RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2019年 セブ篇 その(3) 爆発的に普及したオートバイ

 ここ5、6年くらいの間に、セブにオートバイが増えた。これはセブに限らず、フィリピン中にオートバイは増え続けていて、オートバイ販売店や関連部品を売る店はどんな小さな町に行っても必ずあり、いわば特需が続き、その勢いは止まっていない。

【密輸のオートバイも多いし無免許運転も多い】

 写真は近くにあるショッピング・モールの駐車場の様子で、モール正面の好位置、数少ないオー プン・スペースの車用の駐車スペースであったが、激増するオートバイのために専用に転換された。

 写真では綺麗に一定方向と列に並んで見えるが、これは専任の係が整理している為であって、利用者任せになったらフィリピン人は好き勝手に停めて当たり前で、たちどころにグチャグチャになってしまう。

 オートバイは人の手で整理できるが車となるとお手上げで、広い駐車場で白線が描かれているのに無視、あるいは線に寄り過ぎ、斜めとあまり他の車が停める場合どうなるかなど全く気にしていない。

 こういう野放図な駐車方法を見ていると、日本の駐車場付きの店で縦横きっちり、しかも車同士の間隔はかなり狭い駐車が普通で神業さえ感じるが、空いている場所にどう停めようが勝手だろうというフィリピン流も慣れれば悪くはないが。

 ただし、勝手だろうという根底には駐車技術が下手の裏返しであって、例えば『縦列駐車』ができるフィリピン人は珍しく、道路上の駐車で前後に充分間があってもまず駐車をする人は少ない。

 その隙間を狙って小生などは縦列駐車をするが、そういう意味では日本の教習所で丁寧に駐車の要領を教えてくれたのが生きて役に立っているが、日本人的なせせこましさ根性を見せつけているのかも知れない。

 さて、フィリピンでオートバイが普及した理由だが、分割払いの制度が整ったことと関係が深いのではと思う。30年近く前にヤマハのオフロード・バイクをセブで買ったが、その頃は現金払いでしか買えなくて、分割払いなど全くなかった。

 分割払いが普及しなかったのはやはり『信用』の問題があって、踏み倒されることを警戒したためだが、今は分割払いを扱う金融会社がしっかり管理、運用しているからこの面では進歩した。

 また、居住エリアが郊外に延び、その交通費の負担が馬鹿にならなくなり、オートバイを買った方が経済的、しかも休日には一家の遠出の足にもなるというのも売れ行きに輪をかけた。

 それと、安い中国製のオートバイが大量に入ってきたことも関係があって、先年住んだラオスでも中国製のオートバイが国内に入って来てからブームが始まったらしく、ラオスでは中国製は日本製のオートバイ価格の半値で売られたというから確かに爆発的に普及する。

 

 ただし、交通ルールなどあってもないようなラオスだから地方に行くと子どもが乗り回しているし、都市部でもブレーキの利かない整備不良のオートバイが山ほど走っていて、正面から来るオートバイが必ず停止してくれると思っていると大変な目に遭う。


 フィリピンはラオスほどは価格差は付いていないと思うが、オートバイのメーカーを見ると、ホンダ、ヤマハ、カワサキと日本のメーカーが中国製より高いのに限らずかなり目にする。実際、聞いてみると日本のメーカーへの信頼度は高く『買うんだったらホンダかヤマハなどの日本製』という人がほとんどで、これはラオスでも同じであった。

 買い易くなったオートバイとはいえ、まだまだ高額商品であることは変わらず、収入の低い層が一石二鳥として始めたのが『ハバルハバル』商売で、これはいわゆるバイクタクシーで、昔からフィリピンの地方に行くと交通手段の一つとして使われていた。

 

 本来地方の交通不便な場所で走っていたハバルハバルだが、近年になって都市部で商売をするようになって、小生宅の近所にもそのバイクの溜まり場がある。

 

 これは地獄的で解決には遠い都市部の交通渋滞を利用した商売で、オートバイなら渋滞している車の隙間を縫って走れるため目的地には行くには最適と、ジプニー利用者が続々と乗り換えていて、大都市部には団体組織まで立ち上がっている。

 今風だなと思うのは、白タク業務の『グラブ』と同じようにスマホで呼び寄せることが出来、まさにバイク・タクシーそのものという感じになっているから便利になっている。

 このバイク・タクシーで思い出すのは先年ミンダナオ島へ行った時に、いつものようにタクシーで空港へ向かったが、その日はどういう訳か道という道が渋滞で全く車が動かなく、裏道も同じであった。

 

 そこでバイク・タクシーの溜まり場でタクシーからバイク・タクシーに乗り換えて空港に向かうが、こんな道があったのかなという道をクネクネ走って、ようやく車で埋まってしまった地域を脱出。

 

 ギリギリの時間に空港へ滑り込んでチェック・イン・カウンターに向かうが、既に窓口は閉鎖されていて万事休すかと思ったら、飛行機の出発が遅れていてどうにか搭乗券を手にすることが出来た。

 

 このように渋滞の時は図体の大きな4輪車は障害物でしかないが、オートバイはそのフット・ワークの良さで時には重宝するが、事故を起こせば死傷に直結するのがオートバイで、気を付けて運転してくれよと思うが、フィリピンのオートバイ運転手は『自殺を志願』しているのではないかと思うくらい乱暴な運転がまかり通っている。

 

 特に、センター・ラインを大きく超え堂々とオートバイを走らすのは当たり前で、長々と次から次へと続くその光景にはゾッとするが、考えてみれば小生がオートバイに乗っている時は車は危ないと思ったが、車を運転すると逆にオートバイは危ないと思うから、どっちもどっちか。

 


 

author:cebushima, category:この一枚2019年 セブ篇, 21:02
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/3374