RSS | ATOM | SEARCH
パラワン島紀行 2018年 その(31) 1日遅れのプエルト・プリンセサ−セブ行きの飛行機に乗る

【写真−1】

 

 大晦日発の便が機体故障でプエルト・プリンセサに一泊する羽目になったが、費用は航空会社持ちだから時間がある向きには得した感じ。搭乗手続きを終えて、ロビーに入ると写真−1のように地元自治体のコーラス・グループが歌っていて、その巧さに驚嘆。

 

【写真−2】

 

 この空港は国際空港と名乗っているように、写真−2の入出国審査場がロビーの一角を仕切って作られていた。現在は台湾や韓国便が乗り入れていて、その内香港や中国から直行便が乗り入れるようになればこの規模では対応できなくなるのは必至。

 

【写真−3】

 

 昨日の欠航騒ぎもなかったように少し遅れて搭乗手続きが始まり、セブ行きの搭乗客が写真−3のように吸い込まれて行く。1月1日のパラワン島の天気は台風の過ぎ去った後なので、雲は多いが時々強い日差しが雲間から差し込む。

 

【写真−4】

 

 国際空港と名乗っていても写真−4のように、目当ての搭乗機には駐機場をぞろぞろ歩いて行く方法。傘を差しているのが見えるが、これは空港用意の物で、強い日差しを避ける時は良いが、横殴りの大雨の時は乗客も乗るまでかなり大変。

 

【写真−5】

 

 こうして、機内に乗り込むが前日の大騒ぎから比べると写真−5のように客席は空きが目立つ。昨日カウンターで騒いでいた観光客もチラホラ見るが、皆1日滞在が伸びても航空会社持ちのためか余裕の顔で、日程のきつい観光客は昨深夜の便で帰ったようだ。

 

【写真−6】

 

 写真−6は搭乗機から見た飛行場管制塔。窓の下の方に円形のドアが見えるが、これは荷物室のドアで、係員が乗客の荷物を運び入れていて、昼間で作業が乗客の目に晒されるから見える限りは荷物を放り投げることはないが、床下からドンドンと音が伝わる。

 


 

author:cebushima, category:パラワン島紀行 2018年, 18:54
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3406