RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン・よもやま帖 2020 その−(10) あれよあれよと10万人を超えてしまったフィリピンの新型コロナ感染者−『在外邦人は棄民か−10万円を支給せよ』

 数字は目まぐるしく変わる中、6月初めのフィリピン国内の新型コロナ感染者数は16997人、死者は966人であった。

【写真−1 セブ市の中心地だがこの賑わいはコロナ禍では失せている】

 それから2ヶ月経った8月2日の感染者数は104185人、死者数2059人と感染者数で6倍以上、死者数では2倍余となり、3月半ば以来『戒厳令』並みの強硬な防疫措置を講じても、押さえ込むことに成功はしていない。

 日本も1日1000人以上の感染者を数え、特に東京都など連日200〜400人以上の大量感染者を出し大騒ぎをしているが、それでも8月2日現在で日本の感染者数39326人、死者1013人でフィリピンと比べると数字は小さい。

 いつからだかはっきり覚えていないが、世界中で新型コロナ感染が騒がれていた時期、フィリピンは日本の感染者数をかなり下回っている時期が続いていたが、いつの間にか逆転をしてしまい、日本の防疫に成功したとは思えない中、フィリピンの数字が際立つ。

 東南アジア地域ではインドネシアが1番感染者が多く、次にフィリピンが続いているが、その数字を仔細に見るとインドネシアの8月2日現在の感染者数は111455人、死者5236人となっていて、フィリピンの同日の感染者数104185人より少し上回っている。

 

 しかし、1日当たりの感染者数を見るとインドネシアは1519人、フィリピンは5032人と明らかにフィリピンは激増しているのが分かり、このままフィリピンの感染者数1日5000人が続くとフィリピンは数日でインドネシアを追い超し、東南アジアで最悪の感染国になるのは火を見るより明らかである。

 ただし、死者数で比較するとインドネシアは5236人と、フィリピンの死者数2059人の倍以上死者を生じていて、医療体制なのか治療法の違いなのか分からないが、少しは気休めながら安心出来る感じはする。

 この死者数を『致死率』という数字で見ると、新型コロナ発生国の中国が5.34%、日本3.0%で、インドネシア4.76%、フィリピン2.30%となり、インドネシアの死者数は多いことが数字で裏付けられる。

 フィリピンが日本より数字が低かった時に、小生など何れフィリピンは日本を追い超すと思っていたが、実際その通りになり、これは日本型の防疫が成功、フィリピン型は失敗している証明というには少々苦しい。

 

 フィリピンは防疫体制を段階的に定めて、地域ごとに適用しているがその防疫体制の区別が分かり難く、一番措置のきついのが防疫強化地域(ECQ)、次に規制が緩められる一般防疫地域(MGQ)、その次に修正一般的防疫地域(MGCQ)、一般防疫地域(GCQ)の4段階になっている。

 これらの違いはどこがどうなっているのか分からないのが実感で、多くのフィリピン国民も戸惑い、3月半ばからフィリピンは上述の強制的な防疫措置が取られ既に4ヶ月半経って、国民の間には慣れや緩みが出ているのが事実で、日本も同じでこれが感染を防げない主因にもなっている。

 フィリピンの防疫措置は冒頭の方で『戒厳令』並みと書いたように、日本の様な『自粛』といった生温いものではなく、交通、営業活動全てに渡って強制的に止められ、経済活動云々など歯牙にもかけない規制である。

 個人に対しても医療関係など許可を得た者以外は外出禁止で、夜間は厳しく外出禁止、特に20歳未満、学生、60歳以上の者は防疫措置のレベルに関わりなく外出禁止状態が続いている。


【写真−2 フィリピン人の大好きなショッピング・モールも一部営業のみ】

 そうなると、抜け穴を通るのがフィリピン人で、連日違反で大量に逮捕されていて、大統領自身が外出禁止に違反する者は射殺しても構わないと言い出す始末。

 ただし、聞いた話では捕まっても初犯の場合、腕立て伏せをやらされて放免するらしく、取り締まる方も真剣に考えていないようだが、再犯すると拘束、罰金を科せられるものの軍や警察を動員しても本当に抑止効果はあるのかどうかは疑問。

 その意味で、一時は絶望的な感染を示していた中国・武漢の収束具合から、中国の全体主義から来る有無をいわせない対策の方が、民主国家を標榜する国よりコロナ対策には効果があると見る向きもあるが、まだその判断は時期尚早であろうし、全体国家の肩を持つ気には毛頭ならない。

 フィリピンの防疫措置の判断は2週間ごとに出されるが、セブ市は爆発感染地域なのに自治体の対策がなっていないと、中央から対策チームが送り込まれ国内唯一の防疫強化地域(ECQ)となった。

 その2週間後に中央政府の介入効果があったとは思えないが、セブはマニラ首都圏などと同じ、一段規制の緩む一般防疫地域(MGQ)となり、7月末を迎えた。

 セブは更に規制が緩められ一般防疫地域(GCQ)となったが、セブ市の感染者数は7月末現在感染者数8966人で、日毎の感染者数は減らずどう見ても規制が緩められる状況ではないが、そういう判断となった。


 マニラ首都圏や近隣州も一般防疫地域(GCQ)となったが、8月3日になって朝令暮改を地で行く、マニラ首都圏と近隣州は修正一般的防疫地域(MGCQ)に逆戻りしてしまった。

 

 マニラ首都圏と近隣州はフィリピンの経済中心地で、近隣州などは日本の製造工場がかなり進出していて、そのため経済界から措置を緩めるよう圧力がかかっていたが、やはり現実の感染者増には勝てなく規制が強まった。

 

 ちなみに、セブに隣接するマンダウエ市は7月30日現在の感染者数は1780人で、これはセブ島全体に感染者が激増している傾向を示していて、収束に向かっていないのが分かる。

 

 セブ島北端の町に小屋があって、コロナ禍の前は時々訪れていて、セブ市の感染が爆発している中、田舎の方ならまだ安全ではないかと一時的に避難することを考えたこともあったが、車で移動することは禁止され諦めている。

 

 そのどう見てもコロナとは遠い町でも最新のニュースでは、7月末までの感染者数は36人、死者1人を生じているから、フィリピン中の都会、田舎を問わずコロナ・ウィルスから逃れられないのが分かる。

 

 この町は人口7万人程度だからまだ感染者は少ないのかも知れないが、最新の感染者内訳を見ると、14人中、10歳未満3人、10代6人、20代から60代まで各1人となっていて、感染が世代に関わらず広く及ぼしているのが分かる。

 

 これは感染の出ている市や町も同じ様な状況と思われるが、このセブの北端の町の病院はあることにはあるが、とてもコロナに対処出来る病院とは思えず、感染を押さえるのは難しく、それでも感染発生が町の中央に片寄っていることが救いといえば救い。

 

 日本全体が感染より経済活動に重心が傾き、『GO TO』などと具にもつかないキャンペーンを始めてしまった中、フィリピンの様になってしまうのは時間の問題で、人間の命か経済かと二者択一を迫る日本の世論の流れは危険である。

 


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2020, 19:45
-, -, pookmark
フィリピン・よもやま帖 2020 その−(9) セブ市は新型コロナ爆発感染で国内唯一の防疫強化地域となった−『在外邦人は棄民か−10万円を支給せよ』

 前々回その−(7)では、4月15日現在のフィリピン国内の新型コロナ・ウィルス感染者数は5500人、死者は350人、6月2日には感染者18997人、死亡者966人と書いた。

 

【写真−1 コロナ禍前のセブの台所カルボンにて】

 

 それが、2週間後の6月16日にはフィリピンの感染者数26781人、死者1103人と勢いは止まらず、その中でセブ市は国内最多の3613人を記録し、1日当たりの感染者数が200人から300人に達し、東京の1日の感染者数が20人台だ、30人台と騒いでいるのとは次元が違う。

 

 そのため、フィリピン政府は6月15日をもって全土に布いている防疫措置の見直しをし、マニラ首都圏以下は従来通りの防疫措置継続となったが、セブ市だけは従来の防疫措置から一段階戻った最も重い防疫地域となった。

 

 

 フィリピン政府の防疫措置は何段階にも分かれていて、また自治体が独自に防疫措置をバラバラに出していて分かり難く、この点では日本の様に防疫措置を各自治体の裁量に任せた方が良いが、フィリピンは州、市、町との間の縄張り意識と人口、経済の格差は大き過ぎて、国が手綱を握っていた方が良いのであろう。

 

 セブ市が国内最多の感染地域となった原因だが、これはセブ市だけの問題だけではなく過密な住環境から来るもので、狭い敷地に隣との間隔を取らずに家を建てるのが普通で、建蔽率云々などあるのかないのか聞いたことがない。

 

 セブ市の防疫体制がどうなっているのか良く伝わって来ないが、フィリピンは市や町の下に『バランガイ』という行政組織があって、そのバランガイ毎に感染者数が発表されているが、感染者数の多いバランガイはやはり密集地域で、構造的に防げないことが分かる。

 

 その小さな家に三世代は勿論、親戚など縁故関係の人間が多く住むため過密の上に過密が重なり、感染が瞬く間に広がるが、日本と違ってそういう血縁による繋がりはかなり強く、どこの家でも1人や2人日本でいう居候は居て当たり前になっている。

 

【写真−2 日本で売っているバナナは不味過ぎて高くて日本人は不幸】

 

 また、地方では就職口がなくて職を求めて都市部に移動するが、これはどこの国でも共通していてフィリピンだけの問題ではないが、フィリピンの場合、1人が都市で働き出すとそれを頼って出身地から人がやって来て、そういった人間は同居をし、それが膨れてやはり密な状態になり感染が拡がる。

 

 シンガポールは新型コロナを抑え込んだと初期の段階では称賛されたが、今や東南アジアで最多の4万人台の感染者を抱えていて、この感染者の多くは外国人労働者で、劣悪な宿舎環境から爆発的に蔓延したがフィリピンも同様である。

 

 日本では自治体の感染者の発表において地域や職場などかなり隠されているが、フィリピンはその辺ははっきりしていて、セブ市では先述したバランガイ単位で感染者数を毎日発表していて、その地域を見るとやはり密集地域が多い。

 

【写真−3 芸術的ともいえる食品を小分けして売る店】

 

 セブと書くが行政的にはセブ州の中にセブ市があって、そのセブ市を核に周辺市町をまとめたのが『メトロ・セブ(セブ都市圏)』といい、これはマニラを中心に周辺市をまとめた『マニラ首都圏』と同じような物だが、セブの場合はマニラと違って法的には曖昧になっている。

 

 セブ州の人口は2015年国勢調査で350万人を少し切った数であり、その内セブ首都圏には285万人が住んでいて、都市部に集中し州内でも格差が開いているのが分かる。

 

 この年の調査で初めてフィリピンの人口が1億人を超えたことが数字の上で明らかになったが、この国は人口爆発が一番問題になっていて、5年後の今の総人口は1億1千万人に近づいている。

 

 さて、セブ市の現状を述べているが、その隣に人口30万人近いマンダウエ市があって、ここの感染者数は6月18日現在で491人、死者14人となっている。

 

 日本と比べると一つの市として感染者は多いが、セブ市と違って危機的な感じはなくそのためにセブ市よりは一段階低い、マニラ首都圏などと同じ防疫措置が取られている。

 

 そのマンダウエ市、感染者をナンバーリングしていて、例えば最新の患者だと『MC491』とふられ、これは統計上分かり易いがニュースではそのままMC何とかと発表されている。

 

 感染者数ばかりの数字に目は行くが、回復者もその数字は発表されていて、その発表の仕方はMC何番、MC何番が回復したというやり方を取っていて、それを見て気が付いたのはMC31という番号であった。

 

 500人近くの感染者の中で、かなり初期の番号であり、かなり長い闘病生活を送って回復したのだなと想像され、患者本人は勿論、家族、治療に当たった人々の姿が浮かぶ。

 

 フィリピンの医療体制は金持ち優先だから、このMC31は治療を受ける資力があったのだろうか、それとも貧困層からの感染者だろうか、年齢はいくつであったのだろうかと色々考える。

 

 こうしている内に、日本は全面解除に走り、従前の様子に戻っているが、どう見ても危険な感じはし、その時はその時と、日本人は諦めたのではないかと浮かれ気分顔を見て思う。

 


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2020, 19:23
-, -, pookmark
フィリピン・よもやま帖 2020 その−(8) 6月1日から規制が緩められたフィリピンだが元の木阿弥になりそう 『在外邦人は棄民なのか−10万円支給を求める』

 前回その−(7)で書いた時点、4月15日現在のフィリピン国内の新型コロナ・ウィルス感染者数は5500人、死者は350人であったが、それから1ヶ月半を過ぎた6月2日には感染者18997人、死亡者966人となった。

 

【写真−1 こういう光景は2ヶ月間消えていたがまた元の木阿弥】

 

 一方、日本はその−(7)では感染者数16000人であったが17057人に、死者数が713人から903人と右肩上がりは変わらないが、フィリピン程も激増はしていず、ついにフィリピンが日本を追い超してしまった。

 

 フィリピンはその−(7)から感染者で4倍近く、死亡者は3倍近くに増えていて、その増加も一向に衰える様子はない中、政府は今までの規制を緩める措置を6月1日に出した。

 

 フィリピンは3月半ばに首都圏とルソン島を封鎖する戒厳令以上に厳しい措置を取り、その時点では評価はされ、セブなど他の地域でも自治体が追随し次々と封鎖措置を取った。

 

 この封鎖も段階があって、一番厳しいのは『防疫強化地域=ECQ』で、20歳以下、60歳以上者の外出禁止、医療従事者など許可された人間だけが移動可能で、軽量鉄道やバス、ジプニーなど交通機関も停止、営業も薬局や食料品店を除いて止められた。

 その他夜間外出禁止もあり、交通渋滞で知られるマニラ首都圏の道路からは車が消えたために排気ガスは激減して、夜空に星が見えたとニュースになるくらいで、マニラ湾は産業、生活用水の流入が少なくなって澄み、公害問題を改めて考えさせる契機ともなった。

 

 セブも封鎖されて、マニラ同様車の姿は消し、拙宅そばの渋滞道路など車が通る事さえ稀になり排気ガスは激減、その間ずいぶん青空の澄んだ日が続き、空を仰ぎ見てはこの青空が続いてくれと願ったものである。

 

 セブは海のリゾートで公害には無縁のイメージは高いが、海と大気の汚染は酷く、1990年代にセブ市街を見下ろす高台から、街全体を覆うスモッグの塊を見た時は驚いたものだが、あれから悪くなることはあっても良くなることはなく、そういう汚染都市に知らずに来る観光客も気の毒。

 

【写真−2 モール好きのフィリピン人には封鎖は痛い】

 

 先述の一番厳しい『防疫強化地域=ECQ』から6月1日に緩められた措置は『一般防疫地域=GCQ』といわれるもので、外出は自由になったが20歳以下、60歳以上は変わらず不可だが、仕事によっては認められている。

 

 交通機関も鉄道、バス、タクシー、トライシクルなどを認めているが乗車人数は大幅に制限を受け、重要な足であるジプニーは乗客同士の接触が著しいため、一部の車種を除いて運行不可となっている。

 

 乗り物の乗車制限で、首都圏を走る軽量鉄道など従来の20%程度を見込み、乗車制限を設けているが、普段でさえ日常的に改札制限をしている駅では乗れない乗客が殺到し逆効果となっている。

 

 こういった施策をする連中は運転手付きの自家用車で制限なく通っているから、鉄道やバスなどを使わざるを得ない層に対しては、綺麗ごとをいうだけで何にも打開策は示せないし、出す気もなく、もっといけないのはそれに従う飼い慣らされてしまった人々か。

 

 セブ市やマンダウエ市も一時は国内唯一の『修正防疫強化地域=MECQ』として残されるはずであったが、どういう経緯か分からないがマニラ首都圏などと同じGCQ措置となるものの、感染者数増加の勢いは止まっていない。

 

 こういった防疫体制の緩和は人間の命を守るというより、落ち込んでしまった経済を動かすために見切り発車した訳で、これはフィリピンに限らずどこの国でも同じである。

 

 日本では夜の町を待ちきれなくて繰り出す人が激増しているが、人間の生活には『不要不急』が必要であることが分かるし、また無駄なことも生きることには必要で、効率ばかりで動く現代社会の盲点をも突いた。

 

【写真−3 封鎖措置はファストフード好きのフィリピン人に大打撃】

 

 飲食店などはまだ制限がかかっていて、思えば3月半ばから小生は外食に出かけていないが、この期間はデリバリー・サービスが盛んになって拙宅前の小路でもその手のオートバイは行き来するが、何を注文しているかと見ればタダでも食べたくないハンバーガー・チェーンの品物。

 

 世間はデリバリー・サービスの新しい時代などと持ち上げる向きはあるが、所詮は昔からある『出前』であって、それに手数料を上乗せした商売であり、人の褌で金を稼いでいる感が強く、有望なビジネスなどと持ち上げるのはどうかと思う。

 

 小生など、デリバリーに携わる人を貶める気は毛頭ないが、人と人の間を泳ぐ形体から、感染を広めているような気がしてとても利用する気はないし、何よりも出前を頼んでまで食べたい物はセブにはないから論外になる。

 

 経済の落ち込みについて、どこの国もマイナス成長が予測されているが、最近民間調査機関によってフィリピンの今年度の成長率はマイナス7%という驚くべき数字が出ている。

 

 フィリピンの近年の経済成長率はアセアン諸国でも抜きん出ていて、このところ7%台の成長率を記録していたから、前年より14%も落ち込む勘定になり、フィリピンがマイナス成長を記録したのは1998年のマイナス0.6%以来という。

 

 1998年のフィリピンは13代大統領にエストラダが当選、就任した年で映画の中の悪役をやっつけるエストラダの俳優イメージで投票した選挙民もどうかと思うが、話題性はあっても大統領としては近年にない不作。

 

 エストラダは2000年に汚職のために議会から弾劾を受け退陣するが、後を引き継いだのが副大統領であったアロヨで、このアロヨからエストラダは汚職で逮捕され有罪判決を受けるが2007年に恩赦を受ける。

 

 ここでフィリピン的なのはそのアロヨも次のアキノ政権から汚職で逮捕、勾留され裁判にかけられるが、当人はルソン島中部の親代々の地盤から下院議員に出て当選し、大統領を辞めた人物が議員になったと話題になったが、その後下院議長にもなっているからフィリピンの政治は不可思議である。

 

 エストラダもしぶとく、恩赦後の2010年大統領選に出て次点となったが、選挙に出られること事態驚異ながら、そんなものはお構いなしで、2013年にはマニラ市の市長選に出て現職を破って当選し、2016年に再選、2019年に3選を狙ったが、副市長に敗れ運は尽きた。

 

 エストラダ既に83歳。平均寿命の短いフィリピンではかなりの高齢者だが、権力の旨味を吸った連中は死ぬまでその座にしがみ付くようで、見苦しくこれは国を問わず共通で、日本の無様な安倍も同様で辞めないのが不思議である。

 

 話は脱線したが、せっかく人間らしい環境が新型コロナ・ウィルスによって作られたが、標題に書いたように『元の木阿弥』になるようで、車やオートバイの吐き出す騒音がまた元の様に戻っている。

 


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2020, 19:09
-, -, pookmark