RSS | ATOM | SEARCH
セブ今昔物語 【22】 セブ島のホテル模様−その4 続々建設されるホテルだが値段は高い

 セブにあるホテルで誰が聞いても分かる世界的に名の通ったホテルといえば、マクタン島にある『シャングリラ』とセブ市内にある『マリオット』がある。

【写真−1 周りにビルが建ち並んでしまって少々貧相なマリオット・ホテル

 写真−1
の中心に写る小さな建物がマリオットで、ここは1990年代初めに元ゴルフ場跡地をフィリピンのスペイン系財閥の雄『アヤラ』が再開発した地域になり、少々お洒落なショッピング・モールを中心に20階前後のオフィス・ビルが建ち並ぶ。

 そのためマリオットは周りのビルに囲まれて少々貧弱な建物に見えるが、これでも部屋数は301室あるというから、セブでは大きい方になる。マリオットは傘下に各種ランクのホテルを違う名前で展開しマリオットの前にJWが付くとより高級になる。

 セブのマリオットは早く言えば一番安いランクのホテルで、オープン当時の周りは広々していたが、ホテル敷地そのものが狭く、マリオットはビジネス・ホテルを造ったのかと思ったくらいで少々貧相な印象は免れない。

 このマリオット・グループは今年、シェラトンなどを運営するホテル・グループを買収して世界最大のホテル企業となり、そのホテル数は5500を超すというから驚く。マリオットが傘下にしたシェラトン・ホテルがマクタン島に今建設中で、ありそうでいくつもない、マクタン島の高級リゾートが増えるから楽しみといえば楽しみである。

 

【写真−2 東横インの裏側からの様子。予定通り開業できるのかどうか】


 ここ数年セブ市内と隣接する市域で新設のホテルが増えていて、写真−2はマンダウエ市のモール屋上に造られている『東横イン』で、オープンは2017年2月となっている。

 この工事の様子は始めから見ているが、開業まで5年近くかかり、しかも最近でも何か欠陥があったのか外壁へ大がかりな手直しをしていた。日本の企業だから2月開業は間違いないだろうし、最近は開業案内のパンフレットが配られている。

 それによるとシングル1900ペソとあり、1ペソ2.2円と換算すると4180円となり、恐らく税金12%を入れると4700円くらいになって日本の東横インよりは安い。ツインになると2600ペソ、税込み6400円となり、ほとんど日本の東横インと値段は変わらなくなる。

 東横インは日本最大のビジネス・ホテル・チェーンだがセブの東横インにはキング・ダブル、デラックス・ツインと全体の割合は分からないが普通のホテルと同じような部屋が用意されていて、やはり観光地セブを意識したホテル作りになっている。

 これらの値段設定、高いような安いような微妙な数字で、元々フィリピンはホテルの値段が国の生活水準と比較して高いので有名で、ペンションと称するただ泊まるだけの施設でも1000ペソ以上は取られるのが普通になっているし、リゾート地区にあると貧弱な設備、内容でも1500ペソくらいは平気で取る。

 先年、ラオスに住んだ時、定期的にタイ国境の街に出て常宿するホテルがあって、その値段がペソに換算すると1200ペソくらいで、地の利も良くその町の高級な堂々としたホテルであり、部屋も東横インのデラックス・ツイン以上の広さを持つ。

 もう少し安いホテルも利用したがこちらは1000ペソ程度で、場所といい設備といい問題なく何れも朝食付きで、部屋の作りや設備もしっかりしていて、フィリピンの同程度のホテルの部屋代の高さが際立つ。

 同じ東南アジアでも観光業のGDPに占める割合が飛びぬけて高いタイは、ホテルに限れば競争もあるのだろうが、フィリピンが異常に高いと思わせる安さで、やはり観光関連業の層の厚さが値段の違いになるし、それともフィリピンは客が少ないから『ぼったくり』精神になるのであろうか。

 

【写真−3 建設中のホテル。道を挟んだ反対側にはお荷物の国際会議場】

 

 そういった高い設定の部屋代のためか、セブには続々と新しいホテルが出現している。ところが、中にはコンドミニアムとして宣伝して造りながら、どういうわけかホテルとしてオープンしているのがいくつもあって、コンドミニアムなどと偉そうに呼んでいても、実態はワン・ルームの部屋が多く、販売が思わしくなければホテルに転換できるように計画したのかも知れない。

 

 写真−3は東横インと同じ市内に建設中のホテルで、埋立地にあるため、周りはまだ殺伐とした空き地が多く、すぐそばは港に望み海は見えるもののかなり汚く、セブのリゾートのイメージで泊まったら印象は良くないのは必至。

 

 このホテルかなり大きい造りで、部屋数もかなりありそうだが、何でもホテルを作っているのはボトルに詰めた水を売って大儲けした会社らしく巷では『水ホテル』などと呼ばれている。

 この会社、やはり1990年代からボトル入りの水商売を始め、当初はミネラル・ウォーターを詰めていて、確かにセブ北部の山中からタンク・ローリーで運んでいた。爆発的に売れたのは良いが、タンクで運ぶ水の量と販売量に著しく差があり過ぎて一時インチキじゃないかと騒がれた。

 その後どうなったか分からないが、今ではバッテリー液と同じ普通の水を精製した水を詰めて売っているが、これは今やどこの製品も同じで変わらないから追及しても仕方がないが、それにしてもたかが水で写真のようなホテルが造れるとは商売とは分からないものだ。

 

 もっとも、商売にたかがなどと言ってはいけなく、上述した東横インの建つモールも元はマンゴーを加工して一代で財を成した中国系が造ったもので、この一族はマクタンにあるかなり大きいリゾート・ホテルを買収してホテル業に乗り出していて、利に敏い中国系の次なるターゲットはホテル業のようだ。

 


 

author:cebushima, category:セブ今昔物語, 17:48
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:48
-, -, pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/2737