする幹の表面は固い。サン・テグジュペリの代表作『星の王子さま』に星を破壊する逆さまに大地に突っ込まれた巨木と書かれているのが、ぴったりの印象を受けた。

 サバンナで暮らす集落ではこのバオバブの樹を精霊が宿るとして大事にしていたが、私の見たバオバブの群生地は主要国道に近く、毎日毎日排気ガスを振りかけられているから、嫌な時代になっただろうと見つめていることだろう。

 村人が崇めるのはその巨大さもあるが、この樹は利用価値が高い。バオバブの葉は野菜同様の食用になり、樹皮からは解熱剤が作られ繊維にしてロープにもなる。

 また、長さ10センチ位の紡錘形のたくさんの実を生らせるが、この実が食用になる。こういった使い道があるから伐採せずに何百年、何千年も伐採されずに済んだのだろう。

 先の国道沿いにあったバオバブの樹の袂に薄茶色の実を売る人が居て割って中味を食べたが、白い石灰状の種が中に詰まっていてその石灰状を口に含むと子どもの頃食べた懐かしい『ラムネ』の味がした。

 その時、いくつかの実を記念にと思って日本に持って帰ったが、今はどこにあるか行方は分からない。もし残っているようだったらこのフィリピンに蒔いたら発芽、根付くかなとラチもないことを考える。

 まんざら荒唐無稽ではなく『盆栽』用として日本では種子が売られていると聞く。

ロゴ

 
author:cebushima, category:閑話休題2011年6月, 10:10
-, trackbacks(0), pookmark
6月25日(土) 薄曇り、微風 閑話休題 《 原爆用のウランを掘っていた戦時中の福島県 》
苦闘する福島第一原発 原子力発電は『核』の平和利用と喧伝されていたが、福島第一原発がその幻想を打ち砕いた。

 フィリピンでは福島第一原発をニュースなどで英文表示する時『Fokushima-Daiichi』と書かれ、既に『Tsunami』同様、原発災厄を表わす世界語となっている。

 原子力発電は核分裂を利用した巨大な『湯沸かし器』であり、そこで発生した蒸気で発電タービンを回す至極簡単な仕組みで目新しい装置ではない。

 しかし、核分裂は『悪魔の発明』であって、その危険性を押さえつけるために莫大な金をかけて原子炉を巨大な格納庫で覆っている。これで何とかなると思ったのだろうが、自然には敵わず全滅したのがFokushima-Daiichiとなる。

 悪魔の発明と書いたが、核の開発は元々原子力発電などとは全く関係ない次元で行われていて、核分裂が兵器=原爆用に開発されたのは周知の通り。

 太平洋戦争中の1942年、アメリカで原爆開発の『マンハッタン計画』が始動し、3年後の8月に広島、長崎に投下され数十万に上る死傷者を生み、今なおその後遺症は続く。

 日本でも原爆開発はあって1940年頃に理化学研究所の仁科芳雄が考えを軍部に表明していたという。この理化学研究所は戦前は超一流の研究機関であり、仁科は今でいえばノーベル賞をいくつももらって良いような科学者としては優れた人物だが、原爆開発を考えるとは科学と人類に対する洞察力はなかった人物といえる。

 日本の原爆開発は二つのコースがあって、一つは陸軍と仁科が組んだ『二号研究』(二はニシナの二から)、今一つは海軍と京大と組んだ『F研究』があった。

 日本の陸軍と海軍の不仲、協調性のなさが敗戦を招いたと断じる戦史家は多いが、原爆開発に関しては不仲で結構、研究が完成したことを考えると、日米双方で核戦争に発展していただろうからゾッとする。

 この原爆には『ウラン』が必要なのは知られているが、ウランは鉱石として採掘されて生成されるが、このウラン鉱石を福島で戦時中に掘っていた過去があるのをご存じだろうか。

 場所はFokushima-Daiichiから直線で55キロほど内陸部に入った『石川町』で、夏の高校野球で甲子園に何度も出ている強豪校がある位で、何の変哲もない町だが戦時中にそういう秘話があったことは知られていない。

 ただし石川町当局は隠すつもりはないようで町立の資料館で『原子爆弾と石川町の関わり』の題で展示がされている。しかもこの資料館はかつてのウラン鉱石からウランを取り出す工場跡地で、当時の石垣などが残っている。

 ここでは19454月から地元の中学生を動員していて、その数120人などとの記録や写真が残っている。勤労動員の年齢から考えると、今で80歳前後だからまだ生存しているから証言記録は残せるだろう。

 写真は爆発後のFokushima-Daiichiの様子だが、石川町のウラン採掘とこことの関係は全くなく、原発立地に困った当時の東電の社長が福島県出身(内陸部の伊達郡)で、金で地元民を懐柔して福島に造ったという話が伝わり、最新科学もこういったドロドロしたつながりで動いているのが分かる。

ロゴ


 
author:cebushima, category:閑話休題2011年6月, 10:26
-, trackbacks(0), pookmark