RSS | ATOM | SEARCH
4月30日(土) 晴れ、微風 閑話休題 《 ロンドンを思い出してあれこれ 》
ウェストミンスター寺院 ロンドンには2回行ったことがある。といってももう四半世紀以上前の話だから今のロンドンの様子など全く分からない。

 2
回のロンドン滞在はロンドンを目指したのではなく、当時、日本からアフリカ大陸へ行くにはロンドン乗り換えが普通で、目的地まで4日から5日かかった。

 今はシンガポール―南ア・ヨハネスブルク路線があって、そちらを利用するらしいが、それでも3日はかかるという。

 ロンドン滞在の思い出はいろいろあって、写真のウェストミンスター寺院にも行った記憶がある。ここは周りに塀がなく、写真で見るより意外と小さかった記憶がある。中も見学しているが全て忘れている。

 ニュートンやダーウィン、リヴィングストンの墓所があり、もしかすると見ているかも知れない。墓所としてこの寺院は有名で作家や詩人、例えばディケンズ、トマス・ハーディーがあり、変わったところでは156歳まで生き、ウイスキーに名を残すトマス・パー、俳優ではローレンス・オリビエなどが埋葬されているのは後日知った。

 せいぜい一泊位のロンドン滞在なのに結構あちらこちらに足を運んでいる。時間的に混在しているがグリニッジの子午線を見、帆船カティサーク内にも入ったし、電車に乗ってオックスフォード大学まで足を伸ばしている。

 市内はコベントガーデン、トラファルガー広場、バッキンガム宮殿、ロンドン塔、名前は忘れた大きな公園と普通の観光客同様見て回った。そういえば夜はソーホーのパンク・ディスコまで行っておかしなバンド演奏も聴いているから、なかなか元気もあった。

 しかし絶対的な時間がなく大英博物館のようなじっくり時間が必要な場所はパスしている。私が何よりもロンドンは良いと思ったのは古い舗道に古い建物、どこを切り取っても絵になるたたずまいで、足に任せて歩いて少しも飽きさせなかった。

 もっともこれらの蓄積は過去のアフリカ・アジア地域からの略奪の上に乗っているだけで手放しでは褒められない。

 気に入ったイギリスだが食べ物となると特徴のない国で、しかも不味い料理を出すレストランばかり。仕方がなく、マクドナルドを探して食べた記憶がある。イギリスは料理不作の国というが確かにその通りと思った。

 このロンドンを思い出したのはイギリス王室の結婚式が行われたためだったが、フィリピンもテレビで実況中継をし、人気テレビ・キャスターを何人も派遣していたが、電気の無駄、馬鹿じゃないかと思った。

 王室のない国、新興国、例えばアメリカ辺りも騒いだろうが勝手にやっていろという感じ。ロンドンで騒いだのは観光客ばかりでロンドンっ子は冷めていたという話もある。

 王室だなどとありがたがっても1,000年前は山賊や海賊の頭目だから、芸能人的存在と思えば目くじら立てるほどのものではないか。ヨーロッパには王室が10ヶ国健在らしいが、日本の皇室よりははるかに開かれているし、イギリスなど醜聞まみれである。

 日本の皇室もかなり醜聞があるらしいが、全部規制して日本のマスコミは報道しないし、産経を代表にするような提灯記事ばかりだから国民は情報操作されていると見て良い。
ロゴ

author:cebushima, category:閑話休題2011年4月, 09:04
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/1235