RSS | ATOM | SEARCH
空想旅行記2020 第2回 『伊豆七島+青ヶ島を巡る旅』 2日目=八丈島島内見物−その2 八丈島といえば流人の歴史だが新しいものもある

【二つの歴史に残る流人の墓】

 

【写真−1 正室は加賀前田家の豪姫】

 

 現代でも左遷されることを『島流し』などと表現するが、伊豆七島は北から大島、三宅島、そして八丈島がその島流しの地で、咎を受けて遠島処分を受けた人を『流人』と呼んでいた。流人は斬首など死刑の次に重い処分で、刑事犯と政治犯に分かれるが、その中で知られるのは関ヶ原の戦いで敗れ八丈島に流された『宇喜多秀家』がある。

 

 写真−1は八丈島の中心、大賀郷にある稲場墓地に葬られている秀家の墓で、秀家は備前岡山城57万石余を有する大名で、豊臣政権末期には五大老になったが関ヶ原の戦いでは西軍に加わり負けて、84歳で亡くなるまで50年間留まり続け、その子孫は今も八丈島に住んでいるという。

 

【写真−2 末裔は今も島に住む】

 

 もう一人八丈島に流された流人で有名なのは『近藤富蔵』で、富蔵の父親『重蔵』は旗本であり、間宮林蔵などと並ぶ江戸後期の蝦夷地探検で知られる人物だが、その長男に生まれた富蔵は放蕩の末に殺傷事件を起こして八丈島に流され、明治期まで53年間の流人生活を送った。

 

 その後、一度は赦免され本土に戻るが、また八丈島に戻り通算60年、83歳で亡くなるまで島に住むが、その間全69巻の『八丈実記』を記した。この本は正確性に欠けると見做されているが当時の八丈島の様子を知る文献としては貴重な資料となっている。

 

 写真−2は三根の善光寺にある富蔵の墓で、元々は他の墓地にあった物を移設していて左側の大きな石は大正時代に建立された顕彰碑で、富蔵は地域の教育に貢献するなど人望はあったようで、富蔵の墓はその右隣りの三角形の石で、他に島で娶った人の墓石がある。

 

 宇喜多秀家、近藤富蔵とその生涯を八丈島で過ごし、八丈島の土に還ったことを考えると鳥も通わぬ島といわれた八丈島には離れたくない魅力があったのかも知れず、八丈島の流人の数は1800人余とある。

 

【八丈島の古い井戸と伝統芸能】

 

【写真−3 一時は草生していたが今はしっかり整備されている】

 

 今は島でも蛇口を捻れば水が出て来るが、かつての伊豆七島は大きな川が無いために御蔵島を除いて生活に必要な水は天水か井戸に頼っていた。その井戸で大賀郷八重根港近くにある写真−3の井戸は『メットウ井戸』と呼ばれ、これは関東の多摩地域にあった『マイマイズ井戸』と同じで、カタツムリの殻と同じように渦巻状に道を付けて、その低部から垂直に井戸を掘った。

 

 深い井戸を掘るための知恵だが、八丈島のメットウの意味は島で獲れる巻貝に似ていることから名付けられ、八重根の井戸の規模は直径20m、深さは8mあり、1888(明治13)年に掘られ、水道が引かれる1953(昭和28)年まで使われ、1980(昭和55)年に東京都の文化史跡に指定。

 

【写真−4 太鼓は人類が最初に覚えた楽器といわれる】

 

 八丈島に『黄八丈』という伝統的な絹織物があり、地元では日本三大紬の一つと名乗っているが、奄美の大島紬、茨城県の結城紬は分かるものの、もう一つは産地がそれぞれ名乗っていて黄八丈もその一つになる。写真−4の太鼓を叩いている女性が着ている着物が黄八丈で、草木で黄色、黒、樺色に染めた糸を格子状に織ったのが特徴。

 

 奄美大島、八丈にしても絹織物なら蚕、繭の生産、桑畑と連想するが、そういった物は島には無いようで繭玉を輸入して、島で染めて織ったのかと思うがしっかり調べた訳ではない。なお、『八丈太鼓』と写真にあるが、その起源ははっきりせず、機織りをしていた女性が叩いたのが始まりではないかといわれる。

 

【地熱発電所と意外な歴史を持つ都立高校】

 

【写真−5 再生エネルギーとして地熱発電は良くても保守と維持が大変】

 

 伊豆七島は火山列島上にある島で、八丈島は三原山の火山活動が活発でその麓に写真−5の東京電力が造った地熱発電所があった。あったというのは1999年に稼働し2019年に閉鎖されたためで、稼働時の出力は3.3メガワット。以前には同じ敷地内に風力発電が1基あった。

 

 閉鎖の理由は良く分からないが地熱発電所は設備の劣化が激しく、また硫黄ガスを排出するために住宅の近い地域での発電は問題があったようだ。それでもオリックスが地熱発電に目を付けて同じ場所に4.4メガワットの新規発電所を作る計画を企て町当局と協定書を交わしているがその後進んでいない。

 

【写真−6 伊豆七島の主な島には都立高があるが存続に苦労している】

 

 写真−6は島内唯一の『都立八丈島高校』で、1948(昭和23)年に都立園芸高校八丈分校として開校し、1950年に都立八丈高校として独立するが、当時島内では学校誘致で村同士が張り合い、その結果1951年に『明治大学付属八丈島高校』が開学する。

 

 人口の少ない島に著名私立大学の付属高校があった歴史にも驚くが、付属であるために明治大学への進学も出来るものの、結局、この付属校は張り合った村同士が合併で八丈町になったために1955年に都立八丈高校に吸収されて消滅し、卒業生は320余名を数える。

 


 

author:cebushima, category:空想旅行記 2020, 21:55
-, -, pookmark
空想旅行記2020 第2回 『伊豆七島+青ヶ島を巡る旅』 2日目=八丈島島内見物−その1 バブルと戦争の痕跡

【かつて泊まったホテルはまだあったが】

 

【写真−1 日本で最大の廃墟ホテルというが造られたのは昭和バブルの時】

 

 1990年代半ばの夏に家人と八丈島に旅行をしていて、その時は早稲田の通りを歩いていたら小さな旅行会社にパンフレットが置いてあり、八丈島のパッケージ・ツアーが目に留まった。価格は忘れたがリゾート・ホテル3泊と船賃込みで驚くほど安くすぐに決めた。

 

 船が着岸した底土港から北に向かって海沿いに歩いて行くと、黒砂の底土海水浴場がありその反対側の原野の中に写真−1のホテルが建っている。このホテル、2006年に閉鎖されてからそのまま放棄され日本でも3本の指に入る『廃墟ホテル』として有名らしい。

 

【写真−2 部屋の広さは昨今のホテルの倍はあり泊まった時と同じ調度品】

 

 泊まった時は『プリシア・リゾート八丈』という名前であったが、開業は1968(昭和43)年、その時の名前は『八丈ロイヤル・ホテル』で、廃業時は『八丈オリエンタル・ホテル』と名前が変わった。バブル景気華やかな頃に造られ、かなり派手な設備と規模ではあったが、泊まった時は何だか安っぽい成金趣味満載のホテルで、安い値段で客寄せしていたように落剝を感じた。

 

 写真−2はある外国人カメラマンが撮った閉鎖後の客室の様子だが、この写真を見て確かに海を臨む同じ造り、レイアウトの部屋に泊まったことを思い出した。現在も取り壊されずに建物があるのは債権者同士の利害が複雑になっている為らしいが、そのまま残して『昭和バブルの負の文化遺産』としたらどうか。

 

【八丈島に残る特攻兵器『回天』の格納壕】

 

【写真−3 近くに元隊長の説明による看板が平成に立てられた】

 

 先の戦争中に八丈島は『本土決戦』に備えて、小笠原諸島と同じように日本の陸海軍兵力が置かれ島民より多かった。マッカーサー率いる連合軍はフィリピンで勝利の後、台湾を素通りして沖縄に上陸し、次に九州南部を考えていた。それと同じで硫黄島など激戦地であった南洋諸島と違い、連合軍は小笠原や伊豆七島に置かれた日本軍兵力など歯牙にもかけず、地上での戦闘は行われなかった。

 

 その時の戦跡は島内にたくさん残っていて、写真−3は底土港から廃墟ホテルと反対側の海際にある人間魚雷の『回天』を隠していた壕で、八丈島には底土と南部の末吉の二か所に回天基地が造られこちらは底土基地で一号、二号の壕があり一号壕は崩落してしまったが、二号壕は写真のように残っている。

 

 残っている二号壕は奥行き37m、幅3m、高さ3.5mあり、八丈島には8基の回天が配属されたが、敗戦によって出撃機会はなく戦後、全部が爆破処理された。写真−3の壕壁左に見える茶色い物体はその時に飛び散った回天の破片が突き刺さった物で、生々しく戦争を今に伝える。

 

【写真−4 こういう兵器を作った日本軍は合理的に戦争の出来ない証拠】

 

 写真−4はハワイに現存する回天で、回天は直径1m、長14.75mの1人乗り、船首に1550キロの爆薬を詰め30ノット(55キロ)の高速で水中で敵艦に体当たりする特攻兵器であったが、自走出来ず潜水艦に搭載されて敵艦近くで発進するために、その潜水艦が攻撃を受けて撃沈されること多く、勇ましい部隊ではあったが、戦果はそれほど捗々しくなかった。

 

 戦後の記録では訓練を受けた搭乗員は1400人余、内訓練中の死亡事故などを含めて戦死者は140人余の1割程度となり、同じ海軍の空からの特攻機と比べると戦死率は低いが、どちらにしても追い詰められたとはいえ、必ず死ぬ作戦を正面切って展開したことは日本軍の汚点であったことは間違いない。

 

【日本海軍が造った八丈島飛行場】

 

【写真−5 離着陸は海から出入りするから簡単そうだが欠航は多い】

 

 八丈島はかつて『東洋のハワイ』として売り出し、一時は相当な観光客を集めその多くは飛行機利用で日本の各地から直行便が就航していた。ところが、沖縄が日本に返還され観光地として注目されてからは、八丈島の地盤沈下が始まり、今は往年の勢いは失っている。

 

 写真−5は『八丈島飛行場』で、左の八丈富士と右の三原山に挟まれた平地に造られた滑走路のために離着陸の難しい空港に数えられている。八丈空港は1927(昭和2)年に日本海軍が800mの飛行場を造ったのが始まりで、戦後に地元の実業家によって400m延長し村営となったが、東京都の管轄となり現在の滑走路は2000mまで伸びた。

 

【写真−6 鉄道の地方赤字路線のような存在か】

 

 写真−6は搭乗口の様子で、この規模の飛行場だとタラップを使って搭乗するのが当たり前だが、立派なボーディング・ブリッジを備えている。現在全日空が独占して羽田−八丈島間を55分間で毎日3往復飛ばしているが、最盛期には日本の他の空港からの直行便があった。

 

 写真でも分かるように、伊豆七島にある飛行場の中では唯一ジェット機が離発着出来る飛行場で、羽田−八丈島の運賃は安いチケットだと往復2万円半ばだが、羽田−沖縄間も同じかそれ以下で買えるので競争するには少々苦しい。


 

author:cebushima, category:空想旅行記 2020, 19:23
-, -, pookmark
空想旅行記2020 第2回 『伊豆七島+青ヶ島を巡る旅』 2日目=三宅島⇒御蔵島⇒八丈島

【竹芝桟橋からの航路と深夜の航行】

 

【写真−1 東海汽船の航路は正確には伊豆八島】

 

 東海汽船の伊豆七島航路は大きく2つに分かれていると先述したが、写真−1はその航路図で、往航は東京・竹芝から伸びる赤い線の八丈島行きを利用し、三宅島、御蔵島経由で八丈島に上陸する。八丈島滞在後に青ヶ島へ行き、また八丈島に戻って復航便で御蔵島と三宅島に次々に渡り、三宅島から東京・竹芝へ戻ることにしている。

 

 東京・竹芝へ戻ってから、図にある赤い線の左側航路に乗船し、この航路は大島−利島−新島−式根島−神津島の順に寄港して行くが、この旅では最初に神津島を目指し、その後順次各島に上陸し、最後は大島から竹芝へ戻ることにする。

 

 その他の記されている航路や寄港先は常時運航していなくて予定には考えていないが、状況次第では利用するかも知れないし、特に緑の線の下田から出ている東海汽船と関係の深い『神新汽船』は利島−新島−式根島−神津島を結び下田に戻る航路なので、場合によっては利用したい。なお、東海汽船には高速ジェット船が就航していて一晩かかる竹芝−大島間をわずか1時間45分で結んでいるが、移動するだけの速い船旅はもったいない。

 

【写真−2 遠目には伊豆大島と似た感じ】

 

 東京湾内は速度制限があるために『橘丸』はゆっくり航行するが、観音崎を過ぎて湾口を出た辺りから眠りについた床越しに伝わっていたエンジン音が高まった。眠らずに深夜の海を眺めていれば通過する島々を右舷に見ながら一路南下を続け、翌早朝写真−2の三宅島が近づいた。

 

 三宅島の中心には『雄山』があり、海上から見る姿は優しい山稜を感じるが、活発な活火山であり1983年、2000年と大規模な噴火を起こした。このため元々814mあった標高は火口の陥没により775mになり、2000年の大噴火では全島民避難となり、避難が解除されたのは2005年であった。

 

【早朝の三宅島と御蔵島に寄港】

 

【写真−3 今は食用にすることはないだろうがそういう時代もあった】

 

 『橘丸』は朝5時過ぎに三宅島の阿古港に着岸するが、写真−3は海面に乱舞する『オオミズナギドリ』で、三宅島、御蔵島には多く生息している。昔、何かの本で伊豆諸島では年に一度巣立ち前の雛を捕まえて、皮から油を搾り、肉を塩漬、骨と内臓を塩辛にして蛋白源として食べたという所を読んで島への興味を持ったことを思い出した。

 

 三宅島には高校生の頃に同級生と行っていて、その頃は噴火がどうのこうのという時期ではなく島内の浜辺でキャンプをし、火口近くに池があってそこまで歩いて行ったが道が分からず引き返した記憶がある。三宅島には着岸したと思ったらすぐに出航して次の御蔵島に向かう。

 

【写真−4 かつての秘島に本船が毎日寄港するとは便利な時代になった】

 

 三宅島から御蔵島までは直線で10数キロしか離れていなくて1時間もかからない。御蔵島は写真−4のようにお椀を伏せたような島と形容されるが、数百メートルの高さを超える断崖が島を取り巻く。

 

 かつては伊豆七島の中では最も渡ることの難しい島で、高校生の時に行くことを考えたが三宅島から小さな船で渡るしかなく諦めたが、今は『橘丸』が定期的に寄港するようになりかなり行き易くなった。

 

【鳥も通わぬ島といわれた島だが今は寝ている間に到着】

 

【写真−5 いかに平地の少ない島か崖の上に建つ家々の様子で分かる】

 

 写真−5は御蔵島の港で、港湾施設というにはかなり貧弱だが、これでも大型船が接岸出来るようになっている。この写真を見て分かるように港からいきなり急坂になっていて、それも崖を切り崩して造成しているため、島の生活は大変な所と分かる。

 

 大型船が定期的に寄港すると書いたが、御蔵島近海は海が荒れる海域でもあり、比較的海が収まる夏季でも接岸出来るのは8割程度、つまり毎日寄港でも週1回程度の割合で欠航は避けられず、冬季になると3割程度に落ち上陸出来れば幸運な方という具合だから、やはり簡単に行ける島ではない。

 

【写真−6 来る都度に港湾の整備がされているのが分かる】

 

 御蔵島に寄港した後『橘丸』は黒潮の流れる濃紺の海原を南下し、3時間ほどで写真−6の八丈島東岸の底土港に近づく。八丈島には2度上陸しているが、何れもこの港に接岸していて、最初に行った時は年末年始の海の荒れる時であったので、底土港と反対側にある八重根港になるかも知れず気を揉んだ。

 

 八丈島は山手線の内側の面積に近い瓢箪型の形をしていて、それぞれの中央には活火山を持ち、北側の山を西山と呼び、南側の山を東山と呼んでいる。写真に見える山は西山でその形状から『八丈富士』と称され標高は854mあり、15世紀から17世紀にかけて活発な噴火活動の記録が残る。

 


 

author:cebushima, category:空想旅行記 2020, 19:12
-, -, pookmark