RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン事件帖 2010 (25) 今年で5人目、日本人射殺事件
日本人5人目の射殺事件 写真で分かるように、フィリピン唯一の日刊邦字紙『まにら新聞』の1130日(火)版にこの事件が載った。

 事件は報道される6日前の24日夜9時頃に射殺体で見つかったが、身元が遺体を保管していた葬儀社で確認されたのは26日だった。

 これも被害者と一緒にマニラを訪れていた日本人友人の届け出があったためで、同行者がなかったら確認はもっと遅れていたであろう。

 こういった外国人殺人事件は、こちらの英字紙に載るが今回の場合は私も気が付かなかったから、記事になっていなかったようだ。これが、セブの場合、外国人殺人事件だと必ず地元テレビ、新聞は必ず取り上げるから分かり、日本人は『ジャパニーズ・ナショナル』と報じられている。

 この事件の犯行現場はマニラ中央郵便局裏手の通りで、写真で分かるように左側はパッシグ川の堤防になる。被害者は35歳で数発の弾を撃ち込まれていて即死。

 何度もフィリピンに来ていて今回は21日に友人と一緒に来たが、その目的は観光だろうが詳しくは分からない。新聞の記述によると当日、友人とマニラの中華街として有名なビノンドで食事後、被害者は友人と別れて犯行現場に向かって歩いていたようだ。

 ビノンドは犯行現場の川の向こうにあり、歩いて橋を渡るようになるが、夜更けにしかもフィリピン人でも注意するような地域を、外国人が橋の上を歩くなど危険極まりなかった。ただし、犯人が被害者と顔見知りで一緒に話しながら歩いていた可能性もある。

 ホームレスが犯行を目撃していて、犯人から鞄を盗られそうになって抵抗したために銃撃されたという。かつてこういった事件は保険金の絡んだ事件が多かったが今回はどうであろうか。

 この事件で今年は日本人が5人殺されたが、どの事件も犯人は捕まっていないし、捜査そのものが行われているのかも分からない。金を出さないと動かないフィリピン警察は信用しない方が良い。

 2007年に同じマニラで34歳の日本人が路上で射殺された事件があって、それが先日一審の裁判結果が出た。珍しく逮捕、起訴された人物は現職警官で判決は無罪だったが、この事件も目撃者証言重視であやふやな所が多い。

 射殺された日本人も胡散臭い感じがあって、射殺時に載っていたバイクなどフィリピンでは珍しいカウリング付きレーサー・タイプで、観光客が乗るような代物ではない。この事件も一審裁判が終わって迷宮入りであろう。外国で殺されたら殺され損と思うしかない。
セブ島工房ロゴ 
author:cebushima, category:フィリピン事件帖 2010, 13:10
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://cebushima-blg.jugem.jp/trackback/1047