RSS | ATOM | SEARCH
続々・へそ曲がりセブ島暮らし100景 その15 日本の光景編 (12) 商店街

商店街こ  いろは商店街といって、千住でもにぎやかだった通りである。写真を撮った時は午前中の早い時期なので、シャッターが閉まっていたりして閑散としている。実家の近所にはニコニコ商店街という通りがあって、そこはまだにぎやかな雰囲気が残っている。

   昔の買い物は、『お使い』と称して子どもが買い物に行ったし、どの家庭もその日その日に使う分だけ買うような生活がほとんどだった。
 これは歩いて数分以内に店がそろっているためであるし、今のようにスーパーで何日分もまとめて買う習慣はなかった。
 これが冷蔵庫の普及や、専業主婦が少なくなって買い物に時間をかけられない万事忙しい世の中に変化したので、まとめ買いになった。
 特に今は大型スーパーが進出し、燎原の火のように無味乾燥なコンビニが拡がる社会では、以前のように客と商店主が会話を交わすことで、街の雰囲気が形成されていったなどは夢物語のような時代となってしまった。

   確かに大型スーパーは一通りの物が手に入り便利であるが、いかにも実利だけの機械的な世界であるし、コンビニに到っては出来れば利用したくない思いが強く、便利さだけでは物事は図れない。
 日本中がスーパーとコンビニに侵食されて、人口動態の変化もあって、昔興隆していた商店街が今では『シャッター・商店街』などいう言葉があるように寂れているという。
 千住の昔は、住んでいる人々が働き盛り子沢山の時代があって人と街に活況があったが、今は老人ばかりが住むような街になり驚くほど沈んでしまっている。
 都会でも少子化現象は例外なく及び、小学校はずいぶんと姿を消してしまった。千住はヨーカ堂発祥の地で、今でこそ日本の流通業界の雄であるが、その昔は小さな衣料品店で、子ども心にも雑然とした安いしかも流行っている店とは感じた。ここまで大きくなるとは思っていなかったが企業とは不思議である。

 
author:cebushima, category:続々・へそ曲がりセブ島暮らし100景, 12:15
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/300