RSS | ATOM | SEARCH
ルアンパバン紀行 その(15) 最終回 ヴィエンチャン行きの飛行機に

 ルアンパバン−ヴィエンチャン間の飛行便は毎日3便、ラオス国営航空が飛ばしている。午前2便、午後1便で昼近くの便でヴィエンチャンへ戻るが、この空港、国際空港と名前が付いているように中国、タイ、シンガポール、ヴェトナム、カンボジアからの国際便が乗り入れている。

【写真−1 ターミナルは新しくても個人旅行者は町まで行くのに苦労する】

 私の場合、ルアンパバンは2度目の訪問だが、最初の時は双発のプロペラ機で訪れ、今はジェット機になっているし、空港には新しいターミナルが作られている。写真−1はその新ターミナルの正面入り口の様子で、かつてのターミナルはここから離れた場所に残っていた。

 この飛行場は海抜291m、2200mの滑走路1本を持つが、滑走路などはジェット機を就航させるために延長したようで、プロペラ機時代はもっと短く離着陸に難しい空港であったらしい。

 2000年代前半にここに初めて降り立ったが、その時はルアンパバンからラオス南部のパクセーを経由してカンボジアのシェムリアップへ行っていて、その時もプロペラ機であった。

 ラオス一の観光地であるルアンパバンは、チェンマイへも直行便が飛んでいて、シェムリアップ、ルアンパバン、チェンマイを結んだ旅行ルートが確立しているので利用する人も多いようだ。

【写真−2 時間帯にもよるが利用者は多い】

 写真−2は空港内の様子で、観光地の空港としてはこれで充分なようで、それ程広くはなく、各種設備も充実しているとは言えない。国際空港らしく入国管理の窓口があるのが目立つ。

 そういえばラオスは国内線搭乗でもしっかり身元の確認をしていて、外国人だとパスポートを調べる。こういった身元確認はフィリピンでも行われるがチケット名と本人の名前が一致するかどうかと言う程度で、ラオスほど厳しくない。この違いが官僚主義で固まる非能率の社会主義国ラオスらしい。

 

【写真−3 褐色のメコン河とルアンパバンの町の色がしっくりする】

 

 写真−3は搭乗した便から眺めたルアンパバンの街の様子で、左右に流れる川はメコン河本流で、丸く流れ込む川は『カーン川』。カーン川がメコン河に合流する左手側がルアンパバンの旧市街で世界遺産登録地になる。

 この飛行コースはもう少し先にプーシ―の丘を右手に臨み、丘の頂上にある寺院の金色の尖塔が見えたたが、あっという間に機は雲の中に入って行った。こうして、飛行時間45分で再びヴィエンチャン空港に到着してルアンパバンの旅は終わった。

 【了】

 


 

author:cebushima, category:ルアンパバン紀行, 17:27
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/2708