RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2019年 セブ篇 その(6) セブで飲む凍ったビールとは

 ある日本食レストランへ行った。このレストランの経営者は昔からセブに住み、テレビ番組に因んだ名前を店名としていたが、どういう事情があったのか現在は経営者が代わり店名も変わった。

【凍った泡で蓋をするからビールの注ぎ方としては良い】

 かつての経営者はセブに来る前に、かなり知られたお笑いグループの一員として相当売れていたらしく、引退後に生い立ちと半生を書いた本を出していて、小生も借りて読んだが結構凄い半生を送っていた。

 セブに古くから住んでいる日本人なら知っている人だが、最近消息を聞かなくなって日本へ帰った、あるいは亡くなったとも考えられるが、セブで亡くなっていればそのニュースは当然日本人の中に流れるであろうから、そういうことではないのであろう。

 さて、名前が代わってから初めて行った店は、以前とは間取りが変化し、居酒屋風になっていて一人でセブに住む日本人が飲みに来る雰囲気となり、そこで頼んだのが写真のグラスにも書かれている『一番搾りフローズン生』。

 フローズン即ち『凍ったビール』など、想像は付かなかったが物は試しと頼んでみるが、小生は今年になってビールを飲んだかどうか分からないくらい、ほとんどアルコールを口にせず、といって全くの下戸ではなく気が向いたらビール、ワインを飲み、それらの美味さは分かっている。

 このフローズン・ビールは日本のキリン・ビール製で、キリンに限らず日本のビールを飲むなど前回日本へ行った2
年以上前であり、本当に久し振りだが日本のビールだからといって盲目的には飲まない。

 さて、店員が持ってきたグラスのビール、凍ったビールなどどういう飲み心地になるかと半信半疑で口を付けると、泡の部分が氷状になっていてその下のビールは冷えた普通のビールであった。

 これで凍ったビールがどのような代物か分かった訳だが、この手のビールがセブに在る位だから日本では極当たり前に出回っているのであろうが、何となく際物的なビールという感じがした。

 それでビールその物の味だが、日本で飲む生ビールの爽快さと味は感じなくて、ビールは生物だから日本からセブへ運ぶ間に味が劣化してしまったのではないか思い、この一杯だけで終わった。

 料金は150
ペソで、フィリピン産で知られるサンミゲル・ビールの小瓶を店で飲んで倍から3倍の値段となるが、この程度なら酒飲みは気にしない値段になるのであろう。

 サンミゲル・ビールは世界的にも有名な銘柄で、先年、中米ホンジュラスに住んだ時、現地のレストランに缶ビールが置かれていて驚いたことがあった。

 

 サンミゲルはビール会社として知られるが、今はフィリピン有数の複合企業になり、道路や空港などの巨大プロジェクトに進出していて、また大手株主として電力、水道といったインフラ事業を支配し、大手石油販売会社のフィリピン・ペトロンも傘下にしている。

 

 セブに在るサンミゲルのマンダウエ工場そばを車で通ると、広大な敷地内には傘下にするコカ・コーラの製造工場もあり、日本の瓶製造会社大手もここで合弁事業を行っていて、そういえばビール製造会社としてのサンミゲルの株式の半分近くは日本のキリン・ビールが保有している。

 

 このサンミゲル・マンダウエ工場だが半世紀以上前に工場が竣工し、その時の開所式に独裁者マルコスの妻イメルダが来たというが、当時のマルコスは大統領に再選された時期で、その後独裁政権に突き進んで行くが、イメルダも得意満面で開所式に来たのであろう。

 国道沿いにビール醸造工場の建屋があって、ビルの高さとすれば7〜8階建てに相当するが、その屋上に大きなサンミゲルのビール瓶が乗せられていて、一目瞭然でここがサンミゲルと分かる。

 ちなみに工場が造られた当時はマンダウエ市で一番高い建物で、工場が出来た当時はセブの端っこのような土地であったが、現在は近くにショッピング・モールが造られたりして不動産開発業者からは垂涎の場所。

 

 敷地面積はいくらあるか分からないが、13ホールのゴルフ場くらいあるいはそれ以上あり、いずれこの工場を郊外に移して、跡地をショッピング・モールやコンドミニアムなどの住宅用地として再開発するのではと思うが、財閥ともいえるサンミゲルを思うとそのくらいは事業計画を立てているであろう。

 

 フィリピンでのビールの飲み方はグラスに氷を入れるスタイルが多く、これは冷蔵庫が普及していなくて冷えたビールが提供出来なかった時代の名残りで、確かに地方のレストランでは生ぬるいビール瓶と氷を出すのが普通であった。

 

 ただし、何十年も前の話だが、フィリピンはどんな田舎に行っても冷えたコーラが飲めるので、それには吃驚した記憶があって、ビールに氷を入れて飲むのは一種の習慣なのかも知れない。

 

 今は割合安全な氷を出すようになったフィリピンだが、出された氷を無神経に使うと外国人は腹を下すことが多く、これは氷作りに不潔な水を使うためではあるが、現地の人は無造作に使って大丈夫だから、外国人の神経質さから来る面もある。

 

 ビールの飲み方は注ぎ方が肝心と色々いわれているように意外とデリケートで、ビールは発泡酒のため含まれる泡の立ち方いかんで味が変わり、上手に泡を立てることが決め手といわれる。

 

 そういう意味では最近多くなった瓶から直接飲むなどビールにとっては外道で、こういう飲み方は『兵隊飲み』といって、戦地ではグラスを用意できないことから始まったと思われるが、ビールの味からは遠く無知で損をしている。

 

 こういった外道の飲み方は品性の劣るアメリカ人から始まったもので、こういう飲み方をするのが日本の若者間で格好良いと猿真似して飲むのが増えているようだが、こういう飲み方をするのは馬鹿としかいいようがない。

 

 そういえば『ラッパ飲み』といって、直接口を着けて飲む行為は、かつては『はしたない』とされていたが、今はボトルからのラッパ飲みは普通でテレビのCMでも盛んに演じられているから、そういうことをいうこと自体お呼びでなく『はしたない』という日本語が消える時代となった。

 

 今、環境破壊の元凶としてプラスティック問題が取り上げられているが、こういった使い捨て文化もアメリカ発祥で、映画などで使い捨て容器のコーヒーカップを持って職場に急ぐ姿など格好いい行為と見る向きも多いが、ああいう使い捨てが積もり積もって環境を悪くしている。


 

author:cebushima, category:この一枚2019年 セブ篇, 18:24
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3402