RSS | ATOM | SEARCH
ルソン島紀行 イロコス篇 その(32) 最終回 マニラ空港からセブへ飛び立つ

 長々と書き連ねたこの拙文も今回が最後になる。今回の旅は欲張った行程でルソン島北部を回ったが、2度と行きたくないという観光地の多い中、またこの地方へ行って見たいという気持ちを持った。

【写真−1 近年は国内便の安売り合戦になって空の利用客は急増

 写真−1はマニラ国際空港第4ターミナル内の待合室の様子で、かなり込み合っている。第4ターミナルなどというともっともらしいが、ここはマニラ空港に国際線専用と国内線専用のターミナルに分かれた古い時代の2つあった中の国内用ターミナルであった。

 その後マニラ空港は第2ターミナルを造り、そちらはなぜかフィリピン航空の専用ターミナルになっている。次いで第3ターミナルを造り、そちらはフィリピン航空とフィリピンの航空業界を2分する後発のセブ・パシフィック航空が主に使っている。

 その後、写真のターミナルはしばらく貨物用に使われていたが、近年、低価格航空がフィリピンに乗り入れるようになり、その低価格航空用に提供したのが第4ターミナルになる。

 かつて国内線で使った事があり、その当時は倉庫のような建物であったが、今回はそれなりに整備されている。しかし、ここから他のターミナルへ移動するには相変わらず不便、不親切でマニラ空港は『世界一最悪』の空港と冠されていて、改善される様子はない。

【写真−2 慢性的に定時に出発できないエアアジア】

 写真−2は今回利用したエアアジア機。エアアジア航空はマレイシア発の低価格航空で、クアラルンプールに専用ターミナルを持つほどの急成長した航空会社で、なぜかセブ−フィリピン間のような他国のドル箱ローカル路線まで参入している。

 利用者としては航空会社間の価格競争があって嬉しいが、エアアジアは保有機材の使い回しに無理があるのか、定時出発のできない航空会社でもあり、利用する度にまともに出発できず遅れている。

 それでも、かつては私などタイのバンコク経由で旅程を組んでいた空の旅が、今やエアアジア利用のクアラルンプール経由となってしまったから、エアアジア商売の目の付け所は優れている。

【写真−3 目を凝らせば1983年8月21日のアキノ暗殺現場が見えるかも知れない】

 写真−3は私にとってはかなり珍しい写真で、マニラ空港が眼下に写っている。しかも国際線の第1ターミナルと第2ターミナルの全景と第3ターミナルの部分が写っている。

 この写真で分かるようにマニラ空港には滑走路が2本あって、私の乗ったエアアジア機は眼下の滑走路を交差するように離陸している。

 後から2本目の滑走路を増設したが、敷地から交差せざるを得なかったのだが、写真下の離陸待機走路には既に飛行機が走行中であるし、もし管制の不手際でそれぞれの滑走路から飛び立った機同士が衝突する危険性を孕んでいる。

 現在、増加する乗客需要に対応しきれず、新たな空港を造る考えも示されていて、写真の右前方に光るのはマニラ湾だが、その左手方面の海面を埋め立てる案が浮上している。

 このマニラ空港は既に市街地に囲まれて拡張も出来ず、いずれ空港としては危険になるので、そういったプロジェクトは進めて欲しいが、遠方に立地されると成田の例ではないが、超不便になる。

 また新空港間と市街地へのアクセスは当然一体になってプランされて当たり前なのに、現マニラ空港のようにアクセスはタクシーのみでぼったくりが横行するような未来図であったら願い下げである。

 飛び立ったセブ行きの便はラグーナ湖上空を通過しセブへの針路を取り、時間通りに無事にセブに到着した。

 【了】


 

author:cebushima, category:ルソン島紀行 イロコス篇, 19:00
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/2699