RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン・よもやま帖 2020 その−(1) フィリピンの新年はタアル火山の噴火から

 マニラ首都圏の南方向60キロ方向に『タアル』という湖がある。
 

【写真−1 この湖の周りがタアル火山】

 

 マニラ首都圏は慢性的な水不足に悩まされ、また2つある民間の水道配水会社の不手際もあって政治問題化し、単細胞のドゥテルテ大統領が経営権を取り上げて軍に管理させるなど突拍子もないことを言い出す始末。

 これは最近、シンガポールの国際仲裁裁判所に値上げを認められないために損失を被ったと水道2社が提訴して会社側が勝訴し、約230億円の支払いを政府に求める判決が出て、これに対してドゥテルテが激怒したものだが、積年の政権担当者の膿が出た感じである。

 水道2社はフィリピンの財閥系が経営していて、ドゥテルテは旧来の財閥系の経済活動には敵意を抱いていて、何とか在任中に潰そうとしているが、本人の大統領選時に多額の献金をして当選を後押しした地元ダヴァオ市の新興財閥にかなりの便宜を計っているから、所詮は綺麗ごとである。

 マニラ首都圏の水不足は漏水と盗水が多いためといわれていて、漏水に関してはセブの小生の近所にかなり前から漏水している個所があって、かなり流れを作っているが一向に直そうとはしない。

 家庭に繋いでいる管ではなく料金に直接関係ないから住民も無関心で、こういったいい加減さで市内にはどこでも何千、何万とあるから水不足は解消されない。

 また、マニラ首都圏の水不足は従来の貯水池の問題があるといわれ、政府は新たな水源として川を堰き止めるダムを造るプロジェクトを推進しているが、こういった山間部は自然保護地帯であり少数民族が生活しているので永年反対運動が続いている。

 しかも、この新たなダム建設を中国への借金で造り、中国の企業が建設、運営をするというので安全保障の面、強権的で環境問題をないがしろにする体質があると指摘が出ている。

 中国は途上国に多額の借金をさせて大型プロジェクトを展開しているが、借金が返せなくなると長期租借に持ち込むなどそのやり方は巧妙で『中国型新植民地主義』と名付けて良い代物。

 話が逸れて長くなってしまったが、マニラ首都圏近郊にはフィリピン最大の湖、面積にして300平方キロもある『ラグナ』があって、これを水源にすれば良いと思うが、水深は浅く過大な養魚施設のために水質は良くなく、飲用には向いていないとされているがそうも言っていられないのではないか。

 

【写真−2 タアル湖と火山島の地理的関係図】

 

 さて、ラグナの南にタアル湖があり、こちらは234平方キロあり、日本で2番目の面積を持つ『霞ヶ浦』が168平方キロだから、かなり大きい湖と分かる。

 この湖は火山活動によって生じたもので、湖中央に島があり『タアル火山』と呼ばれ標高311メートルあり、この火山島内の中央に湖があり地質的には二重カルデラ湖となるが、その湖に高さ50メートルほどの小さな島があって、島は1911年の大噴火の際に生まれたがこの時の噴火ではタアル火山の住民1300人以上が死んでいる。

 その後も活発な火山活動を続け1965年、1977年と大爆発を起こし火山の多いフィリピンでも有数の活発な火山となっていて、最近では2010年に活動が活発になり火山島に住む住民に対して避難命令が出たが、住民の多くは大したことがないと判断して島に留まったが実際爆発は起きなかった。

 この島は本来居住は禁止されているのだが、マニラからの日帰り観光地として有名になっていて、それに携わる人々が次々と住み学校まである始末。

 それが今年の1月12日に1977年以来の大噴火を起こし噴煙は上空1万5千メートルに達し、沖縄近くまで噴煙が広がっているのが確認され、このためマニラ国際空港に離発着する航空機は影響を受け、飛行停止などの措置が取られ空の便は混乱している。

 この噴火によって今までのレベル2から大噴火の恐れがあるレベル4に引き上げられ近隣住民の避難が行われ、10万人近い住民が学校などに避難している。

 また、タアル湖を囲む高台は標高600メートルほどあり、マニラ近郊の避暑地として観光開発されて人を集めるが、降灰によって視界が遮られ、道路は降った雨によって泥濘状態となり市民生活、農業など経済活動に大きな支障が出ている。

 

 小生も昨年、この地方に行ってタアル湖をタガイタイ市から遠望したが、海の景色の多いフィリピンでは異質の湖と山の風景が広がり、ゆっくり再訪したいと思ったくらいで、特に冷涼な気候を生かして園芸をする店が多く、またパインアップル畑が広が住むには良い地域との印象を受けた。
 

【写真−3 馬で巡るトレッキングは盛んだが今回の噴火で取り残されている】

 

 火山島は観光で生きていると先述したが、島に渡るには船で島の絶景ポイントへ行くには歩く以外に多くの観光客は馬に乗って行くため、この乗馬業が島民の生業になっているが、今回の噴火で人間は避難しても馬は取り残されているためにその対処をどうするかで問題になっている。


 今回は大爆発で噴煙が上がって、島民も以前のように居座ることはせずに避難したが、避難生活が長引けば生活をどうするかの新たな問題が生じて来るが、その時はその時という国民性もあってまだ深刻化していない。

 この大爆発によって立ち昇る噴煙を写真に撮ろうと現地に押し掛ける連中が多いこともフィリピン的といえばフィリピン的だが、その足元から大爆発が起きるかも知れず、怖い物見たさというところか。

 フィリピンは環太平洋火山帯に属しているために火山は多く、セブ島西海岸側にあるネグロス島に標高2465メートルある『カンラオン山』という活火山があって、それなど不気味な感じがするし時々噴火を起こしていて、現在は登山禁止になっている。

 また、ルソン島最南部には標高2463メートルの『マヨン火山』があって、この山は戦前のフィリピンに住む日本人が『ルソン富士』と呼んだように流麗な円錐状の姿をしている。

 その姿に似合わず噴火活動は活発で、1814年の噴火では裾野に在った町を溶岩流が飲み込み1200人以上が死亡し、町は教会の鐘楼上部を残して完全に埋目てしまい、今ではその跡が観光名所と知られる。

 最近でも2013年に噴火が起き、頂上付近に居た登山中の外国人観光客が5人死んでいて、その後何度も噴火の兆候が出ては住民の避難が繰り返されている。

 このマヨン火山、何度も行っているが常に頂上付近は雲に覆われていてなかなか頂上の姿を見ることが出来ない不運に見舞われている。

 活火山といえば1991年に大噴火を起こした『ピナツボ山』が知られ、この噴火は20世紀最大の噴火とも言われ1745メートルあった山頂が1486メートルまで吹き飛ばされた。

 この時の死者は900人近かったが、噴火による被害よりも降灰による被害の方が多く、これは山に住む少数民族の言い伝えによって、早くから避難が行われたため、噴火が急激ではなかったためと言われている。

 その後のピナツボ山だが今は火山灰に覆われた一帯が観光地となって山頂に生まれた湖見学と併せて人気の場所となっている。

 ピナツボ山の大噴火はアメリカ軍の極東最大のクラーク空軍基地とスービック海軍基地の機能を麻痺させ、米軍のフィリピンからの完全撤退に繋がったが、その撤退の代償に強化されたのが沖縄の米軍基地で、自然災害というのは思わぬ余波を生むものである。


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2020, 20:35
-, -, pookmark