RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン・よもやま帖 2019 その−(12) 1972年9月21日 マルコスの戒厳令布告

 47年前というから既に半世紀近く前になるが、フィリピンでは今日9月21日、戒厳令法案にマルコスは署名をし全土に『戒厳令』を布告、独裁政治を強固にした。

【写真はマルコス王国一派の牙城となる北イロコス州庁舎】

 この戒厳令は1981年1月17日に停止されたが、マルコスは政変によって1986年2月25日、一族、取り巻きと共にハワイへ追い出されるまで独裁政治を続けた。

 

 マルコスは1917年9月11日生まれで、ハワイ逃亡4年を待たずして1989年9月28日、現地で死亡するが、逃亡以前から透析を受ける半病人状態で享年72であった。

 そのマルコスの遺体はしばらくハワイに置かれていたが、後に出身地のルソン島北イロコス州の町に冷凍保存されていたが、現在のドゥテルテ政権になって、遺体は英雄墓地に埋葬された。

 

 この遺体の英雄墓地埋葬については、歴代政権は認めなかったが、マルコス独裁時代に検事として任官したドゥテルテはマルコスに恩義があったためか、埋葬を認めた。

 

 マルコスの生涯だが、頭は良かったのか国立フィリピン大学法学部に学び、在学中の1938年に父親の政敵を射殺した容疑で逮捕されるが、事件を起こしたのは18歳の時であった。

 1939年に有罪判決を受けるが、その間司法試験を受けてトップで合格し、翌年には最高裁で無罪判決をを受けるが、フィリピンの司法試験でトップの成績で合格というのは将来が約束されていて、大統領や最高裁長官、政府の要職など数多の例がある。

 

戦時中は日本軍に対するゲリラの指揮者として名を挙げるが、同盟を組んだアメリカ側の資料にもなくて、実際はマルコス側の選挙に勝つためのでっち上げた経歴といわれている。

 戦後の1946年から1947年にかけて5代大統領ロハスの法律補佐官を務め、1949年、地元北イロコス州の下院選に出馬し32歳で当選するが、これは当時の最年少当選者でもあった。

 

 1954年、37歳の時にマルコスはイメルダと結婚するが、イメルダはレイテ島タクロバン市の名家一族に繋がる家の出だが、生家は貧しかった。

 しかし『タクロバンの薔薇』と呼ばれたように若い時はかなりの美貌で、ミス・コンテストに出て有力者を物色し、それにかかったのがマルコスといわれているが、マルコスはマルコスでミス・コンテスト優勝者をつまみ食いする人物として知られている。

 

 実際、マルコスが大統領になって大統領官邸のあるマラカニアン宮殿にコンテスト優勝者を招いてつまみ食いするので、イメルダは宮殿内では止めてくれという話が残っている。

 

 1959年には上院議員選に出て当選し、1965年になってマルコスは大統領選に名乗りを上げるが、属する自由党の公認を得られず反対党の国民党に移って出馬し、現職の9代大統領マカパガルを破って当選。

 日本でいえば自民党総裁が立憲民主党代表に移って当選する青天の霹靂のような出来事だが、フィリピンではあまりそういうことを考える者は少ないし、政治信条よりも実利優先の国柄が有利に働いたのであろう。

 

 当時の大統領任期は4年で、1969年に再選されたマルコスは独裁体制を固めるが、その前後から反マルコスの運動が起こり、共産党の軍事部門である新人民軍(NPA)やミンダナオ島を中心にしたイスラム系の武装闘争が激しくなる。

 

 当時の憲法では大統領は2期8年しかできなかったが、マルコスは任期切れ前に戒厳令を布いて超憲法体制を布いたのが実相で、反政府勢力への対抗手段として戒厳令を布いたというのは方便でしかなかった。

 

 マルコス独裁が強固になり、反対の多かった日本との『日比友好通商条約』を1973年に批准し、この一点を見て日本側ではマルコスが居たから今の日本とフィリピンの長い友好関係が築けたと評価する向きもあるが、マルコスが狙ったのは日本の巨額な戦後賠償で資金であった。

 

 条約批准によって日本の商社などが商機を求めてフィリピンに進出するが、既にマルコス一派は汚職にまみれていて、リベート政治が花盛りで、日本の大小の商社はどっぷり漬かりこんだ。

 戦後賠償を含めて日本は巨額なODAをフィリピンにつぎ込むが、マルコスはプロジェクトによってリベート額は何%とはっきり決めるので、当時の日本の商社員は仕事はやり易かったと述懐しているが、馬鹿も休み休みいえとはこのことである。

 マルコス一族とその取り巻きがいくら汚職で稼いだかは今もって不明だが、一説には兆円を超すといわれ、正に国を食い物にした連中とはこのことだが、不思議なことにイメルダを始め、一族取り巻き共に完全に復権しているから驚かされる。

 

 2016年に行われた正副大統領選では上院議員であったマルコスの長男が副大統領選に出馬し1415万票余を得るが、女性候補のロブレドが1441万票余を得て敗れる。

 開票後マルコス陣営は『不正があった』と最高裁まで持って行ったが、いつの間にかその話は消えて、父親が失脚した原因は1986年の繰り上げ大統領選の開票不正が暴露されたためであり、不正云々など笑止といわれた。

 

 妻のイメルダは90歳になっていまだ健在で、今年の選挙には出なかったが地盤というか領地の北イロコス州選出の下院議員を務めた。

 

 領地と書いたが北イロコス州はマルコス一族が牛耳っていて、知事は娘が勤めていて、その娘は今年の上院選に出て当選し、その知事と副知事の後釜もマルコス一族の人間で、あれほど石もて追われた時代があったのに地元では絶対権力者として君臨。

 領地に根差した中世的な政治状況がフィリピンの政治の特徴で、各地には名前を聞いただけで、有力政治一族と分かるのがゴロゴロしていて、政ではなく利権で政治が動いていて、こういった存在を放逐することは難しい。

 

 マルコスが復権したのは当時の状況を知らない、学ばない若い人が増えたためと指摘されているが、逆に言えば携帯もSNSもパソコンもなかった時代の人間の方が物事に正面を向いていたともいえる。


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2019, 18:00
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3445