RSS | ATOM | SEARCH
パラワン島紀行 2018年 その(16) アイランド・ホッピングー有名な入り江でのカヤッキング

【写真−1】

 

 写真−1はアイランド・ホッピングに使われている船の操縦席の様子。金属製の舵輪と右下にエンジンのアクセル・レバーが見える。航行に必須のコンパスなどないが、近場の島と海岸伝いなので航海計器など必要なく、何かあったら携帯電話で連絡か。

 

【写真−2】

 

 昼食後の次に向かったのが有名な入り江で、写真−2はその入り江。右手の方に入り江の入口があるが、ここも同じような時間帯で船が動いているので、船を泊めるのに場所取りが大変。繁忙期にはこの何倍も船が押し寄せるというから恐ろしい。

 

【写真−3】

 

 この入り江は周りが鋭い岩に囲まれていて、そこに浮かぶカヤックの姿はエル・ニドの観光写真に良く使われている。ただし、観光写真は1隻か2隻くらいでゆったり遊んでいる姿で、実際は写真−3のように交通整理が必要なほどカヤックが溢れている。

 

【写真−4】

 

 その混雑ぶりを物語るのが写真−4。ここは入り江が狭くくびれその向こうにも入り江が広がる。そのため出て来るカヤックと入るカヤックの混雑を避けるために、写真では見えないが係員が水に漬かって交通整理をしている。

 

 

【写真−5】

 

 1時間程度でカヤッキングは終わるが、写真−5の水の色から。先年家人と褐色のメコン川をカヤックで横切ったことを思い出した。あの時はメコンの急流に抗して必死に漕いだが、ここはのんびり所々で写真を撮りながらの余裕。

 

【写真−6】

 

 カヤッキングで知られる入り江の周りは写真−6のような荒々しく、溶岩が積み重なって風雨の浸食で形成されたような感じがする。北部に火山があるかどうか分からないが、プエルト・プリンセサ市近くには温泉の出る場所があり、入ったことがある。

 


 

author:cebushima, category:パラワン島紀行 2018年, 21:24
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3378