RSS | ATOM | SEARCH
新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年 その(48) 旅行6日目は鹿児島から松江を目指す

【写真−1 荷物を置いて寝るだけだからこのクラスのホテルでも充分】

 

 今回の旅で使ったジャパンレイルパスの有効期間は7日間になり、6日目の朝を写真−1のホテルの部屋で迎えた。部屋の様子はビジネス・ホテル・チェーン大手の全国統一規格からこれまで利用したホテルと同じ。運営と安さを提供するとなるとそうなる。

 

【写真−2 天文館通からこちらの方に人は流れているのだろうか】

 

 鹿児島中央駅の入り口近くで見た写真−2の観光宣伝。鹿児島中央駅には『アミュラン・プラザ』と呼ぶ大規模商業施設ビルがあり、その屋上に直径60m、高さ91mに達する観覧車があり、一周15分で料金500円は安目で、場所柄眺めはかなり良さそう。

 

【写真−3 昔は駅前のビルはなかったから桜島も良く見えたはず】

 

 桜島が見えないかと、その商業ビルのテラスに行って撮ったのが写真−2。中央、左右のビルに挟まれる形で桜島(標高1117m)の稜線と噴煙の上がっている様子が薄っすら見えた。それにしても半世紀ぶりの鹿児島というのに、これで見納めとは情けない。

 

【写真−4 新幹線駅の構内はどこでも同じ雰囲気】

 

 本日の予定は九州、山陽新幹線に乗り岡山で乗り換えて、岡山から在来線特急に乗って山陰を横断して松江を目指す。写真−4では乗車する9時6分発『さくら546号』の案内が下側に見える。岡山着は12時34分で3時間半近い乗車時間は3番目に長い。

 

【写真−5 手早く予約席を取るには乗車する列車をリストにして出すこと】

 

 鹿児島中央駅−岡山駅−松江の乗車券2枚が写真−5。ジャパンレイルパスのグリーン席利用は予約を取らなければならず面倒臭い。この乗車券、新潟駅の窓口で4日前に取得していて、新潟以降の予約はそこで全部済ませているから、係員は優秀であった。

 

【写真−6 鹿児島の変わり様に驚いて鹿児島を後にする】

 

 『さくら546号』が写真−6の様にホームに停まっているが、乗り込む乗客は御覧の通り閑散。九州新幹線は博多−長崎間が延伸され工事に入っているが、東回りになる大分、宮崎回りは難しいようだが、実現したら鹿児島中央駅は新幹線の要になりそうだ。

 


 

author:cebushima, category:新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年, 20:04
-, -, pookmark