RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン事件帖 2010 (26) フィリピン最高裁、殺人事件で逆転無罪判決
事件被害者の夫 この殺人事件は1991630日夜、マニラ首都圏のパラーニャケ市で起きた。

 押し入った何者かにより47歳の主婦、18歳、7歳の娘が刃物でそれぞれ20ヶ所近く刺されて死亡した。(写真は無罪判決が出た直後の被害者の夫)

 現場の凄惨さから被害者の名前を取って『ビスコンデ母娘虐殺事件』として報道されていて、当時も今もセンセーショナルに取り上げられている。

 この事件では犯人と目される連中が逮捕されたが、最高裁まで争われ1214日、最高裁によって全員無罪の判決が出て、即時収監中の刑務所から釈放された。

 一審の20001月に全員有罪の終身刑になり、二審の2005年でも有罪となったから犯人と目された連中にとっては地獄から天国へ降りたような気持ちであろう。

 この最高裁判決も判事の意見が分かれ、無罪7人、有罪4人だった。この二審まで有罪判決を受けていた連中は、9人いたが(内、2人は逃亡中)いずれもフィリピンに多いドラ息子連中で親は著名人、金持ちばかりである。

 特に元プロ・バスケット選手で芸能人、地元の下院議員を務めた人物、ウエッブの息子に焦点が当たった。この息子当時ドラッグ・ジャンキーで、一味とされた連中もその仲間である。

 このウェッブ、事件の渦中にフィリピンの政治エリートである上院選に立候補して当選したから、選挙民の考えることは分かり難いが、親は親、子どもは子どもで責任は別という風土がそうさせたのであろう。

 しかし、この議員次の選挙で再選はならず政治生命は終わった。しかし芸能活動は続けていて知名度は相変わらず高い。他にも芸能関係に属する親が何人もいて覗き見大好きなフィリピン人の感覚には合った事件だった。

 さて、無罪判決が出た理由だが、捜査側の無能力に尽きる。犯行現場に証拠品は無数にあったのに、フィリピンは証拠よりも目撃証言を何よりも重視する裁判体系なので疎かにしてしまった。

 また裁判は証言中心で、このため証言は恣意的に捏造されたり、虚偽証言なども買収風土もあって当たり前の中、今回も目撃証言中心で公判を維持していた。

 おかしなことに、この事件では警官が証拠隠滅をして15年の実刑を食って服役していたおまけもあった。

 証拠の中で18歳の娘はレイプされていて、当然精液とかの検体など採取されているはずだが、それが行方不明で科学的追求はできなかった。

 何しろこちらの捜査員は素手で証拠品を触って平気な位だから、20年近く前の事件の証拠に関する認識など相当酷く、杜撰だったことは想像できる。

 しかし、裁判でこんなに結果が違って出てしまうとは、裁判も結局は人間のやる仕事で、間違いは当たり前にあると思って良い。

 これで死刑判決を出して刑が執行されていたら取り返しがつかなかったとなるだろうが、被害者家族から見ればでは犯人は誰だとなるから事件の解決はされず、気持ちは休まらない。

 そういえば最近、鹿児島で老夫婦殺しの被告に死刑求刑から無罪判決が出たから何を信じて良いのやら。
セブ島工房ロゴ
author:cebushima, category:フィリピン事件帖 2010, 20:28
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/1069