RSS | ATOM | SEARCH
台湾一周 鉄道旅 2020 その(26) 奮起湖駅構内を横切ってバス乗り場へ

【写真−1 現在開通しているのは2駅先の十字路駅まで】

 

 蒸気機関車の置かれている車庫を見ている時に、十字路行きの列車は写真−1のようにホームから離れた。奮起湖駅から十字路駅まで途中多林駅を経て距離は10.2キロ、標高は1534mに至る。そこから先は2009年の台風による水害で路線が寸断され不通。

 

【写真−2 帰りの便は予約を取らないでも乗れるのかも知れない】

 

 写真−2は奮起湖駅の出札窓口。平日は1日往復1本しか運行しない阿里山森林鉄道で、事前予約が取られている中、切符を直接買えるのも不思議だが、何れにしても十字路駅から折り返す列車に乗るようだ。写真を撮った側に駅の出入口があり、町へ通じる。

 

【写真−3 奮起湖の集落はホームの向こう側にある】

 

 阿里山行きのバス乗り場は駅構内を横切った丘の上にあることが分かり、その丘の袂から奮起湖駅構内を俯瞰したのが写真−3。標高1400mを越す地点にこの広い敷地が取れたために、ホーム2本と5本のレールを持つ奮起湖駅が発展したのが良く分かる。

 

【写真−4 下から上がって来たバスがUターンしてバス停に来る】

 

 阿里山行きのバス乗り場だが、事前にインターネットで調べた時はバス停はかなり下に歩いた駐車場敷地内にあるとあったが、バス停は変わっていた。バス停は屋根のある建物で、写真−5の時刻表が載っていたが、阿里山へ向かうバスは日に何本もない。

 

【写真−5 山の手側はいかにも山村の集落風で古道が通っている】

 

 写真−5は奮起湖駅を出てすぐの踏切で、写真の向こうが嘉義方面。左に見える白い建物は蒸気機関車が保存されている建物。阿里山森林鉄道にいくつぐらい踏切があるのか知らないが、平地の嘉義駅−竹崎駅間は多く、山間部に入ったらいくつもなかった。

 

【写真−6 ここで降りた乗客はバスで阿里山へ向かうか駅近辺で観光】

 

 踏切を渡ると下りの自動車道路が写真−6のように伸びている。この道は奮起湖駅に繋がる道で、下って行くと駅舎から来る道とぶつかる。この道を下っている時は楽に歩けたが、その反対の上りには息が切れ、やはり標高が高いため空気が薄いのかと思った。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 22:14
-, -, pookmark