RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン事件帖 2012年 (3) あるジャパユキの死

 マニラの邦字新聞に載った記事から引用する。見出しは4本、『元エンターテイナーの比女性』、『新2世ら子供3人残し急死』、『豊かな日本生活から一転』、『薬物、墓暮らし、生活苦…』と週刊誌的な付け方である。

 かいつまんで記事の内容に想像を交えて書くと、亡くなったのはブラカン州出身の46歳(仮にAとする)。Aは生を受けてすぐに児童養護施設に預けられたから、相当複雑な出生事情を持ち、13歳の時施設を出奔。21歳の時、日本就労を斡旋する手に乗って渡日、栃木県の店で働きだす。

 A
12歳から21歳まで何をして生きていたか分からないが、恐らく水商売の水に浸かっていたから日本行となったのではないか。

 勿論、最初から『不法滞在』で、1995年ヴェトナム人との間に男の子を産む(現在16歳)。2年後に別のヴェトナム人との間に男の子を産む(現在15歳)。普通は日本人の愛人になるが、Aは相手がヴェトナム人というのが目を引く。恐らくこの2人のヴェトナム人も不法滞在だったのではないか。

 2
番目のヴェトナム人は帰国(1番目のヴェトナム人はどうなったか不明)、2人の男の子を抱えてAは背に腹は代えられず日本人の愛人となり、2002年まで同居。その間に女の子が生まれたが(現在12歳)、もちろん認知などはされていない。

 相手の日本人は小金のあったタイプなのか、Aに金は不自由させなかったようで、それに慣らされたのか女性は浪費を覚え、数百万円の借金を重ねて浪費を続けた。結局、この借金のトラブルで日本人とは別れる。

 その直後に別の日本人から一緒にフィリピンで住もうと持ちかけられて、200212月にこの日本人とフィリピン入り。勿論、Aは子ども3人を連れての強制送還措置で、この日本人が何を考えていたのか分からないが、こういう前後を考えない日本人は結構多く、案の定この男、やはり子ども3人も居る女性とは上手く行かず別のフィリピン女性とくっついた(こいつは今何やっているのだろうか、もう日本に帰ったか、流行の困窮邦人入りか)。

 A
一家は途端に貧窮、それまで住んでいたアパートを出、やはり背に腹を変えられず、薬物中毒のフィリピン人と同居、自身も薬物中毒者になり、この間、墓地で暮らしたこともあり子供3人は保護施設に預けられている。こう書くとAは多分、男に寄りかかる生き方に問題はあるが、容色良く男の気を引くフィリピーナだったようだ。

 2004
年、マニラで活動する遺棄された日比2世を支援するNGOに助けを求めて、日本人に長女の認知と養育費などを要求したが、Aの借金が片付いていなくて拒否の返事。A一家は首都圏を離れ、洗濯の手間賃などで細々と暮らすが、2011年になって再び、NGOに助けを求め、長女にはNGOから奨学金が出るようになった。

 2012
101日、2日前から頭痛を訴えていたAは近所の助けで病院に搬送されたが死亡、死因は不明。残された3人の子供たちはショックと、葬儀代の工面も出来ず途方に暮れた。NGOは再度、長女の日本人父親を捜し、認知を求め日本国籍取得の道を得るとしたが、見通しはかなり暗い。

 記事の最後は葬儀にかかる費用22千ペソ(約4万円)をこのNGOが募金をしており、その連絡先で結ばれている。日本人との間の『ジャピーノ』、韓国人との間の『コピノ』アメリカ人との間の『アメラシアン』と、フィリピンには置き去りにされた子どもが数万人単位(一説には10万人以上)で存在し、今回のAのようなケースはフィリピンには無数ある。

 【写真は記事とは関係ない宮城県石巻市内の飲食街にて。正面の店は石巻で津波被災後最初に営業を再開した店として有名でマスコミにもずいぶん取り上げられた】


author:cebushima, category:フィリピン事件帖 2012年, 10:55
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。