RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン・よもやま帖 2020 その−(8) 6月1日から規制が緩められたフィリピンだが元の木阿弥になりそう 『在外邦人は棄民なのか−10万円支給を求める』

 前回その−(7)で書いた時点、4月15日現在のフィリピン国内の新型コロナ・ウィルス感染者数は5500人、死者は350人であったが、それから1ヶ月半を過ぎた6月2日には感染者18997人、死亡者966人となった。

 

【写真−1 こういう光景は2ヶ月間消えていたがまた元の木阿弥】

 

 一方、日本はその−(7)では感染者数16000人であったが17057人に、死者数が713人から903人と右肩上がりは変わらないが、フィリピン程も激増はしていず、ついにフィリピンが日本を追い超してしまった。

 

 フィリピンはその−(7)から感染者で4倍近く、死亡者は3倍近くに増えていて、その増加も一向に衰える様子はない中、政府は今までの規制を緩める措置を6月1日に出した。

 

 フィリピンは3月半ばに首都圏とルソン島を封鎖する戒厳令以上に厳しい措置を取り、その時点では評価はされ、セブなど他の地域でも自治体が追随し次々と封鎖措置を取った。

 

 この封鎖も段階があって、一番厳しいのは『防疫強化地域=ECQ』で、20歳以下、60歳以上者の外出禁止、医療従事者など許可された人間だけが移動可能で、軽量鉄道やバス、ジプニーなど交通機関も停止、営業も薬局や食料品店を除いて止められた。

 その他夜間外出禁止もあり、交通渋滞で知られるマニラ首都圏の道路からは車が消えたために排気ガスは激減して、夜空に星が見えたとニュースになるくらいで、マニラ湾は産業、生活用水の流入が少なくなって澄み、公害問題を改めて考えさせる契機ともなった。

 

 セブも封鎖されて、マニラ同様車の姿は消し、拙宅そばの渋滞道路など車が通る事さえ稀になり排気ガスは激減、その間ずいぶん青空の澄んだ日が続き、空を仰ぎ見てはこの青空が続いてくれと願ったものである。

 

 セブは海のリゾートで公害には無縁のイメージは高いが、海と大気の汚染は酷く、1990年代にセブ市街を見下ろす高台から、街全体を覆うスモッグの塊を見た時は驚いたものだが、あれから悪くなることはあっても良くなることはなく、そういう汚染都市に知らずに来る観光客も気の毒。

 

【写真−2 モール好きのフィリピン人には封鎖は痛い】

 

 先述の一番厳しい『防疫強化地域=ECQ』から6月1日に緩められた措置は『一般防疫地域=GCQ』といわれるもので、外出は自由になったが20歳以下、60歳以上は変わらず不可だが、仕事によっては認められている。

 

 交通機関も鉄道、バス、タクシー、トライシクルなどを認めているが乗車人数は大幅に制限を受け、重要な足であるジプニーは乗客同士の接触が著しいため、一部の車種を除いて運行不可となっている。

 

 乗り物の乗車制限で、首都圏を走る軽量鉄道など従来の20%程度を見込み、乗車制限を設けているが、普段でさえ日常的に改札制限をしている駅では乗れない乗客が殺到し逆効果となっている。

 

 こういった施策をする連中は運転手付きの自家用車で制限なく通っているから、鉄道やバスなどを使わざるを得ない層に対しては、綺麗ごとをいうだけで何にも打開策は示せないし、出す気もなく、もっといけないのはそれに従う飼い慣らされてしまった人々か。

 

 セブ市やマンダウエ市も一時は国内唯一の『修正防疫強化地域=MECQ』として残されるはずであったが、どういう経緯か分からないがマニラ首都圏などと同じGCQ措置となるものの、感染者数増加の勢いは止まっていない。

 

 こういった防疫体制の緩和は人間の命を守るというより、落ち込んでしまった経済を動かすために見切り発車した訳で、これはフィリピンに限らずどこの国でも同じである。

 

 日本では夜の町を待ちきれなくて繰り出す人が激増しているが、人間の生活には『不要不急』が必要であることが分かるし、また無駄なことも生きることには必要で、効率ばかりで動く現代社会の盲点をも突いた。

 

【写真−3 封鎖措置はファストフード好きのフィリピン人に大打撃】

 

 飲食店などはまだ制限がかかっていて、思えば3月半ばから小生は外食に出かけていないが、この期間はデリバリー・サービスが盛んになって拙宅前の小路でもその手のオートバイは行き来するが、何を注文しているかと見ればタダでも食べたくないハンバーガー・チェーンの品物。

 

 世間はデリバリー・サービスの新しい時代などと持ち上げる向きはあるが、所詮は昔からある『出前』であって、それに手数料を上乗せした商売であり、人の褌で金を稼いでいる感が強く、有望なビジネスなどと持ち上げるのはどうかと思う。

 

 小生など、デリバリーに携わる人を貶める気は毛頭ないが、人と人の間を泳ぐ形体から、感染を広めているような気がしてとても利用する気はないし、何よりも出前を頼んでまで食べたい物はセブにはないから論外になる。

 

 経済の落ち込みについて、どこの国もマイナス成長が予測されているが、最近民間調査機関によってフィリピンの今年度の成長率はマイナス7%という驚くべき数字が出ている。

 

 フィリピンの近年の経済成長率はアセアン諸国でも抜きん出ていて、このところ7%台の成長率を記録していたから、前年より14%も落ち込む勘定になり、フィリピンがマイナス成長を記録したのは1998年のマイナス0.6%以来という。

 

 1998年のフィリピンは13代大統領にエストラダが当選、就任した年で映画の中の悪役をやっつけるエストラダの俳優イメージで投票した選挙民もどうかと思うが、話題性はあっても大統領としては近年にない不作。

 

 エストラダは2000年に汚職のために議会から弾劾を受け退陣するが、後を引き継いだのが副大統領であったアロヨで、このアロヨからエストラダは汚職で逮捕され有罪判決を受けるが2007年に恩赦を受ける。

 

 ここでフィリピン的なのはそのアロヨも次のアキノ政権から汚職で逮捕、勾留され裁判にかけられるが、当人はルソン島中部の親代々の地盤から下院議員に出て当選し、大統領を辞めた人物が議員になったと話題になったが、その後下院議長にもなっているからフィリピンの政治は不可思議である。

 

 エストラダもしぶとく、恩赦後の2010年大統領選に出て次点となったが、選挙に出られること事態驚異ながら、そんなものはお構いなしで、2013年にはマニラ市の市長選に出て現職を破って当選し、2016年に再選、2019年に3選を狙ったが、副市長に敗れ運は尽きた。

 

 エストラダ既に83歳。平均寿命の短いフィリピンではかなりの高齢者だが、権力の旨味を吸った連中は死ぬまでその座にしがみ付くようで、見苦しくこれは国を問わず共通で、日本の無様な安倍も同様で辞めないのが不思議である。

 

 話は脱線したが、せっかく人間らしい環境が新型コロナ・ウィルスによって作られたが、標題に書いたように『元の木阿弥』になるようで、車やオートバイの吐き出す騒音がまた元の様に戻っている。

 


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2020, 19:09
-, -, pookmark
フィリピン・よもやま帖 2020 その−(7) 5月半ばのフィリピンの新型コロナ・ウィルス状況 『在外邦人は棄民なのか−10万円支給を求める』

 4月15日現在のフィリピン国内の新型コロナ・ウィルス感染者数は5500人、死者は350人と書いたが、それからちょうど一ヶ月目の5月15日の感染者数を見ると、感染者数12000人、死者は800人となっている。

【写真−1 これは平時の搭乗風景だがこうして臨時便は飛んだのであろう】

 この数字から一ヶ月間で感染者数、死者共にその伸び方は2倍程度と分かり、爆発的感染が予測された中で、フィリピンは押さえ込んでいる感じはしなくもない。

 一方、日本の一ヶ月前は感染者数8500人から16000人と、こちらも2倍だが、死者数が180人から713人と4倍近くの伸びで、死者総数ではフィリピンは多くても2倍しか伸びず、医療体制の整っているとされる日本のこの数字は解せない。

 

 

 日本は、5月14日付けで39の県に対して緊急事態宣言を解除したが、根拠は曖昧でフィリピンと比べると拙速、解除してまた感染が再燃したらどうするつもりなのか全く分からず、原稿を読むだけの安倍も政府も対策を放り出した感が強い。

 これまで日本は『自粛』などと緩い規制で対処していたが、フィリピンは3月半ばから戒厳令並みかそれ以上に厳しい防疫措置が取られていて、中でも外出禁止は徹底し、違反すると拘束される。

 それでもフラフラと出歩く者はたくさんいて、毎日各地で何百人が捕まってその累計が万人を超えたなどとの報道は初期には盛んにされたが、今やニュースとして当たり前過ぎてニュースに取り上げられなくなった。

 そういった中、5月12日、マクタン・セブ国際空港から日本人116人を乗せた日本行きの特別便が出発し、ニュースではセブに足止めされていた旅行者が乗ったとあった。

 日付ははっきり覚えていないが、セブに足止めされていた語学を学びに来た人や観光客は既に3月から4月にかけて臨時運航された特別便で日本へ帰っていて、この116人というのはどう見ても旅行者という範疇には入らない。

 範疇に入らないというのはこの2ヶ月以上日本とセブを結ぶ国際便は全く飛んでいなくて、マニラ経由でも国内便はおろか船便もなく陸の孤島と化しているセブに観光客が入って来ることはあり得ないし、ヴィザそのものも無効化されている。

 

 ニュースで流された『セブに足止めされた観光客』という括り方がおかしいので、この臨時便で日本へ向かった日本人は一体どういう人々なのか興味を持った。

【写真−2 平時のフィリピンの結婚式光景だが今は禁止】

 邦人保護を第一義とする公館としては当たり前だが、在フィリピン日本大使館は新型コロナ・ウィルス情報を定期的に流し、その中に帰国希望の日本人のための案内が時々出ていて、5月12日のセブ発臨時便も案内がされていた。

 運航会社はフィリピン航空で、その運賃は10万円を超え通常であったら往復で7万円程度だからかなり高く、片道のチャーター便、乗客数も半分程度ということを考えるとそういう値段設定になるようだが、フィリピン航空は足元を見ている感は強い。

 その臨時便が飛び立った後に、フィリピンから帰国した親子が新型コロナ・ウィルスに罹患していたというニュースが流れ、すぐにセブから帰国した親子ではないかと思ったが、プライバシー問題から詳しくは伝わって来ない。

 セブから日本へ行く航空便は全く閉ざされているが、マニラ−日本間は日本航空と全日空が細々と飛ばしていて、この親子はマニラ便に乗っていたのかも知れず、詮索するのも下種過ぎるからこれで止める。

 日本では国民一人一人に10万円を支給することになり、既に支給を受けている地域もあるらしいが、手続きをする自治体窓口には大勢が押し寄せて混乱の極みで、三密といわれる防疫方法も有名無実になっている。

 この10万円支給は住民登録をしていれば外国人にも支給されるから、頭の固い日本の役人にしては良くぞ決断したと思うが、一方、小生の様に海外に住む邦人については全く考慮どころか完全に放置、無視されている。


【写真−3 パーティー好きのフィリピンも完全に禁止でこれはかつての光景】

 支給基準が日本での住民登録になっていて、海外に三ヶ月以上その地に住む場合、管轄する日本の公館に『在留届』を出すのが義務付けられ、その届を出すには日本の住民登録を抜く必要があって二重には登録出来ない仕組みになっている。

 この在留届、出さなくても罰則はないから日本に住民票を置いたままで、海外に長期間住む日本人も多く、日本の外務省によると海外に住む日本人は130万人といい、これは在留届の出ている邦人数で実数はかなり膨らむ。

 住民票と在留届の関係の矛盾の中で、在外邦人は投票権を持ち国政選挙に投票出来、これは『在外選挙制度』によるもので、日本の様に黙っていても投票出来る年齢になれば住民票のある自治体から自動的に案内が来るのとは違い、在外公館に足を運んで登録しないと選挙権は得られない。

 日本国内では選挙権は住民票がないと得られないが、そうなると住民票のない在外邦人が海外で選挙権を持っているのはどうもおかしいことになるが、そういった点は何らかの法解釈が成されて問題はないようにされているのであろうか。

 話を戻すが、10万円支給は在留届を基本に海外でも支給することは可能と思われ、どうしてその動きがないのが不思議で、議員によっては在外邦人にも支給するようにと動いているが声は小さい。

 声が小さいのは在外邦人に便宜を計っても選挙の票にならないと思っているからで、選挙の票になる学生には新たに別途支給する動きが決まりそうで、そういった動きを見ていると在外邦人は『棄民』同様ではないか。

 海外に住んでいても新型コロナ・ウィルスによって生活に打撃を受けている日本人はたくさんいるだろうし、滞在国によっては外人でもその国の支援が受けられている例もあるが多くはない。

 

 検察官の定年延長法案問題で反対意見は多く挙がっているが、在外邦人への支援にも大きな声が挙がって欲しいと思いながら、既に拙宅のゲートから2ヶ月以上も出ていない日々に耐えている。

 


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2020, 19:20
-, -, pookmark
フィリピン・よもやま帖 2020 その−(6) 4月半ばのフィリピンの新型コロナ・ウィルス状況

 フィリピン保健省によると、フィリピン国内の感染者数は4月15日現在で5500人に達し、死者は350人となっている。

【写真−1 開封されているのは送る時に中味を調べるためで密輸が多い】

 一方、日本は感染者8500人を超え、死者は180人となっていて、一週間くらい前はフィリピンの方が感染者数は多かったのに、アッというまに日本がフィリピンを追い越してしまった。

 ただし、死者率で比較するとフィリピンは6%台、日本は2%台で、やはり医療体制がフィリピンより充実している日本は何とか重症化を食い止めている感じはする。

 

 写真−1は日本に国際宅配便で書類を送る必要があり、その営業所内で写したものだが、手前の箱には『Face Mask』と記され、写真の向こう側にも一箱あり計3箱。

 

 撮影日時はコロナ・ウィルス騒ぎが世界的な問題になって来た時期の1月末で、マスク不足が騒がれていた時期で、フィリピンでマスクを買い占めた輩が一儲けしようと韓国あるいは中国へ宅配便で送ろうとしているのではないかと想像している。

 

 それにしても箱に書かれた番号が通し189とあり、そんな大量に動かしてどうなるのかと思うが、この時期はマスク不足で韓国、中国、そして日本が大騒ぎしていたから何か関係があるのであろう。


 日本で爆発的感染が起きてしまっているのは、安倍のような無知、無能な首相を抱いていることと関係があり、政府はやることなすこと後手後手、トンチンカンな対応に終始している。

 

 そのいい例が布製マスクを一世帯に2枚配る施策で、本人は真面目に国会の討議の場でその布のマスクを着けているが、医学的効果は別にしてどう見ても顔に似合っていなくて、何よりも他の閣僚が誰も着けていないから相当ダサイ代物と分かる。

 

 こんな物に600億円近い巨費を投じるより、経済的打撃を受けている層に現金を配った方がよほど有効と思えるが、安倍は頑なで一体どういう頭か、そして安倍に入れ知恵をしている取り巻き連中の頭の中味まで酷評されている。

 

 これ以外の政府による給付や支援策も議論ばかりで決まらず、決まっても5月に入ってからだとか手続きが煩雑だとか、何よりスピード感がなくて不評で、緻密であったとされる日本の役人体質が足枷になっている。

 フィリピンの場合、ドゥテルテ大統領が早々と首都圏、ルソン島全域を封鎖し、しかも戒厳令より厳しい措置を取ったために感染を防いでいるとの見方が強く、安倍のように躊躇していたら現在の何倍もの感染者が出たのは確かである。

 安倍の場合、ウィルス感染による人命よりも経済優先が頭にあったために、判断が遅れたと指摘されているが、感染爆発しているのに昼行燈のように『緊急事態宣言』を出しても後の祭りである。

 しかも、この宣言には不要不急の外出自粛と謳って全く強制力はなく、宣言など出ても、駅や街の通りなどから出歩く人は減ったが、それでもフィリピンや欧米諸国の街の様子と比べると、日本は普通に出歩いている人が異常に多いことに驚かされる。

 セブも知事によって非常事態宣言が早々と出て封鎖され、夜間外出禁止は勿論、学生などの若年層と65歳以上は昼間も外出禁止、食料などの買い物のために一世帯に一枚の外出許可証を出して不用不急の移動を禁じ、違反をしたら拘束される。

 

【写真−2 失業者は急増したが元々失業者の多い国で打たれ強い】

 

 そのために人の集まるショッピング・モールも閉鎖、市中のレストランも閉鎖措置の追い込まれ、写真−2はセブ市郊外でコロナ・ウィルス騒ぎ以前にとある喫茶店で写したものだが、このように人っ子一人いない状態が続いている。


 また、首都圏では軽量鉄道の運行停止、ジプニー、タクシーなどの交通機関も走ることを禁じられ、人の移動はかなり減って交通渋滞で知られる首都圏の幹線道路から車が消えて、排気ガスがなくなり大気汚染が解消されマニラでは星が見えるようになったという。

 

 セブでも宣言が出てから好天が続き、その青空が抜けるような青色で広がり、かつてのセブの青空はこうだったなと、文字通り晴れ晴れした気分で空を仰ぎ見、このまま続いてくれと思う程である。

 

 この措置による長い期間に渡る閉塞生活はフィリピン人も退屈するらしく、違反承知で出歩く者が続出し、全国で拘束されたのが10万人以上に挙がり、警察署の空き地に相互の距離を取って座らせられている違反者の姿には笑わされる。

 ちょうど、4月初めにはカトリック教徒にはクリスマスと並んで重要な行事の『聖週間』があり、この前後には気も緩むために、セブの知事などヒステリックに『海へ遊びに行くな』とマスコミを通じて叫んでいたが、逆にそれだけ行く連中が多かった証拠でもある。

 

 感染を防ぐには人の接触、移動を避ければ良いことで、それもウィルスの潜伏期間の2週間から3週間をやり過ごせば感染は理論上防げるから、最低限の生活に必要な部分を残して活動を止めてしまえばこんな中国発祥のウィルスなど撃退できると思うが、そうは行かないのが世の常。

 

 拙宅の2階から自動車道路が見え、以前は地獄的な渋滞で車が団子状態であったが、宣言が出てからはパッタリ車が消え、歩道上にも人の姿は見えず、ゴーストタウンのようになった。

 

 毎夜12時頃に窓から見ると、やはり人の姿は消え、時々オートバイや車が通り過ぎるだけでこのまま閉鎖が貫徹できればコロナ・ウィルスの封じ込めは出来るのではないかと思わせるが、最近、気が緩んだのかオートバイや車が通るのが目立つようになったし、昼間は人もチラホラ歩いているのを見かける。

 

 フィリピン政府は5月上旬まで延長する様子で、その影響は経済活動が止まっていることで分かるが、まだ日本と違って経済を優先する考えは薄く、貧困層に米を配ったりと貧しいながらも対策は次々と打っていて、この点で日本の対策はスピードがないのが分かる。

 

【写真−3 こういうささやかな楽しみもウィルス騒ぎは一蹴した】

 

 『明けない夜はない』という言葉があるように、コロナ・ウィルス騒ぎもいつかは収束するだろうが、疫学者の中には全員が感染して免疫が出来るまでは、この戦いは何年も続くと予測している。

 

 その意味では日本はオリンピック大事で対策をわざと怠り、1年延長という政治的判断をしたが、このままでは1年先まで収束するなど誰も見通せず、金と政治の汚濁に塗れたオリンピックどころではないとなるのではないか。

 

 写真−3はセブ島北部の町にある野天の飲食場所で、レストランも娯楽も少ない田舎ではこういう場所が町民の楽しみの場所で、夜になると肉や魚を炭火で焼く屋台が並び、思い思いの場所で食事をしながら時を過ごすが、コロナ・ウィルス騒ぎ以降はどうなっているのか分からない。

 

 こういうささやかな楽しみを奪った中国発のコロナ・ウィルス騒ぎで、中国は国内では感染を食い止めたと豪語し、汚名挽回のために感染国に物資や医療団を送りさも善人面を装っているが、さすがにそれは厚かましいと批判が殺到している。

 

 しかし、そういう批判にめげないのが一党独裁の中国という国であり、正に中華を体現しているが、一方のアメリカも感染者数は中国を越してしまいどうなっているのかと思うが、トランプが初期の段階でコロナ・ウィルスなど取るに足らないと述べていたことが感染爆発を起こしたのは間違いない。

 

 こういった事実から、独裁体制の方が民主主義より効果があったと見て、もっと強制力を持たした法律の運用をするべきとの声は高いが、何だか『挙国一致』と叫んでいた戦前のあの時代を思い出す。

 

 それにしても誰かが言っていたが『竹槍でコロナ・ウィルスに立ち向かっている』現状は、いくらITだAIだと科学の進歩を誇っても人類の生命の危機にはなすすべがないことを教えてくれた。

 


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2020, 20:28
-, -, pookmark