RSS | ATOM | SEARCH
セブ今昔物語 【24】 セブのショッピング・モール変遷史−その2

 前回のセブ今昔物語【24】セブのショッピング・モール変遷史−その2ではセブの草分けモールや大資本のモールに付いて書いたが、今回はその他のセブにあるモールを3ヶ所選んで書いてみる。

【写真−1 正面の道はセブ島南部方面へ行く幹線道路】

 写真−1はセブのダウンタウン方面にある『エリザベス・モール』で、このモールは中国系経営者の妻の名前がエリザベスだから命名したと言っている。モールの前はセブ島南部に向かう幹線道路が通っていて、交通量は激しく、モールの右手側には南部方面へ向かうバス・ターミナルがある。

 このモールには映画館もあってモールの条件に当てはまるが、このモールには1回しか中に入っていなくて、そのきっかけは戦前にセブに走っていた鉄道の跡を調べるためで、戦前の鉄道駅と構内はモール敷地から今のバス・ターミナル辺りにあった。

 この駅を中心に南部方面にはアルガオまで67キロ、北部方面はダナオまで29キロ、計96キロ線路は伸びていて、セブ島の長さが南北200キロ余なのでかなり長かったのが分かり、線路はこのモールの地下駐車場の出口辺りを左右に通っていたと思われるが、そういうことに興味を持つ人は少ない。

 この鉄道は1945年4月、アメリカ軍がセブ島に上陸反攻時に、日本軍が輸送を妨害するために破壊し、戦後は復旧されることなく鉄道の遺構はまだかすかに残るが、忘れ去られている。

 日本軍の破壊工作だが、既に米軍は自動車輸送が主体になっていて、鉄路を破壊しても輸送、兵站にはほとんど影響なく、日本軍の後先を考えない作戦思想はこういう所にも表れている。

 最近、ドゥテルテ政権になって同じルートでセブに鉄道を敷く構想は出ているが、大手ゼネコンを儲けさせるだけで、鉄道というのは敷設より保守が肝心で、保守管理の悪いフィリピンには向いていず、開通しても赤字は必至。

【写真−2 このモール建物内では犬を歩かせることが出来る】

 写真−2は『パーク・モール』の庭の部分でどういう訳か日本庭園風。このモール、古い埋立地にあり、マクタン島とセブ島に架かる2本の橋に繋がる道路沿いにあり、近くには2013年の台風で破損したままの国際会議場やコンドミニアムやホテルが建ち始め、大きな病院も近くにいくつかある。

 そのため、人の流れはかなり活発なモールだが、このモールの前身は屋根と壁だけが出来た大きな倉庫のような建物が長い間、放置されていた建物を改装したもので、大火で焼け出された人々がここに避難して生活していた時期もあったが、大々的に改装してモールとしてオープンした。

 資本の関係は良く分からないが、独立系の資本らしく、他のSMとかアヤラといった、傘下企業の金太郎飴の様なテナントは少ないが、SM資本のかなり大きなスーパーが入っている。

 このスーパー、全国展開をしているが、店によって扱う品物の鮮度がかなり違っていて、これは商品の売れ行きの速さと関係があり、ここは割合鮮度の良い品物を扱っている。

 かつて、この辺りは雑草の生える通過するだけの殺風景な空き地の広がる地域であったが、このモールが出来てから、道を挟んだ裏の敷地に商業施設も造られ、ずいぶんと開発が進んだ。ただし、このモールには映画館は無いからモールと名乗るには無理な気もする。

【写真−3 立地条件はあまり良いとは思えない東横イン】

 パーク・モールからいくらも離れていない場所に写真−3の『Jセンター・モール』がある。高層のビルは日本の『東横イン』で、この建物はモールがオープンし、かなり経ってから造られた。

 このモールの敷地は元マッチ製造工場跡で、それで分かるようにこの地域は工場が多く、ビールのサンミゲル工場もすぐ傍にある。そういうガサツな地域であり、モールの立地としてどうかなと思ったが、案の定、客足もテナントも冴えない感じが続く。

 このモールの前は渋滞で知られる道路が通っていて、また日本食レストランの多い道路として知られていたが、最近は韓国勢のレストランが目立つようになっているが、ハングルだけの看板を平気で掲げていて、無意識にしてもフィリピンを植民地として見ているようだ。

 

 このモールの資本はやはり中国系でマンゴーをドライ菓子にする会社で財を成した。素人目にはマンゴーの加工など儲かるのかと思うが、この一族、ホテル業にも進出し、マクタン島で最多の部屋を持つホテルを経営し、隣のボホール島ではフィリピン最多の部屋数、アジアでも有数のリゾートを建設中であるから馬鹿にしてはいけない。

 また、モールの裏側には40階以上のコンドミニアムを造る計画で、販売活動をしているが、過熱する一方のフィリピンの不動産バブルが弾けなければ良いと思うが、中国系は打たれても事業を進めて行くから、良きにせよ悪しきにせよ強い人々である。

 このモール、テナントは冴えないと書いたが、どういう繋がりがあるのか分からないが政府機関出張所がモール内にいくつも入っている。入国管理局、国家警察捜査局、陸運局、社会保険を扱う機関や電力会社もあり、利用する人には便利であるが、家賃などしっかり相場どおり払っているのかどうか。

 人が出入りすればテナントにお金が流れると思ってだろうが、多くは用を済ませてすぐに帰る人が多いようでモール側が思うほど効果があるか疑問。ここにも先述のスーパーが入っているが、野菜など生鮮食品など鮮度が悪く、時には古い玉子も平気で売っていて、それが故に客が離れ、客が離れるから品物が古くなるという悪循環に陥っている。

 モール自体が冴えないのと関係もあるだろうが、東横インの営業も上手く行っているのかどうか。日本のネーム・バリューで客を集めていると思うが料金設定が周辺のホテルより安く、やはり安くしないと客が集まらないのかなと思うがどうだろうか。

 さて、このモールには映画館が2館あって、こじんまりした観やすい座席配置で時々観に行くが、最近の上映作品はつまらないCG物の映画ばかり上映しているので足が遠のいている。


 

author:cebushima, category:セブ今昔物語, 18:18
-, trackbacks(0), pookmark
セブ今昔物語 【23】 セブのショッピング・モール変遷史−その1

 フィリピンはショッピング・モール大好きで、少し大きい町へ行くと何々モールと銘打った建物が必ずある。モールの定義は広さや店舗数など業界にはあるが、ここでは『映画館』を持つ大規模施設をモールと呼ぶが、そうなるとフィリピンでは大手資本の系列ばかりになってしまう。

【写真−1 テナントはほとんど変わったが内部と外観は変わっていない】

 フィリピンの全国展開のモール・グループは4つあって、店舗数で1
番多いのはシューマート=SMで、2番手はロビンソン、3番手はシティー・モール、次にアヤラになるが、アヤラを除いていずれもフィリピン経済を牛耳る中国系財閥が経営している。

 SMは創業者が世界の大富豪番付けの常連で、もちろんフィリピン一の大富豪だが、中国からの移民の靴屋販売から一代で、フィリピン最大の商業銀行を持つなど大財閥を築いた。

 次のロビンソンは新興中国系財閥で傘下に低価格航空のセブ・パシフィック航空を持つ。シティー・モールについては良く分からないが、上述の大手モールの進出しない意外な所で展開していることが多い。

 4番手のアヤラだが、アヤラは伝統のあるスペイン系の財閥で、そのためか他のモール・グループと違って地方都市には展開せず、マニラ、セブの大都市圏だけにモールを作る高級化路線を取っている。

 さて、写真−1はセブにある『ガイサノ・カントリー・モール』の正面入り口の中から写したもので、このモールがセブで初めて生まれたモールといって良いであろう。

 ガイサノというのはセブを地盤とする地方財閥で、身内でダウンタウンでデパートなどいくつも名前を変えて昔から経営しているが、セブ島内やヴィサヤ地域でこんな田舎の街と思うような場所に進出している。

 ガイサノが進出した店舗内は客より販売員の方が多いと思うような店が目立ち、どう見ても採算は取れないと思うが、次々と田舎町に資本を注ぎ込めば決算上では赤字になって払うべき税金を払わなくて良いし、不動産資産としては太ると、いかにも中国系の考えそうなやり方と思うが、実態は不明。

 カントリー・モールは1990年代前半(1992年頃か)に登場したが、出来る前の敷地はブドウ畑で小生も野原の様な状態を記憶している。建物は今となってはもったいない2階建てで、駐車場が建物前にあり、自社スーパーとレストランなどが入り、2階には映画館が6つある。

 このモールの裏に1年ほど住んだことがあって、夕食後にはこの映画館で映画を観る、結構贅沢といえる時期があった。ところが、場所が悪いのか運営方法に問題があるのか分からないが、当初のテナントは次々と撤退し、その後の業種も同じように撤退し、開業時から残っているのは大手フランチャイズ・ファースト・フードのみ。

 映画館も半分くらいしか開館していなくて何とも薄暗く、このモールはスーパーで持っているという感じで、写真の階段の様子など開業以来全く変わっていないから経営は大変そう。

【写真−2 こちらは側は増築した部分】

 写真−2はセブに最初に出来たSMシティー・セブでこの写真は増築後の様子で、増築をするくらいだからここの経営は良いのであろう。このモールは1993年に開業し、2007年に店舗と駐車場ビルを増築し、総面積は世界でもランクに入るほど大きい。

 SMはこの次にセブ市に連なる北部の町に2番目のモールを造り、2015年に世界でも最大規模となる3番目のモールを南部の埋め立て地に造ったが、最初のSMシティー以外は客足は今一つで、SMとしてはトータルで儲けられれば良く、他のモールへ客が行かないように採算度外視で造っているのではないかと思わなくもない。

 SMシティー・セブのほんの目の先に、ロビンソンが大きなモールを最近開業したが、やはりSMに食われている感じで、開業当時に1度行っているが、駐車料金は無料で無料の内は客が来ていない証拠で、駐車場も施設内も人の姿はガラガラであった。

 

 1990年代初め頃、ロビンソンはセブ市の中心部にSMなどより早くデパートを作って進出していて、その前を通るマンゴー通りはセブでは高級な場所で、独立した映画館や数少ない日本料理店もこの通りにあって人を集めたが、SM、アヤラの両モールが出来てからは人の流れが変わり急速に寂れた。

 

【写真−3 以前はここで映画を良く見たが最近はほとんどない】

 

 写真−3は『アヤラ・センター・セブ』の中庭の様子で、建物本体は左の方にある。このモールは1994年に開業し、前年に開業したSMと張り合うモールとなっているが、SMの方は埋立地の殺伐した所に造っているが、アヤラは元ゴルフ場跡地に造っている。

 

 今ではセブの真ん中といえる場所にゴルフ場があったのも驚くが、その昔はセブの郊外で、土地などいくらでもあってすぐ近くにもゴルフ場があって、そちらは営業を続けている。

 

 アヤラは元飛行場やゴルフ場を再開発するのが得意で、マニラ首都圏の一大ビジネス地域になっているマカティ―市はアヤラが、元飛行場跡を再開発したもので、フィリピンで絞首刑になった山下奉文大将が赴任で降り立ったのがこの飛行場である。

 

 マカティの二番煎じになるがアヤラはこのゴルフ場跡と、近くにあった飛行場を手に入れて再開発するが、この飛行場は神風特攻隊と縁が深く、最初に戦死した久納中尉がこの飛行場から飛び立った。

 

 飛行場の再開発は当初は上手く行かなく、建物は疎らであったが、コールセンターを中心にしたITブームが起こり、今ではコールセンタービルがたくさん並び、同時に不動産ブームが続き、高層コンドミニアムが次々と建てられ、かつての飛行場の面影は全くない。

 

 また、元ゴルフ場跡はオフィス・ビルが次々と建てられたが、当初は10階に満たないビルがポツンとあって、それでも大きいビルと感じたが、今では20階以上のビルが普通になって古いビルを見るとフィリピンも成長しているのだと感じる。

 

 写真のモールの方だが、まだ建設前にこの場所で『イルカのサーカス』興行があり、家人と一緒に行った記憶を持つが、その頃は何とも薄暗く草茫々という感じで、今このビルの合間やモール内に太い枝ぶりの良い樹があるのは元ゴルフ場であった名残りである。

 

 アヤラも最近増築しているが、それと同時に40階以上のコンドミニアムが周りに出来て風景は一変しているがまだ高級感は保っていて、テナントもほぼ満杯状態。

 

 モール運営はテナントからの家賃と売り上げに対するロイヤリティーから成り立っていて、簡単に言ってみればアパートの大家のような物で不動産業の一種と見て良いであろう。

 

 こういう業種というのはフランチャイズ商法と変わらず、モール運営側は損をしないようになっていて、テナントはかなり大変で、その負担が耐え切れず出店したは良いが早々と撤退する店も多い。

 

 売り上げに対してある割合をモール運営側は徴収すると書いたが、それを裏付けるのかどこのテナントのレジスターも同じで、これはモール運営会社に直結していて、売り上げを誤魔化せないようになっているのではないかと思うが、しみじみとレジスターをチェックした訳ではないから不確か。

 

 このアヤラ、今年の1月に出火してガイサノがテナントとして進出していたビルが相当焼けたが、その時は家人とタイ方面を旅行していて、どうなったかと気にはなったが、その後一度もアヤラへは行っていないから、今年は一度も行っていないことになる。

 


 

author:cebushima, category:セブ今昔物語, 19:00
-, trackbacks(0), pookmark
セブ今昔物語 【22】 セブ島のホテル模様−その4 続々建設されるホテルだが値段は高い

 セブにあるホテルで誰が聞いても分かる世界的に名の通ったホテルといえば、マクタン島にある『シャングリラ』とセブ市内にある『マリオット』がある。

【写真−1 周りにビルが建ち並んでしまって少々貧相なマリオット・ホテル

 写真−1
の中心に写る小さな建物がマリオットで、ここは1990年代初めに元ゴルフ場跡地をフィリピンのスペイン系財閥の雄『アヤラ』が再開発した地域になり、少々お洒落なショッピング・モールを中心に20階前後のオフィス・ビルが建ち並ぶ。

 そのためマリオットは周りのビルに囲まれて少々貧弱な建物に見えるが、これでも部屋数は301室あるというから、セブでは大きい方になる。マリオットは傘下に各種ランクのホテルを違う名前で展開しマリオットの前にJWが付くとより高級になる。

 セブのマリオットは早く言えば一番安いランクのホテルで、オープン当時の周りは広々していたが、ホテル敷地そのものが狭く、マリオットはビジネス・ホテルを造ったのかと思ったくらいで少々貧相な印象は免れない。

 このマリオット・グループは今年、シェラトンなどを運営するホテル・グループを買収して世界最大のホテル企業となり、そのホテル数は5500を超すというから驚く。マリオットが傘下にしたシェラトン・ホテルがマクタン島に今建設中で、ありそうでいくつもない、マクタン島の高級リゾートが増えるから楽しみといえば楽しみである。

 

【写真−2 東横インの裏側からの様子。予定通り開業できるのかどうか】


 ここ数年セブ市内と隣接する市域で新設のホテルが増えていて、写真−2はマンダウエ市のモール屋上に造られている『東横イン』で、オープンは2017年2月となっている。

 この工事の様子は始めから見ているが、開業まで5年近くかかり、しかも最近でも何か欠陥があったのか外壁へ大がかりな手直しをしていた。日本の企業だから2月開業は間違いないだろうし、最近は開業案内のパンフレットが配られている。

 それによるとシングル1900ペソとあり、1ペソ2.2円と換算すると4180円となり、恐らく税金12%を入れると4700円くらいになって日本の東横インよりは安い。ツインになると2600ペソ、税込み6400円となり、ほとんど日本の東横インと値段は変わらなくなる。

 東横インは日本最大のビジネス・ホテル・チェーンだがセブの東横インにはキング・ダブル、デラックス・ツインと全体の割合は分からないが普通のホテルと同じような部屋が用意されていて、やはり観光地セブを意識したホテル作りになっている。

 これらの値段設定、高いような安いような微妙な数字で、元々フィリピンはホテルの値段が国の生活水準と比較して高いので有名で、ペンションと称するただ泊まるだけの施設でも1000ペソ以上は取られるのが普通になっているし、リゾート地区にあると貧弱な設備、内容でも1500ペソくらいは平気で取る。

 先年、ラオスに住んだ時、定期的にタイ国境の街に出て常宿するホテルがあって、その値段がペソに換算すると1200ペソくらいで、地の利も良くその町の高級な堂々としたホテルであり、部屋も東横インのデラックス・ツイン以上の広さを持つ。

 もう少し安いホテルも利用したがこちらは1000ペソ程度で、場所といい設備といい問題なく何れも朝食付きで、部屋の作りや設備もしっかりしていて、フィリピンの同程度のホテルの部屋代の高さが際立つ。

 同じ東南アジアでも観光業のGDPに占める割合が飛びぬけて高いタイは、ホテルに限れば競争もあるのだろうが、フィリピンが異常に高いと思わせる安さで、やはり観光関連業の層の厚さが値段の違いになるし、それともフィリピンは客が少ないから『ぼったくり』精神になるのであろうか。

 

【写真−3 建設中のホテル。道を挟んだ反対側にはお荷物の国際会議場】

 

 そういった高い設定の部屋代のためか、セブには続々と新しいホテルが出現している。ところが、中にはコンドミニアムとして宣伝して造りながら、どういうわけかホテルとしてオープンしているのがいくつもあって、コンドミニアムなどと偉そうに呼んでいても、実態はワン・ルームの部屋が多く、販売が思わしくなければホテルに転換できるように計画したのかも知れない。

 

 写真−3は東横インと同じ市内に建設中のホテルで、埋立地にあるため、周りはまだ殺伐とした空き地が多く、すぐそばは港に望み海は見えるもののかなり汚く、セブのリゾートのイメージで泊まったら印象は良くないのは必至。

 

 このホテルかなり大きい造りで、部屋数もかなりありそうだが、何でもホテルを作っているのはボトルに詰めた水を売って大儲けした会社らしく巷では『水ホテル』などと呼ばれている。

 この会社、やはり1990年代からボトル入りの水商売を始め、当初はミネラル・ウォーターを詰めていて、確かにセブ北部の山中からタンク・ローリーで運んでいた。爆発的に売れたのは良いが、タンクで運ぶ水の量と販売量に著しく差があり過ぎて一時インチキじゃないかと騒がれた。

 その後どうなったか分からないが、今ではバッテリー液と同じ普通の水を精製した水を詰めて売っているが、これは今やどこの製品も同じで変わらないから追及しても仕方がないが、それにしてもたかが水で写真のようなホテルが造れるとは商売とは分からないものだ。

 

 もっとも、商売にたかがなどと言ってはいけなく、上述した東横インの建つモールも元はマンゴーを加工して一代で財を成した中国系が造ったもので、この一族はマクタンにあるかなり大きいリゾート・ホテルを買収してホテル業に乗り出していて、利に敏い中国系の次なるターゲットはホテル業のようだ。

 


 

author:cebushima, category:セブ今昔物語, 17:48
-, trackbacks(0), pookmark