RSS | ATOM | SEARCH
新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年 その(62) 鳥取駅で特急『スーパーいなば4号』に乗り換え

【写真−1 城崎温泉は兵庫県に入る】

 

 鳥取駅に9時27分に着いてホームを見ると写真−1の表示があった。9時30分発城崎温泉行の普通列車、その反対側に向かう9時44分発の特急『スーパーおき3号』浜田行き。この特急は米子、松江、出雲、江津を経由して12時48分に浜田に着く。

                           

【写真−2 松江駅にはスターバックスがあったが鳥取駅にはない】

 

 鳥取駅で乗り換える特急『スーパーいなば4号』に乗るまで30分ほどあるので、駅構内から外に出る。写真−2は鳥取駅の改札口で、この駅も高架になっていて造りはどことなく松江駅と似ている。こうしてかつては個性のあった駅も今は画一化される時代。

 

【写真−3 今はあるが県庁所在地で唯一スターバックスがなかったのは鳥取市】

 

 写真−3が鳥取駅北口の様子で、これで分かるように列車の停まるホームは3階にある。北口は鳥取県庁に通じる表口でバス乗り場もこちら側が中心となっている。鳥取市唯一の映画館『鳥取シネマ』もこちら側にあるが、県庁所在地の駅としてはかなり地味。

 

【写真−4 コロナ対応で鳥取県は高評価を得ている】

 

 駅前にあった写真−4の『観光ガイドマップ』看板。鳥取県は人口55万人と都道府県で一番人口の少ない県だが、鳥取というとやはり『砂丘』を第一に思い浮かべる。また漫画家水木しげる縁の妖怪の境港、米子の皆生、三朝町の三朝と温泉も知られている。

 

【写真−5 鳥取ではナシの実といわずアリの実と呼ぶらしいが本当かな】

 

 北口駅前に写真−5の樹が植えられていた。これは鳥取名産の『二十世紀梨』の樹で、二十世紀梨の原種は鳥取ではなく、千葉県松戸市で1888(明治21)年に地元の少年がゴミ捨て場で発見し育てて10年後に実を付けた。なお、原種は戦後に枯れ死した。

 

【写真−6 岡山へ出る人が多いのかホーム上は活気がある】

 

 写真−6は乗車する10時2分発岡山行き特急『スーパーいなば4号』の後部で、岡山駅には11時48分に着く。岡山からは新幹線『ひかり470号』に乗り換え、東京駅を目指し、『ジャパンレイルパス7日間グリーン券』使用の新幹線全線乗車の旅は完結。

 


 

author:cebushima, category:新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年, 19:29
-, -, pookmark