RSS | ATOM | SEARCH
6月30日(木) 曇り、夜半雨 閑話休題 《 11人の旅券返納命令を受けた日本人 》
旅券返納の記事 日本人が持つパスポートは『旅券法』によって管理される。

 といっても結構ゆるい法律で、例えば現地に3ヶ月以上住む場合は日本の公館に在留届の義務を持つが、罰則規定がないので有名無実になっている。

 フィリピンなどは在留届を出した邦人は2010年で17,757人になるが、出さない邦人も同じ位居るのではないかといわれている。

 さて旅券法19条にある『旅券返納命令』というのをご存じだろうか。これは〇犒此¬鬼もしくは2年以上の懲役刑に当たる罪で逮捕状を発行された者、海外逃亡の可能性があり警察庁が外務省に対して逮捕状発行を通知した場合などに適用される。

 要するに日本国内で犯罪をし、海外に逃亡中、もしくは逃亡の恐れのある容疑者に命令が出る。この命令は在外日本公館に告示され、年に数回あるという。

 この526日付で在フィリピン日本大使館にこの命令書が張り出された(写真)。人数は11人で返納期限は627日までとなっている。

 この顔触れを見ると、詐欺事件6人、業務上横領3人と金に絡んだ犯罪者が多数を占め、強行犯は強盗致傷1人、覚醒剤取締法違反1人と案外と少ない。海外逃亡を計るような連中は金に汚い証拠にもなるが、こういった逃亡犯が逃げる国はフィリピンが多いのは有名な話である。

 そういえばこの間、小向というフィリピンに滞在しただけの芸能人を巡って警視庁と馬鹿マスコミは騒いだが、あの時も旅券返納がどうのこうのとあった。

 事件は警察のでっち上げ、泰山雷同して鼠一匹も出なかったが、あれで小向に謝罪したマスコミはないからどういう神経の連中が報道をしているかそのレベルに呆れ果てる。

 ところでこの旅券返納命令通りに旅券を在外公館にノコノコ出頭し返納するような犯罪者が居るのだろうかと疑問が持ち上がる。旅券を帰してしまえば不法滞在になるから、即座に在住国の入国管理局に逮捕される。

 ただでさえ、危ない橋を渡っているのに『ハイ、そうですか』と差し出す犯罪者は居ないと見る。こういうもっともらしい仕事をやっているのが役所というものだろうが、どこかおかしみがある。

 もっと面白いのはこの処分に不服がある場合、国を相手取って裁判を起こし、処分の取り消しが請求できるという。提訴期限は命令を知った日の翌日から半年以内ともっともらしくあるが、海外逃亡中の犯罪者がこんなことができるのかと、これも人を食った規定に感じる。

 実際にこの返納命令がどの位履行されているか数字がないので想像するだけだが、外務省も詳しい統計内容を出しても良いのではないか。

 旅券といえば私自身もう何冊パスポート(旅券の券はチョッと古過ぎる)を持ったか思い出してみる。多分普通の人とは違って公用パスポートを何冊も受けているから冊数ではかなりになる。

 もっともこの偉そうな公用旅券、何の特権もなく入国審査は普通の列で何か便宜を受けたことがあるかといえば外交官旅券と違ってほとんどなし。それでも中米のコスタリカを出国する時に公用旅券を見た係員が出国税を免除してくれた。その程度のものである。

ロゴ

 
author:cebushima, category:閑話休題2011年6月, 09:18
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。