RSS | ATOM | SEARCH
新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年 その(22) 大宮駅で上越新幹線『MAXとき321号』に乗り換え

【写真−1 新幹線を使えば福島県郡山市も通学通勤圏】

 

 福島駅を11時16分に出た『つばさ136号』は郡山、宇都宮に停まって大宮に12時22分に着く。写真−1は郡山駅で、この駅には数年前に三春町の滝桜を観るために東京から往復で新幹線を利用しているが、新幹線運賃はずいぶん高いなと思った。

 

【写真−2 大宮市というのは無意味な合併でさいたま市となり消滅した】

 

 定刻通りに大宮駅に到着し、写真−2は新幹線ホーム上の駅名表示板だが、大宮駅は東北新幹線と上越、北陸新幹線が分岐する駅として近年急激に発展。池袋、新宿方面にも便利になって、京浜東北線で行くしかなかった時代を知る身としては想像外。

 

【写真−3 大宮駅で改札を出てコーヒーでもと思ったが時間はなかった】

 

 大宮駅で上越新幹線に乗り換えて終点の新潟駅へ行き、新潟市泊まりなのでかなり楽。写真−3は乗り換える上越新幹線の13時06発『MAXとき321号』の案内板で、新潟駅まで1時間43分とあっと言う間。MAXのグリーン車は2階建てで乗るのが楽しみ。

 

【写真−4 この新幹線の色は緑だが東海道新幹線の青色は目に新鮮であった】

 

 大宮駅の構内で見かけた『鉄道博物館』のポスター。万世橋にあった『交通博物館』の鉄道部門が大宮に移転し、先年、訪れたが万世橋時代のかび臭い空気が懐かしい。新幹線は団子鼻のような最初の車両デザインが、当時としてはかなり斬新で印象深い。

 

【写真−5 やはりグリーン車付近は人の姿が少ない】

 

 上越新幹線のシンボル・カラーは絶滅種の鴇の『とき色』で、写真−5のように『MAXとき321号』の車体に細く引かれている。写真−5は先頭になる2階建て車両で、グリーン車は2階にあり、その下は普通席だが、ホームの高さから見るとかなり窮屈そう。

 

【写真−6 階段下付近にはトイレや乗務員室が設けられている】

 

 写真−6は2階のグリーン席へ通じる階段で上から撮影している。この車両の階段はデザインの関係か右に回り込む造りになっていて、若干使い難そう。中国の鉄道で2階建て普通列車に乗ったことはあったが、もう少し開放的で気楽に乗れた記憶がある。

 


 

author:cebushima, category:新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年, 18:54
-, -, pookmark