RSS | ATOM | SEARCH
新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年 その(27) 新潟駅から大宮駅まで1時間45分で

【写真−1 足載せなどいかにも間に合わせという感じ】

 

 写真−1は2階グリーン席車両の一番前の席の様子。出入り口を前にこの席だけ窓側1席になのは出入りの便を計っているのだろうが、隣に人が座るのを嫌ってこういう席を好む乗客もいるという。ここは違うが片側1席というのは元々は車椅子使用者用。

 

【写真−2 外観だけではなくインテリアもそれぞれ各アーティストが担当】

 

 新潟駅ホームに黒色に塗られた写真−2の車両が停まっていた。この車両は『げんび』と呼ばれる特別車両で上越新幹線で走っている。げんびは『現代美術』の略で、各車両は著名アーティストが担当している。しかし黒色は光を凸凹に反射させ、少々醜い感じ。

 

【写真−3 こういう何もない様子が日本の原風景】

 

 10時17分発『MAXとき316号』は定刻に新潟駅を離れ、昨日通った線路上を大宮目指して走る。写真−3は越後平野の穀倉地帯を走っている様子で、冬枯れの中の緑の色が鮮やか。積雪期に走ったらまた違っ風景がみられることであろう。

 

【写真−4 よく見ると経っている建物は対積雪仕様】

 

 写真−4は浦佐の辺りで、上越新幹線は山岳部を抜けると新幹線は関東平野を南下する。年が明けた2020年は暖冬で、各地のスキー場は雪が少なくて困っている。全体でも3割程度しか営業できないというから、次の越後湯沢辺りのスキー場も駄目か。

 

【写真−5 首都圏の主要駅を除いたら大宮駅は関東では1、2か】

 

 高崎、熊谷と『MAXとき316号』は停まって写真−5の大宮駅に到着。ホーム上の表示で分かるように大宮駅は東北、秋田、山形、北海道、上越、北陸の各新幹線の分岐点で東京から北へ向かう新幹線の重要な駅になっている。

 

【写真−6 大宮市は浦和市と合併してさいたま市となったが愚か】

 

 大宮駅で北陸新幹線12時50分発金沢行き『はくたか563号』に乗り換える。写真−6は上越新幹線ホームから階段を下りた所にある表示で、『はくたか563号』が18番線ホームに入ることを表している。乗り継ぎ時間が1時間以上あるので駅を出る。

 


 

author:cebushima, category:新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年, 18:40
-, -, pookmark