RSS | ATOM | SEARCH
ミンダナオ島紀行 南部篇 その(20) ゼネラル・サントス飛行場から一路セブへ (最終回) 

【写真−1 この籠は下部に台を持つが、無い方が良い】

 

 写真−1はセブ湖のホテル近くの道筋で買った籠で、直径40センチ、高さは70センチある。セブ湖では竹を多用した住居も多く、面白い籠はあるかと思ったが案外と期待外れ。

 写真の籠がマアマア形も良く、丁寧に編み込んでいて買ったが、値段は1000円もしない。この他にもいくつか小さな籠を買って、この大きな籠に詰め込んで空港でチェック・イン。

 こういった大きな品物はそのままの状態で出した方が良く、なまじ包装や箱に入れて見えないようにすると、扱いがぞんざいになり潰されたりするから要注意。この手でもっと大きな籠を過去に何度もチェック・インしていて何れも問題はなかった。

 ゼネラル・サントス飛行場はこれといって特徴はないが、市内からトライシクルで空港へ行った所、空港入り口のゲート前で『トライシクルはここまで』と降ろされた。

 ところがそこにはおんぼろの車が待機していて、この車に乗り換えてターミナル・ビルへ行くようになっている。といってターミナル・ビルはほんの少し先で荷物が無ければ歩いて行ける距離だが、砂漠のような乾いた暑さは変わらず。その車に乗り換え。

 いつものように遅れて飛行機は飛び、飛行場上空で円を描くように上昇。これは飛行場先に小高い台地が広がっていて、真っ直ぐ飛ぶと高度が稼げないためと思うが、おかげでゼネラル・サントス市の区画された新市街と湾の状態が良く見えた。

【写真−2 こうやって見ると山が迫っていたのが分かる】

 

 真っ直ぐ飛行機はセブへ向かってミンダナオ島内陸を飛ぶが、やがて見えた写真−2の海岸線。この時はどこだろうかと目を凝らしたが良く分からなかった。後で調べると湾に広がる街は『カガヤン・デ・オロ市』であった。

 ここには30年以上前に1年近く仕事で住んでいたことがあり、思い出の多い街になる。今の人口は60万人を超えるミンダナオ島北部有数の街になっているが、私がいた頃も大きな街であったが、人口は今の半分くらいで、フィリピンの地方都市の特徴が良く出ていた街であった。

 今は武力衝突などはないが、私のいた頃は、政府軍と反政府軍が争っていて、銃撃事件なども多発していて、レストランから出た後にそこが襲われた事もあったが、私自身は至極呑気に過ごし、これがその後のフィリピンとの繋がりの初めとはその時は思わなかった。

 この湾を過ぎてやがて右手側に高い山を抱えた島が見えた。これは『カミギン島』で何度か行っているが、最後に行った時は家人と中央の火山『ヒボヒボ』へ登山したが、標高1332mとそれ程高くないのに、頂上は高山植物のような群落があり、眺めは抜群。

 この時、土地の子どもにガイドを頼んだが、彼らはゴムぞうりで簡単に頂上を目指し、こちらは結構大変だったのを思い出す。そのヒボヒボの全体像を見下ろしながら飛行機はセブへ。

【写真−3 いわゆるセブのリゾートは上方、左側に連なる】

 写真−3はセブ・マクタン空港へ着陸態勢に入った状態の一枚で、右下に突き出ている施設はフィリピン料理を出す有名な店。着陸する飛行機はこの店の真上を飛び、その眺めもまた一興。

 写真の中ほどに白茶けた道が見えるが、これは新しいリゾートを作っているようだ。この辺り、岩場で使いようのない土地だが、マクタン島のリゾートを開発しようとするとこういった地域しかなく、しかもこの辺り泥質の海岸で澄んだ海には程遠い。それでも何も知らない観光客にはセブのリゾートで売り込むのであろうか。

 この一帯は現在のマクタン・セブ国際空港がいずれ飽和状態になるのを見越して、新空港の計画が起きていて、この辺りを埋め立てて新空港を造る構想が持ち上がっている。

 既にハイエナのような土地業者は辺り一帯を食い荒らしていて、そうは簡単に造れないだろうが、大規模埋め立てに関してはセブは過去にいくつも行っているから、また日本のODAを引っかけて新空港を造るかも知れない。こうして、ミンダナオ島南部への旅は終わった。

【了】

 


 

author:cebushima, category:ミンダナオ島紀行 南部篇, 20:52
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。