RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2013年 34-【台風ヨランダ-04】 炊き出しの炊事風景


 炊き出しはボランティアを毎日78人、朝7時くらいから作っていたが、4時の配食までには結構忙しく、これに別の地区に配る分を作る日は戦場のような状態だった。

 写真はその調理の様子だが、水は電気が不通のため、昔からある井戸からポリタンクを持って確保していた。それでも片道
30分はかかり、他の被災者も使うために並んで順番を待つ状態。

 写真左側の彼が水運び専門に手伝ってくれた。炊き出し拠点から
50mくらい先に井戸があって10年くらい前まで当たり前に使っていたが、簡易水道が地域に敷設されてから見捨てられ、今では残骸しか残っていない。

 今回のこういった被災では当然電気も水道も長期間駄目になるが、昔ながらの井戸を持ち、しかも使用している所では不便さはなかったようだ。

 電気に関してはこれはなくても生活はできるが、水に関しては生命にかかわり、もっとも大事になる。

 今回の台風でレイテ島タクロバン市のような都市部ではもう井戸など消え、あっても水道の便利さに頼っているだろうから、被災すると電気も水も供給が途絶えて生活するのに支障が出てしまい、大騒ぎになってしまう。

 今後も今回のような大きな自然災害にフィリピンが見舞われるのは確かだから、昔使っていて今は放置されている井戸を再点検して緊急時に使えるようにしておく体制を作るのは今後必要なのではと思える。

 さて、写真の鍋というか釜というか、サイズは直径
40センチ、高さも40センチある。これを3個とやや小さい釜を1個、大きな中華鍋1個を用意した。

 1つの釜で何人分の米が炊けるのか最初は分からなかったが、何度か使っている内にフィリピン人基準で
100人分を炊けるのが分かった。

 この米を炊くのも野天の薪使用で、キャンプの飯盒炊爨なら要領は分かるが、こう大きいと勝手が違う。

 それでもボランティアの中に経験者がいてかき回しながら炊いて行くコツは覚えた。

 おかずの方はひと釜
150人分くらい作れたが、こちらの人が好む食習慣のため、具とスープの多い献立となった。


author:cebushima, category:この一枚2013年, 19:19
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。