RSS | ATOM | SEARCH
ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(14) ダヴァオ市への道筋で検問

 フィリピンはマゼラン船団が1521年、フィリピンに上陸してカトリックを広め始めるまではイスラム教が多数派で、マニラ近辺まで伝播していた歴史を持つ。

 

【写真−1  フィリピンのカトリックは教徒は80%以上イスラムは10%程度】

 

 特にイスラム教の支配者(スルタン)の王国が古くからあった今のインドネシア、マレイシアに近いミンダナオ島はイスラム教が早くから伝わり、島内各地にスルタンを持つ王国はいくつも出現し、その末裔が現在も政治屋として地域で勢力を維持している。

 

 それが、近代になってカトリックの伸長は著しくなりイスラムは追いやられ、また少数民族の問題も絡んで、カトリック側の中央政府とミンダナオ島のイスラム教徒間との武力紛争が長年続いていた。

 

 それでも1990年代に両者間に平和協定が結ばれ、ミンダナオ島西部のいくつかの州と島嶼部にある州によって『イスラム自治区』が創設され、これでミンダナオ島紛争は収まるかと見られていたが、自治区指導部の力量不足と汚職の蔓延で『モロ・イスラム解放戦線=MILF』が分派に走る。

 

 再び泥沼の武装闘争が繰り返されたが、アキノ前政権になってMILFと和平交渉が進み、ドゥテルテ政権下で国防と外交は中央政府、その他は自治政府、徴税権の配分割合も決まり今年になって帰属する地域で住民投票が行われ新イスラム自治区移行への体制が固まった。

 

 そういった歴史を持つミンダナオ島だが、ダヴァオ周辺はそれ程イスラムの影響は強くはないが、写真−1のようにダヴァオへ向かう道筋にはモスクの姿を通過する集落ごとに見かけ、ぁなり根付いていることが分かった。

 

【写真−2  道幅が広いのがミンダナオ島】

 

 写真−2はカルメンという町を通過した様子で、三角形の下の青い看板に北ダヴァオ州と書いてあり、この町はダヴァオ市まで40キロほどの地点にあり、人口は8万人ほど。

 

 フィリピンは町といえども日本の消え入りそうな市とは違って人口は多く、総人口は既に1億1千万人を超え、その勢いはやがて日本の人口を追い越すと予測されている。

 

 写真−2の右側に流れるように写っているオートバイには運転者と後ろ座席に座る人物の間に子どもを挟んで乗っているのが見える。

 こういったオートバイの3人乗りはフィリピンでは普通で、中には子どもを2人も3人も乗せて走っていることがあって危険極まりないが、あまり頓着していないようだ。

 

【写真−3  ダヴァオ市に入る手前は警戒が厳重】


 そうしてダヴァオの平らで道幅の広い道を進み、いくつかの町を通り過ぎ車の走行が多くなった地点で写真−3の検問にぶつかった。

 

 ここでの検問はダヴァオ市内手前ということで厳しく、前方に停まる車は乗り合いヴァンで車から全員降ろされてチェックを受けていたし、フロント・ガラス越しには検問をする迷彩服を着た兵士の姿が見える。

 

 この検問では私用車であることと、乗っているのが日本人であったために車から降ろされることなく、運転者の免許証と登録証をチェックしただけで終わり問題はなかった。

 

 ミンダナオ島全土に布かれている戒厳令は今年の12月末に期限を迎えるが、今まで延長延長で際限なく延ばされているため、また延長されるのではないかとの観測が広がっている。

 それに対して、経済活動に影響があるのでダヴァオ市内だけは戒厳令を外してくれとの要望が出ていて、これもダヴァオ市を王朝のように支配している大統領一家の虫の良い要望だが、政治の私物化が当たり前のフィリピンでは驚くことではない。

 


 

author:cebushima, category:ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019, 19:26
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。