RSS | ATOM | SEARCH
ホンジュラス・想い出100景 その19 市内最古の教会
市内最古の教会


 Merced(メルセッド)教会。

 スペイン語では『恩恵』の意味がある。市内で最古になるからホンジュラスでも古い教会の一つになる。

 カテドラルが1650年に建てられたから1600年代初め頃に建てられたのであろう。

 市内にはこの他、同時代に建てられた教会が3つある。この教会はカテドラルから歩いて5分位の距離にあり、数分先はメルカド(市場)になる。

 写真を撮ったのは午後の日差しがだいぶ落ちてからで、教会の白いファサードと影のかかり具合が印象的だった。

 コマヤグアは山にある街なので、空や雲が時々はっとする表情を見せてくれる。

 教会の前は小さな公園があって、ホンジュラス独立にちなんだ、記念物がある。

 昼日中に通ると、老人やら失業者の様な男達がベンチに暇そうに座っている。気を付けて見るとその座る位置も決まっていて、空いているからと言ってむやみに座ってはいけないようだ。

 危険性は感じないが、女性が通るとジローっと舐め回すように見つめている。ずいぶん失礼な奴らだなと思ったが、ホンジュラスはこれが男の普通の視線と分かった。

セブ島工房ロゴ
author:cebushima, category:ホンジュラス・想い出100景, 10:40
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。