RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン・よもやま帖 2019 その−(9) ギャンブル好きの国民に痛手 ロト取扱店の全面閉鎖

 ギャンブル好きの人間は国を問わずにどこにでもいるが、フィリピン人は特にギャンブル好きな国民性のようで、ギャンブルに関する話題に事欠かない。

【写真−1

 ギャンブル好きなのは子どもの時からで、小生がフィリピンに初めて来た当時、道端で小さな子どもがコインを投げ合って、その正確さで勝ち負けを決めている様子を見た時には驚かされた。

 祖母からお金を粗末に扱うといけないと教えられた小生には、こういう小さな時からコインを道に投げるなど考えられなく、フィリピンが万年貧乏国を出られないのはこういうお金を粗末にする所と関係があるのではと思ったほどである。

 大人の方は『闘鶏』が盛んで、地方に行くとその競技場が町外れにあり、近隣から集まったバイクや車が溢れるように駐車しているのでこの日は試合日だなとすぐに分かる。

 この闘鶏、スペイン植民地時代にスペインから伝わったものだが、闘う鶏の脚に鋭い刃物を付けて双方を戦わせて、手塩にかけた鶏が負けて死ぬと、その鶏はスープにして食べてしまうらしいから案外ドライでもある。

 この闘鶏には金が賭けられているから、その競技場の近くを通ると歓声が怒涛のように伝わって来て、その興奮度、熱狂度が分かるがし、相当の金が動いているようだ。

 さて、フィリピンには『Philippine Charity Sweepstakes Office
=PCSO』という国営のギャンブル組織があって、この組織は『LOTTO=ロト』と呼ばれるくじを全国で発売している。

 日本でいう『宝くじ』のような感じだが、このくじは数合わせで当たりを決めるもので、あらかじめ連番が印刷されている日本の宝くじとはかなり違い、ギャンブル性は高い。

 ロト形式は日本でもサッカー関連で始まっていて、運試しといえば聞こえは良いがかなりギャンブル性は強く、こういうものが日本で始まったことにも驚かされ、サッカー協会はこんなギャンブルに関係するなどおかしく思わないのだろうか。

 写真−1はパラワン島の観光地エル・ニドにあったそのロトを売る店の様子で、間口は2メートルもないが、こういった店が国内に2万店ほど営業をしているが、7月26日、PCSOに汚職が蔓延っているとして、ドゥテルテ大統領は閉鎖命令を出した。

 PCSOにはロト売り上げを通じて巨額な金が流れ込み、その人事は政府が決めているが、巨額な資金が利権の塊となって、軍、警察、政治屋などの有力者に渡っているとの疑惑は以前から高かった。

 フィリピンには『フェテン』と呼ばれるやはり数合わせの違法なギャンブルがあって、これを仕切っているのがその土地の政治屋やそれと結びつく警察、軍などの有力者でやはり巨額な金が闇から闇へ流れていた。

 実際、地方の有力政治家が胴元であると指摘はされても、摘発する側も胴元から金が流れているから一掃は難しく、汚職で終身刑を受けたエストラダ元大統領など、フエテンから上納される金を巡って仲間割れしたのが失脚のきっかけとまでいわれている。

 このフエテン撲滅を目指して始められたのが現在のロトになるが、その源は同じで地方のヤクザから中央政府がその利権を取り上げただけで、その本質は全く同根である。

 

【写真−2】


 ロトを扱う店はスーパーの中にもあって、写真−2はそのスーパーで写した当日のロトの当たりを発表したボードだが、ロトといってもその種類は色々あるようで、基本は4〜7つの番号を当てるようになっている。

 その番号は掛け金によって数字が大きくなるようで、当たりが出ないと掛け金が次へと上乗せさせられので、当選金はかなり高額になり、一回限りの宝くじとはかなり違い常習性は高い。

 時々ロトの当たりが出たとのニュースが流れ、その金額は1億ペソ(2億円強)を超え、日本の宝くじの一等賞に近いが日本とフィリピンの経済格差を考えると、日本で20億円を当てたような具合になりかなり巨額である。

【写真−3】

 それでロトにはどのくらいの金を賭けているかだが、写真−3はロト店の周りに落ちていたレシートで、それを見ると掛け金10ペソ、税金2ペソ計12ペソであることが分かり、この掛け金が高いか安いか分かりにくいが、貧乏人から掛け金を集めているのが良く分かる。

 このレシートの上に7つの数字が印字されていて、こういった方法ができるのもインターネットで全国津々浦々が繋がりパソコンで管理されている時代の賜物であると思われる。

 そういえばPCSOはインターネット・カジノの国内胴元でもあるが、このインターネット・カジノもPCSO以外に中国や韓国系の闇カジノが跋扈していて、入管は違法滞在を含めて従事する中国人、韓国人の摘発に躍起になっている。

 PCSOは入管、警察と手を組んで闇カジノ潰しに躍起になっているが、これなどどうも昔の賭場の権利を巡って争うヤクザの世界と根は同じに見える。

 大統領がロトの全店閉鎖命令を出し、この行方がどうなるのか分からないが、ロトの店を経営しているのは零細な個人が多く、その経済的打撃も大きく、既に違法のフエテンが復活するのではと見られ、この世界は底なしである。

 ギャンブルは酒や煙草と同じで依存性が高く、いわば病気と同じなので根絶することは難しく、幸せより不幸を呼ぶことが多い。


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2019, 20:23
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3427