RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2012年 (1) 判りにくい2012年のカレンダー


 カレンダーを年内に変える人と、年が明けてから変える人と分類した場合、どちらの方が多いのだろうか。

 私の場合は年明け派で写真のカレンダーに変えた。もっとも正月の松飾りなどは『一夜飾り』では縁起が悪いといって大晦日は避けたから、カレンダーも早めに変えた人の方が多いかもしれない。

 このカレンダーは
12月に入って車を整備した工場からもらったが、よく見ると何だかおかしい。カレンダーは通常、左から日曜日に始まり右の土曜日で終わるが、このカレンダーの場合、左は月曜日(MON)、右は日曜日(SUN)となっている。

 こういう形式のカレンダーを以前にも見たことはあるが、どうも通常のカレンダーから慣らされた目には錯覚、間違えそうだ。

 常識とは慣れからくるもので、文字でも横書きの場合、通常は左から右に書くが、アラビア語など右から左に書く。そう思うと日本語など右からでも左からでも書くし、横書きどころか縦書きもできるから改めて不思議な言語と思う。

 それにしてもどういうつもりでこの判りにくいカレンダーを作ったのか、配っている日本の大手自動車会社の担当に聞いてみたいものだ。


 
author:cebushima, category:この一枚2012年, 10:47
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima.com/trackback/1403