RSS | ATOM | SEARCH
12月17日(月) 曇り、真夜中雨、風なし 閑話休題 《 フーコーの振り子と衆議院選挙は関係ないが 》

 セブは日本と時差が1時間あって、日本が夜8時ならセブは夜7時になる。8時過ぎに日本の選挙開票の様子をネットで見始めたが、朝日新聞などは早々とバンッという感じで自公300以上当選確実と報じていた。民主党が負けるとは分かってはいたが、その時点で50台の議席予想が出ていて、幾らなんでも4分の1とは思ったが、結果は57議席。

 一方、自民党は倍増どころか119から294議席と大激増。ただし、現行制度選挙のからくりで自民党は大勝したが、比例では前回並みの議席しか取っていなくて比例での得票率も前回よりも落ちている。

 こういう結果になったのは投票率が10%も低かったのが影響していて、冷静に数字を分析すると自民党の支持が広がったわけではない(と翌日の毎日新聞が面白い記事を載せていた)。とはいうものの選挙は『丁半勝負』同様、勝ち負けははっきりしていて1票でも多い方が当選は不動の真理。

 写真は上野・科学博物館の『フーコーの振り子』で階段の踊り場から見下す位置で振り子を撮っている。この辺りの階段の様子と空気は小学生時代と変わらず、いかにも年を重ねた博物館の雰囲気を残している。

 選挙とフーコーは全く関係ないが、今回の選挙は『振り子現象』といって、小選挙区の当落が民主と自民やそれに連なる党派が選挙毎、交互に議席を得ることをいい、今回は小選挙区300の内、141がそうだった。

 確かに政権党が失策を重ねていれば批判が募り、次回選挙は懲罰の意味で反対党に票が回るのは自明の理。こうやって交互に政権が変われば政策は止揚され、政治は良くなるというのが二大政党制のポイントらしいが、日本ではアメリカのように党派に登録して選挙活動をするなど一般の人はあり得ず、いわゆる支持政党なしが大半の状態では二大政党制は馴染まない制度に見える。

 さて、投票前から選挙予測は競馬、競輪予想屋並みに多かった。この選挙予測は電話で行う世論調査で、家庭電話にかけるから今のケータイ時代にそぐわない、偏った調査ではないかの指摘があるし、世論調査に名を借りた世論誘導との指摘もある。

 『選挙予測』と銘打って各報道機関が予測した党派別当選者数をメモにしてあるが、ドンピシャは無理でも一番党派の数で予測が当たっていたのは朝日新聞で、やはり金と手間をかけたのだろうなと思った。民主党政権をぶっ潰すと宣言していた産経は自民300以上でマアマア、民主は8070の予測でまだ甘い。

 反対に週刊誌系は民主党など93から120とどれも甘い予測で、競馬、競輪の予想屋より劣る。ただし、週刊現代の1213日号で自民294という予測が大当たり、二重丸をやりたいが他は駄目で民主26、維新が97となっているから、維新びいきの人間の予測であろう。

 こういった数字の動きから民主党は選挙運動中にズルズル退潮して行ったのが分かるし、自民党の今回は、相手の失策に乗じた選挙が上手かったとみて良いだろう。

 最後に比例の重複立候補、復活当選というのは止めた方が良い。選挙は一本勝負、選挙区で敗れたらそれまで、潔く次に備えるのが常道ではないか。惜敗率などともっともらしいことを挙げているが、惜敗率99%台の者もいるし20%を切っても復活当選しているから、数字の誤魔化しである。


author:cebushima, category:閑話休題2012年12月, 20:15
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。