RSS | ATOM | SEARCH
パラワン島紀行 2018年 その(20) エル・ニドの町歩き−2

【写真−1】

 

 写真−1は横町で見かけた『くじ売り場』。半官半民の組織が運営していて、全国津々浦々に間口1メートルくらいの売り場を設けている。こちらのくじはLOTTOと呼び、7つの数字を当てると当選金は何億円にもなり、賭け事好きのフィリピン人は熱狂する。

 

【写真−2】

 

 観光客の集まる場所には必ずある写真−2の『TATOO』店。先年行ったタイのピ=ピー島でもこの手の店が多く、欧米人を中心に流行っていたが、子どもの頃に銭湯で眺めた職人の背中に彫られた惚れ惚れする刺青から見るとただの落書き。

 

【写真−3】

 

 観光用の店が一番多い通りで見かけた写真−3の店の前は人だかりがしていた。売っているのは甘いスナックで、どうというほどの物でないが家人は食べた。人が集まるのはSNNで取り上げられたためだが、小生はSNNの評価など全く信用していない。

 

【写真−4】

 

 観光地でも日常生活はあって、写真−4はどこの町にも必ずある理髪店。椅子一つで商売している店も多いがここは大き目。小生は旅行先で髪を切ることを楽しみにしているがこの時はセブで切ったばかりで行かなかった。料金は日本円で100円ちょっと。

 

【写真−5】

 

 観光地には各国の味を売り物にしたレストランがあるが、写真−5は日本食レストラン。エル・ニドの町ではおそらく日本食の店はここだけと思われるが、写真の看板から日本食まがいの品を出す店のようで、当然入る気はないが欧米人には良いのであろう。

 

【写真−6】

 

 写真−6はスポーツ・ジム。こういう小さな町にあるのは暇を持て余した観光客も利用できるようにするため。地元の人間も利用しているが、映画の『ランボー』のスタローンのような『マッチョ』信奉者がフィリピンには多い。

 


 

author:cebushima, category:パラワン島紀行 2018年, 18:23
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3386