RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2012年 (14) フィリピンの教会の結婚式


 日本人はキリスト式の結婚式に憧れているらしく、しかも海外挙式などといったまるで馬鹿みたいなイベントに金を使う輩が多い。『一生に一回』だから許されるとカップルは甘え、親は金を出し、挙句の果てには半分は離婚するから無駄遣いとしか言いようがなく、商業主義の餌食そのものである。

 写真はカトリック教会内の挙式で、ホテルの式場などにあるインチキ教会ではなく本物、執り行う神父を待っている所になる。カトリックは信者でない者が教会で挙式をすることは拒むのが普通、といってもその昔、横浜の山手教会で挙式をしたヨット仲間がいて参列した記憶を持つが、二人とも信者ではなかったから、数日教会に通って何がしかの講義を受けて挙式できるようにしたのであろう。

 結婚式に対してはまだ融通性はあるが、死んだ時、カトリックは異教徒には厳しい。私の日本人の知り合いが何人もこのセブで亡くなっているが、カトリック信者でないため神父の祈りは受けられず、参列者側、特にフィリピン人には勝手が違う葬儀風景だった。

 誰しも何れは死ぬとは分かっているが、海外で死ぬ場合、どうやって葬られるのか考えた方が良く、その覚悟がないと海外生活を送れず、海外の『極楽生活』などと能書きをいうお目出度い連中にはあの世の『極楽』はどうなっているといいたい。


 
author:cebushima, category:この一枚2012年, 09:35
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。