RSS | ATOM | SEARCH
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(27) 日本で問題になっている高齢者の運転について

 日本では65歳以上を『前期高齢者』と呼び、75歳になると『後期高齢者』と呼ぶそうだが、英語だと『Senior=シニア』のみで区別はない。

【どこもポルシェらしい感じのしない時流に迎合したSUV】

 高齢者として区別するのは国連では60歳以上、世界保健機構では65歳以上と統一されていないが、国によって平均寿命は大きく違い、統一させることには無理があるようだ。

 その高齢者による自動車死傷者事故が日本で毎日のように発生して、特に80代の元高級官僚が池袋で暴走し自転車に乗った母子を死亡させた事故もあって、社会問題化している。

 実際、自動車の死傷事故で高齢者が起こす割合は、免許を取ったばかりの若年層と同じ程度となっていて、従来はこれらの層は運転のヴェテランで事故には遠いとされていたが、高齢者の運転の質が良くないことが明らかになっている。

 最近の事故で多いのはアクセルとブレーキの踏み間違いで、そんな馬鹿なことがあるのだろうかと小生は思うが、予期せぬことであるから『事故』で予期していたら『犯罪』になる。

 この踏み間違いに関してだが、恐らく事故を起こした車はオートマティック車だと思われ、左からクラッチ、ブレーキ、アクセルと並んだ従来の車と比べると左にブレーキ、右にアクセルしかないこの手の車はクラッチ操作が要らない分、運転は楽なのは確かである。

 今やトランスミッション車を走らせる人は少ないのか、発売される車もオートマティック車が当たり前になり、いつの頃か知らないが日本の免許証では『オートマティック車限定』などという奇怪な代物が生まれている。

 これで思い出すのは、平成生まれの青年に車を貸そうとしたところ『ギア付きの車は乗ったことがなく、運転できない』といわれたことで、遊園地の車を運転するような技術しか持たない有様に絶句した。

 小生は原付免許から数えると優に運転歴は半世紀を超え、フィリピンでの運転経験も30年を超え、アフリカや中米でも現地の免許証を取得して運転した経験を持ち、保有した車も全てトランスミッション車で、オートマティック車は一台も保有したことはないし、持ちたいと思ったこともない。

 それでも時々オートマティック車を運転することがあって、2年前に四国八十八ヶ所巡りをした時は、オートマティック車を借りたが、これはレンタカー会社がオートマティック車しか揃えていないためであり、トランスミッション車があるならそちらを選んでいた。

 

 確かにオートマティック車はギア操作がなく運転は楽であり、昔のオートマティック車の加速が足踏みするような機械的欠点もなくなったが、車を運転する味がなく、遊園地で走らせる車のような感じは免れなかった。

 

 そういえば、2011年に東北大震災時の被災者支援で東北を回った時に使用した車はオートマティック車であったことを思い出したが、信号の多い市街地を走る時は少々楽だと思った程度でこの手の車が良いという気にはならなかった。

 この時の活動は3ヶ月に及んだが、それだけの期間を連続してオートマティック車を運転していたためにセブに帰ってから、保有するトランスミッション車を運転しようとしたら、ギアとクラッチの加減の調子が戻らなくてエンストを繰り返したから、身体で覚えた慣れというものは恐ろしいと感じたが、すぐに感は戻った。

 日本で多発する老齢者の事故だが、今の70〜80代は日本の若者は皆免許を取得した層で、そのまま日本の社会現象として車社会を作るが、この層は当たり前のように老いても昔取った杵柄で運転には自信と過信があり、いわば自動車運転者の老齢化が引き起こしているもので、少子高齢化と密接な関係がある。

 自分は大丈夫だと思うのが老齢層の特徴といわれ、詐欺にはかからない、運転には自信があるといいながら、この層が一番問題を起こしているのも事実。

 運転に関しては高齢者は『免許証返納』という動きが出ているが、年齢で一律に区切るのは問題も多く、例えば70歳を超えたら『実技試験』の義務化を考えた方が良いのでは。

 

 これはいくら年を重ねているといっても、運動や動態識別能力は個人差があるためで、現在行われている紙の上での適応試験などほとんど無意味で、一度免許証を受けると死ぬまで実技や交通知識の再考査がないというのはやはりおかしい。

 

 写真はセブのあるビルの前で見た『ポルシェ・カイエン』で、セブにもこういった超高級車を乗る人物がいて、ポルシェの販売店がセブで開店しているからそれなりに需要はあるのであろう。

 

 このカイエン、ポルシェ初のSUVとして発売されていて、写真のタイプは最近のタイプだと思うが、日本で販売価格は1千万円を軽く超すから、フィリピンではもっと高く売られている。

 こういった高級車、フェラーリなどセブでは珍しくはないが、肝心のスピードを出す道がセブにはなくて、宝の持ち腐れだが、中国系の金持ちは高級車で自己を誇示したい性格が強く、これはどこの国に限らないが。

 

 さて、小生のセブでの運転だが、現在は家人が外から帰って来て庭に置いてある車を車庫に入れることと、たまに遠出した時に家人と交代で運転する程度で、格段に車を運転することが少なくなった。

 

 こうなると、免許証などあってもなくても良い状況だが、公共輸送が全くないセブでは車を運転することは必要であり、まだまだ車を運転しないという気持ちにはならない。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 18:36
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3405