RSS | ATOM | SEARCH
2011 アキノ政権 Watch (3) アキノ政権から詰め腹を切らされた行政監察院院長
アキノに辞表を提出するグチェレス行政監察院長 行政監察院は高級公務員の汚職事件を扱う役所で、その長は大統領が任命し任期は7年、罷免は国会に開設される『弾劾裁判所』のみが可能で、並みの行政府の長より重要なポストになる。

 このポストに前大統領アロヨから任命されていたグチェレス院長が429日に辞職を表明した。(写真は辞表をアキノ大統領に提出したグチェレス行政監察院院長)

 グチェレスの任期は201212月までだったが、3月下旬に下院本会議で弾劾裁判所設置決議案が圧倒的多数で可決され、上院で弾劾裁判が59日に始まる予定となっていたが、その追求を避けるために弾劾裁判が始まる前の辞職に至った。

 グチェレスはアロヨの夫と大学時代の同級生という関係から、アロヨ一族とは非常に親しく、200512月に女性では初めての行政監察院院長に就任したが、在任中よりアロヨ夫婦への疑惑追及に消極的とのレッテルが張られていた。

 特に巨額な投資額の政府系ブロードバンド網(NBN=全国の役所を光通信で結んで行政の効率化を計る事業=フィリピンにこんな物は無用)プロジェクトでは中国政府の融資と大手中国通信と組んで進め、一度は受発注に至ったが不可解な契約キャンセルという事態を引き起こした。

 これはこのプロジェクトに対するアロヨ夫婦のあからさまな汚職関与を嫌った、中国最高首脳部の意向が働いてキャンセルに至ったと見られている。

 グチェレスはこの事件に対して適切な捜査を行わず、アロヨ夫妻に対して訴追を行わなかったことに批判が集まり、アキノ新政権になって追及の手が激しかった。

 アキノ政権としては大統領選第一の公約が『アロヨ前政権の汚職一掃』でもあるため、まずは外堀のグチェレスを埋めてアロヨの牙城に迫る作戦で、これが弾劾裁判所設置への背景となっている。

 アロヨ陣営は先の下院での弾劾裁判所決議は陣営に有利と読んでいたが、思わぬ大差で可決されてしまった。次の弾劾裁判所が設置される上院は弾劾賛成派が多数を占め、裁判前から有罪の評決が出ると見通されていた。

 このため、グチェレスを含めアロヨ陣営は『弾劾裁判の渦中に思わぬ爆弾発言、暴露話が出ては困る』と見て、弾劾裁判が始まる前にグチェレスの辞表提出を決断したと見られている。

 これによって、上院議長であるエンリレは『弾劾裁判は行わない』と早くも幕引き発言をし、アキノ自身も『国を救った行為』と訳の分からない声明を出す始末で、裁判という公開の場でアロヨ陣営の汚職が暴かれる機会を失した。

 『臭いものに蓋』がフィリピンの政治風土とはいえ、今回のグチェレス詰め腹辞任はフィリピン人には真に汚職解明を進める気がないことを内外に表明した結果となった。
ロゴ

author:cebushima, category:2011 アキノ政権 Watch, 14:29
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/1236