RSS | ATOM | SEARCH
12月20日(木) 晴れ、微風 閑話休題 《 天気良し これから旅行に出ます 》

 今日1220日から16日まで、カンボジア、ヴェトナムを旅行する。午後のセブ発便でマニラに出て乗り換え、マニラからカンボジア・シェムリアップまで直行便があってそれに乗機する。

 利用航空会社はフィリピン航空を追い上げている低価格航空の『セブ・パシフィック』。

 どうして、この会社が首都プノンペンではなくシェムリアップまで航路を開いたか分からないが、彼の地はアンコールワットで有名な世界的な観光地。

 8
年前に行った時はホテル建設ラッシュだったから、そのフロント業務にフィリピン人が大量に雇われているためかとも思うが、乗ってみれば分かるだろう。

 家内と一緒に行くが、考えてみれば日本に行くのは別にして、家内と一緒に海外旅行に出るのは3年ぶりだからずいぶん長い間行っていない。今回の旅行では家内はアンコールワット、私はヴェトナムの鉄道が楽しみになっている。

 ヴェトナムの鉄道は南北にホーチミンーハノイ間を結んでいて、2000年にやはり家内とヴェトナムに行った時、鉄道に乗りたかったが時間の関係で断念、今回ようやく思いが叶うわけだが、ホーチミンから途中、ホイアン、フエとヴェトナムの古都に途中下車しながらハノイに向かう。

 寝台車利用で2泊もするから結構長い乗車時間で楽しみも多そうだ。こう書いていくと何やら豪華な旅行のようだが、利用するホテルは20ドル前後、夫婦してザックを担いでの旅の空である。

 かつては仕事柄、オリエンタルとかシャングリラといった高級ホテルを使ったこともあるが、どんな良いホテルでもしょせんは荷物の保管場所のようなもので、最近は実利しか重んじない。

 お湯が出てトイレが良く流れれば良く、インテリアがどうなどはもう卒業し、ホテルに金をつぎ込むなら美味い物を食べた方が良いし、現地の珍品を買った方が良い。

 この一文を書いてからパッキングを始めるが、どの地もセブと同じような気温で、現在2728度、ハノイは17度で少々寒め、セブから行く分には厳冬の日本に行くわけではないから心配ないだろう。

 この旅行を終えると1週間後に、今度は私だけラオスに行く予定があって、来年は何かと動きが多そうだ。この12月からセブ・パシフィックがセブーバンコク間に航路を開いてそれを利用するが、以前はセブからバンコクに行く時はマニラ経由だったから便利になった。

 ただし、ラオス行の接続が悪くバンコク1泊となるが、そのホテルも空港周りにはいくらでもあって値段はセブの半分以下、以前『セブのホテルは高い』と書いたことがあるが、その通り。とまあ、しばらくHPも更新できないかも知れないが、良いお年を。【写真はセブの大学博物館の展示物】


author:cebushima, category:閑話休題2012年12月, 11:38
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。