RSS | ATOM | SEARCH
10月31日(日) 曇り、微風 閑話休題 《 何思う、踊るセブの受刑者 》
何思う、踊る受刑者 セブ州立刑務所、正式には『Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center=CPDRC』というが、ここは収監者達による集団ダンスが有名で、私も2年前に初めて観た。

 この週末、日本の知人がセブへ遊びに来て再びこの刑務所ダンスを見ることになった。日本からセブに来る知人にはできれば毎月最終土曜日にこのダンスが観られるので、日程を合わせて作るように勧めていたが今回ようやく実現した。

 ダンスの行われる週半ば、地元英字紙にお知らせが出て電話で予約を取るが、実際は当日受付に来て観る人も多い。受け付けは州庁舎構内で行われ、そこから用意の大型バスで刑務所へ行く。

 前回は2台のバスで運んだが、今回は都合4台分のバスが観覧者を運んだから人気は伸びている。隠れた観光場所となっていて、観覧者の国籍も様々で10か国以上は来ているようだ。直接車でCPDRCへ乗って行くグループもあって観覧者総勢は300人近い。

 前回はダンスが始まる前に小一時間のレクチャーがあったが、今回はカットされてすぐにダンス観覧となった。前のレクチャーはセブの政治屋一族の宣伝臭くて閉口したがなくなって良かった。

 観客が多いので2階の回廊から眺める場所からははみ出し、受刑者達が踊るコンクリートのグランドでダンスを見たが、余りにも近過ぎて全体の流動的な美しさはいまいちだった。少し早めに行って2階から見物するようにした方が良い。もっとも顔の表情なども良く分かり近いのも悪くはないが。

 およそ1,000人の受刑者達の踊りだが、前回と比べて曲目がすっかり変わっていて踊りもずいぶん変わっていた。退屈な日々の中で、月1回の舞台を目指して練習でもしているのかと思うと妙な感じもする。

 観覧者は写真撮り放題で、中には踊る受刑者達をバックにVサインをして写真を撮る者もいて、こうなると完全に興味本位のモノ扱いである。

 受刑者にも個人の人権はあるだろうから、こんなに無造作に写真を撮られていて良いのだろうかと思うが、そんなことを思うのはいなくて刑務所はショーの場と化す。

 写真は次の踊りを待機する受刑者の一人だが、そろいのTシャツの背中に書かれた『Dancing Inmates』に何かもの悲しさを感じてしまった。
セブ島工房ロゴ
 
author:cebushima, category:閑話休題2010年10月, 08:42
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。