RSS | ATOM | SEARCH
ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(7) 大雨の夜半に北ダヴァオ州の州都マティ市に到着

 山から降りてきた途中、写真−1の蜂蜜を売る人が歩いていた。

【写真−1 この地域には山に住む少数民族が多い

 プラスティックのバケツの中に並々の蜂蜜が入り、その上に蜂の巣が蓋の様に乗っていて、蜂がその上に集っている。

 蜂の姿は日本で見る蜜蜂とは違い細長く、ミンダナオ島で見られる種類のようだ。

 フィリピンに養蜂産業があるとはあまり聞かないので、半分自然な状態の蜂の巣を採集して蜜を採っているのように思うが、はっきり分からなかった。

 天然の蜂蜜は純度が良いと、成分のブドウ糖がやがて固まる性質を持っているが、バケツの蜂蜜は新鮮なのかトロリとしていて、先を急いでいたので味見をしなかったのが残念であった。

【写真−2 橋を守るための護岸工事が先で全体を終えるのはかなり先】

 夕暮れ前にマティ市に急ぐが、写真−2は途中で見かけた河川の様子で、こういった河川が所々にあり、ミンダナオ島のこの地域は水に困らず、特にバナナ栽培に向いているようだ。

 しかし、どの河川も護岸工事を最近になって始めていて、これは数年前の台風時に河川が氾濫して甚大な被害を被ったためで、治水の大切さを知ったようだ。

 日が暮れるとどうやら保っていた天気も崩れ、道中は土砂降りが続き、その中を突っ走るヴァンの運転に不安を覚えるが、道は広く交通量も少ないので心配はないようだ。

 

 フィリピンはオートバイが激増しているが、その運転は無謀で小生などオートバイ運転者は『自殺志願者』と思っているが、雨が降るとさすがにオートバイ運転は難しく、雨宿りで道路から姿を消し、車を運転する方としては走り易くなるので、雨降りは悪くない。

【写真−3 日本の3分の2くらいの値段だが経済格差を考えると相当高い】

 

 途中で燃料を補給したスタンドの様子が写真−3で、このスタンドはいわゆるメジャー系経営ではなく、ミンダナオ島を中心にスタンド網を広げている。

 

 この写真では分からないが、ダヴァオに着いて目にするスタンドの表示値段がセブが50ペソ台半ばなのに、ダヴァオはどこも40ペソ台で販売していて、それはメジャー系のスタンドも同じである。

 ダヴァオはフィリピンでも辺境といって良い地域で、セブより価格が安いのには解せないが、ダヴァオに比べてセブやマニラが高いのは業者間でカルテルを結んでいるためではないか。

 

 特にダヴァオは大統領のスポンサーである中国系実業家が、フィリピン最大の独立系スタンド網を展開していてその影響もあるようだ。

 この実業家はドゥテルテが大統領に就任してから急伸長し、現在国内に2社しかない携帯電話会社の中で、第3の携帯電話会社として政府から認可を受けた。

 

 これなど日本の安倍が大学の獣医学部で設立で便宜を計ったことと全く同じ構図で、日本では証拠がいくら出ても安倍はシラを切通してその繋がりを否定したが、フィリピンではこういった利権絡みは当たり前過ぎて問題にすることもない。

 

 そうして、いくつかの山道を超えてマティ市に入ったが、既に市内は真っ暗でヴァンがどこを走っているかどうか分からなかった。

 


 

author:cebushima, category:ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019, 22:52
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3440