RSS | ATOM | SEARCH
へそ曲がりセブ島暮らし2020年 その(13) 4ヶ月以上も靴を履いていない−在外邦人は棄民か−10万円を支給せよ

 1月25日に92歳で亡くなった方の葬儀に出てから、既に4ヶ月以上経つがその時に革靴を履いてから今日まで一度も靴を履かない生活が続いている。

【外出をしないと靴を磨かなくなる】

 屋内や庭に出ている時はスリッパ使用で、外出する時は用途に応じて革靴、スポーツ靴と使い分けているが、新型コロナ・ウィルスによって3月半ばからセブ島全域は完全封鎖、外出禁止令が出てからは家に居る生活を余儀なくされている。

 

 フィリピンの感染者数は5月27日現在で1万5千人、死者は900人余、非常事態宣言が解除された日本が1万6千人余、死者870人とフィリピンと日本の総人口は近いので、医療体制が脆弱といわれるフィリピンは頑張っている感が強い。

 

 ただし、日本は一応押さえ込んだ状態だが、フィリピンは防疫体制が徹底しないのと市民の衛生意識の欠如、密集住宅地が多いため数字の伸びはまだまだ衰えず、やがて日本の感染者数を追い抜くのではないかと思っている。

 

 マニラ首都圏など段階的に封鎖措置を解いているが、フィリピン内でセブ市は規制が緩められず継続し、その隣のマンダウエ市もトバッチリの様に規制が続き、セブ市の感染者数は2000人を超えているから一都市では確かに多い。

 

 一方のマンダウエ市の感染者数は200人を上回った程度で、警戒は必要だが規制継続というのは酷という声が挙がっていて、首都圏などセブより感染率が高い市でも緩められていて不公平感は強い。


 そういった混乱の中、6月1日から従来の防疫体制が変わることが発表され、それによると、国内唯一、一番制限の強い防疫強化地域(ECQ)に指定されていたセブ市を、やや緩くなる修正防疫強化地域(MECQ)、隣接するマンダウエ市をもっと緩くなる一般防疫地域(GCQ)に移行される。

 GCQになると、タクシーやトライシクルの運行が再開され、バスも通常の半分の乗客制限で可能になるが、フィリピンの主要交通機関の一つであるジプニーは、乗客同士が隣り合わせることを理由に運行再開は不可となっている。

 3月半ば過ぎにフィリピンは戒厳令以上の封鎖措置が取られて、トライシクルやジプニーの運転手はほとんどが貧困層に入る日銭商売で、その商売が出来ないとたちどころに生活苦に陥るが、2ヶ月以上も良くぞ我慢、暴動の一つや二つはあっても良いのに良くぞ耐えていると思う。

 フィリピン政府も米などの食料と現金を支給する事業を展開し、バランガイという最小行政組織を使って配っているが、フィリピン的というかこれら下部で携わる連中の横領が続出し逮捕者が多く出ている。

 拙宅にも米などの支援物資が配られたが、これをもっと困っている人に渡して欲しいと思っても、受け取らないと配達する係の手続き上面倒臭くなるし、辞退すると浮いた物資を横取りされるのが関の山なので、敢えて受け取っている。

 

 2013年にフィリピン南部を襲い、未曽有の被害をもたらした台風『ヨランダ』の時に、救援センターで支援物資を袋詰めをする経験をしたが、そういった支援物資を『リリーフ・グッズ』と呼んでいて、野球で救援投手をリリーフと呼んでいるのはこれから来ているを知る。
 

 フィリピン人は世界で一番『米』を食べると何かの統計で見たが、何かあると米を配るのが定番で、他にイワシの缶詰、インスタント・コーヒーなどで、確かリリーフ・グッズの量はひと家族一週間分と聞いたが、この量で大丈夫なのかという気がした。


 日本では『アベノマスク』などと呼ばれている、毒にも薬もならないマスクを数百億円という巨費を投じて配るのを皮切りに、経済支援で住民一人ずつに10万円を配り、休業を余儀なくされた商工業者、サービス産業に補助金を出し、経済的に疲弊した層への支援がスピード感はないものの何かと動いている。

 

 この10万円支給だが、住民票のある者で国籍は問わないというから、外国人『排斥主義』の強い日本政府が良くぞ踏み切ったと思うが、小生の様な海外在住者から見ると、どうして在外邦人はこの枠に入らないのかと疑問に思っている。

 

 日本の外務省によると、現在在外邦人は130万人居るとのことだが、この数字は日本の在外公館に『在留届』を出している数字であって、在留邦人数の実数は3ヶ月未満や旅行者を含めて在外公館に届け出のある数の倍くらいといわれている。

 

 セブの場合、届け出邦人数は2900人弱となっているが、実際は5000人以上が住んでいるようだし、毎日入れ替わる日本からの観光客を加えるとその数は相当膨らみ、万に近い日本人がセブに居ると見ても大袈裟ではない。

 在留届はその地に3ヶ月以上住む場合は届け出る義務はあるが、出さなくても罰則はなく、何のためにあるのかという代物だが、クーデターなど不測の事態が起きた時に在外公館が在留邦人の安否を確認する時には役には立つが、それも邦人数の少ない国で有効であり4桁台になると対応は難しい。

 さて、10万円支給に関して在外邦人は対象になっていないが、海外に住んでいるというだけのその理由は曖昧で、日本の住民票は選挙権と連動していて、その観点から見ると『在外選挙制度』で日本の選挙権を得ている邦人はどうなっているのだと思わざるを得ない。


 この『在外選挙制度』というのは最高裁判決で海外に住む日本人に選挙権を与えないのは『憲法違反』と出て法制化されたものだが、日本の選挙権と違って18歳になれば黙っていても自動的に得られるのではなく、在外公館へ行って登録手続きをし、日本の最終住民登録地の選挙管理委員会から『選挙人証』が送られてくる。

 

 この手続きには『在留届』が出ていることが必須で、これから在留届は住民登録と同じと見て良く、この点から在留届を出している邦人に対しては日本同様10万円支給は無理ではなく、在外公館が支給窓口になれば済む話である。

 

 こう書いていると、今度は日本の困窮学生に20万円を支給するという案が決まったが、どうもこれを決めている議員連中は票になる層を対象に施策しているように感じるが、在外邦人にも選挙権があることを忘れているのではないか。

 

 もっとも在外選挙登録している日本人は10%以下、また登録していても投票するのは10%前後とかなり低く、制度そのものに手間と金がかかり過ぎているのも明らかだが、民主主義というのは手間と金がかかるもので、効率そのもので論じるものではない。

 こうしてダラダラ書いているのは今回の10万円支給の枠から外れている在外邦人は『棄民』扱いという日本政府の在り方が問題で、海外に住むから困っていないという見方は、世界中を覆った地域、人種、国籍を問わない新型コロナ・ウィルス騒ぎを思うと空しい。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2020, 19:40
-, -, pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2020年 その(12) 30年以上の塵を払うと色々出て来る

 5月5日は『子どもの日』。5月といえば日本は新緑に『薫風』で、風が爽やかな季節になるが、今年は新型コロナ・ウィルスのために、ゴールデンウィークの観光地は感染を恐れるあまり『来ないで』と宣言する始末。

【全号揃っていないがセブの邦人社会の一つの記録であることは間違いない】

 今日現在、日本の感染者数は15000人を超えたが、フィリピンは9500人と急激に数が増え、その内セブは1000人を超えて勢いは緩む様子がなく、爆発的感染が各所で起きている。

 セブ島は3月半ばから封鎖され今もまだ続いているが、感染者はセブ市を中心に収まる気配はなく、人々も自宅に籠る生活に倦んで用もないのに外へ出る人間が増えた。

 

 封鎖直後は走行する車はパッタリ消えていたが、最近はエンジン音高く通り過ぎるオートバイや車が増え、ナンバープレートの末尾番号で走行曜日を決めてもあまり効果がないようだ。

 

 小生などは1月下旬に或る日本人の葬儀に出たのと、2月に1、2回買い物に行っただけで自宅に籠っているが、元々、生活ペースは自宅から出ないために個人的にはさして苦痛を感じることはない。

 

 それでも、庭の植木に水をやったり、家の中を片付けるなど1日のメリハリを付けているが、家の中の大掃除というのは日本や他の国でも実行している人が多いとの話を聞き、我が家の場合は家人に引っ張られている。

 

 街の真ん中に住んでいるから粉塵も多く、窓や室内に溜まる埃の多さには慣れていても、改めてその溜まり具合を見ると、この埃を常時肺に吸入しているかと思うとゾッとするが、こればかりは防ぎようがない。

 

 そのため、セブ島北端の町にセブ市内よりは空気は良いだろうと、別荘というには大袈裟だが小舎を造り、時々泊まりに行っていたが、この楽しみも移動禁止で1月以来行くことを絶たれている。

 

 さて、物置と化していた自宅の小部屋を整理、整頓すると、30年以上の資料やら何やらたくさん出て来て、そういった物を放り込んでいるのは分かってはいたが、この際要らない物は廃棄処分にした。

 

 一番多かったのは1990年代に日本で1年近く勉強していた時の資料で、これは今も今後も全く役に立たないと判断し、最初は裏の白紙部分を使おうかと思ったが、そういうことを考えていると作業が進まないので廃棄した。

 

 フィリピンではゴミを漁って生活する人々がいて、そういう人に見られるのも嫌なので、全部ビリビリに破いて小さいビニール袋に入れたが、紙もまとまると重い物で、その数は現在8袋となっている。

 

 幸いセブ島封鎖とはいえ、市のゴミ収集作業は機能し、週に1回は回って来るのでゴミ出しには助かり、こういう作業従事者には毎度ながら頭が下がる。

 

 他に、セブ日本人会が出していた隔月刊の会報誌『セブ島通信』【写真】が大量に出て来て、これも複数持っている号は全部廃棄したが、バックナンバーを揃えると一番古いのは1991年8月発行の第5号であった。

 

 この年の5月に小生はセブの会社に赴任したからその直後の発行になるが、セブ島通信の編集をしている人は長年の知人で、ワープロを持っていたので手伝いを頼まれたが工場の立ち上げの真っ最中で大変な時期であった。

 

 当時は台紙に印刷した記事を切り張りして紙面を作り、それを印刷所に持ち込んでオフセット印刷をしていたが、後年、パソコンの画面上で編集出来るなどは夢にも思わなかった時代である。

 

 一番新しいのは2006年9月発行の第94号で、この年の10月にホンジュラスへ行って家人と共に2年間の生活を始め、日本人会とも縁が切れてセブ島通信もこれ以降はない。

 

 このセブ島通信、いつまで紙で発行していたのか分からないが、今はHPに移行していて、HPを覗いても無味乾燥、中味も全くない内容で、とても続けて見られるような物でなくなった。

 

 セブには日本のIT企業や人材も多いと思われるのに、この貧弱さは馬鹿じゃないかと思い、そういう意味では何のかんのといわれながら、長年ボランティアで紙面を作っていた亡くなった編集責任者は、偉いことは間違いない。

 

 今、ネット上に玉石混交の情報が溢れているが、資料として強いのは紙媒体で、セブ島通信のようなミニコミ誌でも、何れ1990年代から2000年代にかけてのセブ島の日本人が何を考え生活していたのかが分かる資料になると思って大切に保管したい。

 

 また、数は少ないがマニラに或るマニラ日本人会に反発して別れた日本人の諸団体の会報がいくつかあり、書いてあることは他愛ないが、やはりフィリピンに住む日本人の在り方が分かるので廃棄せず保管をする。

 

 さて、30年以上の塵を払うと標題に書いたが、その中でアフリカ時代の資料が出て来た。

 

 1980年代終わり頃から1990年代初めにかけてアフリカ中央部にある『ザンビア』という国で、3年間を過ごしたが、その時書いていたA4サイズのミニレターのファイルがそのままあった。

 

 アフリカ時代の資料や写真はほとんどを日本の実家に残したと思っていたが、やはり思い入れのあるファイルと少しの写真はセブに持って来ていた。

 

 このミニレター、題名を『名前の無い不定期刊行物』と名付け、当時はワープロの時代でパナソニックの最新型をアフリカまで持って行き3年間で22号まで出していて、ワープロで印刷し、それをコピーに取っている。

 

 A4サイズに細かい字でピッシリと新聞のレイアウトと同じように色々な話題を書いていて、時間が充分にあったための作業であり、今読み返すとヘェ―と思うような話題も多く、改めて3年間の貴重な体験に感謝したい。

 

 このミニレターに関しては本HP上に載せたいと思っていて、写真がないのが難点ながら、どのようにするか考えている最中である。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2020, 19:43
-, -, pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2020年 その(11) セブ島封鎖の中で読んだジョン・グリシャムの『無実』 

 3月下旬にかけて、セブ島は全島封鎖(Lockdown)措置に入り、小生宅に近く地獄的な渋滞で有名な道路から車が消えて、心なしか空気が綺麗になり、青空もいつもより青空らしく澄み透明感も強い。

【上下で634ページ+解説】

 セブより早くから全島封鎖をしているルソン島マニラ首都圏など、排気ガスを撒き散らす車が消えたために星が見えるようになったというから、いかにフィリピンの大気汚染が酷かったかを証明していて、コロナ・ウィルス騒ぎも負ばかりではない。

 フィリピンの封鎖というのは日本の自粛要請などという生温いものではなく、飲食店などの不要な店は閉鎖、ジプニーなどの公共交通機関も停止、夜間は8時から翌朝6時まで外出禁止、違反すれば拘束されある意味では戒厳令より苛烈である。

 

 全く外に出られない訳ではなく、自治体発行の外出許可証を持って買い物や銀行などには行けるが、許可証も一世帯に一枚のみで、封鎖措置に合わせて地域を管轄する人間が小生宅にもやって来て配った。

 この外出許可証発行の手足になっているのが『バランガイ』という地域の行政組織になるが、この許可証発行を巡ってある町のバランガイ事務所の人間が金で売っていたことが発覚し逮捕されるニュースがあり、やはりなと思った。

 こうして、人々は家に逼塞し時間を過ごし、多くはテレビやゲームで時間を潰すが、そのためにインターネットの長時間使用者が激増し、スピードが遅くなったなど苦情が続出している。

 そういった中、小生の生活は普段と変わらず、特別に読書量が増えたということもない中、標題のジョン・グリシャム著『無実』を読んだが、これは昨年11月に日本へ行った時に110円で買った古本である。

 

ジョン・グリシャムは今更書くまでもないが、1955年生まれ、法廷、弁護士物のフィクション作家と知られ、その作品は映画化もされて大ヒットを重ね、小生も話題作は読み映画も観ている。

 

 こういった作品は1983年、ロースクール卒業後に弁護士事務所を開業した経験が生きているが、最初に書いた1988年出版の『評決のとき』は多くの出版社に断られたというから、出版編集者の目というのは結構曇っているのが多いようだ。

 出だしは苦労したが、次作の『法律事務所』が大ベストセラーになり、以降『ペリカン文書』、『依頼人』と次々にヒット作を発表しアメリカを代表する作家となった。

 

 そういった華麗な多くの作品群の中でノン・フィクションとして執筆したのが『無実』で、これはジョン・グリシャム唯一のノン・フィクション作品となっている。

 

 内容は『冤罪』事件を扱ったもので、事件は1982年にアメリカ中南部にあるオクラホマ州にある人口1万3000人ほどの田舎町で起きた強姦殺人事件で、20代の女性が被害者となった。

 

 オクラホマ州といってもアメリカのどこにあるかも分からず、せいぜい中学生時代に授業で習ったフォークダンスの『オクラホマ・ミキサー』を連想するくらいで、改めてその位置を見るとアメリカ中南部にあると分かった。

 

 事件では2人の地元の青年が逮捕され、裁判の結果1人が死刑、1人が終身刑となったが、グリシャムはその捜査、起訴、裁判がいかにいい加減に行われたかを重層的に書き、明らかにしていくが、初めてのノン・フィクションとあって、従来の作品にあった物語性が欠けるのは仕方がない。

 

 死刑判決を受けた青年は死刑囚監房に収監され、その様子も細かく書かれるが、この青年、精神病を患わっているのにほとんどケアされず、アメリカの刑務所の実態というのはかなり酷いというのが伝わる。

 

 もっと酷いのは警察、検察の調べが自白中心で、犯行現場に残されていた毛髪や指紋を裁判で都合よく扱い、偽証する証人を平気で裁判に出廷させ、それを扱う判事の目も間抜けで、グリシャムは『冤罪』が作られる過程を丁寧に記述している。

 

 冤罪というのは人間が人間を裁く以上避けられないというが、その基を作っているのは捜査機関の警察と検察で、この日本にも山ほど冤罪事件はあり、小生が一番記憶にあるのは『八海事件』がある。

 

 1951(昭和26)年、山口県の八海という集落で起きた強盗殺人事件で、夫婦が殺され、捜査の結果1人がまず逮捕され、その自供によって地元の青年4人が逮捕された。

 

 1952年の山口地裁判決では後に捕まった青年1人に死刑、他は無期懲役など全員に有罪判決が出て、高裁、最高裁へと審理が進められるが、この裁判は何度も上級審の間に行ったり来たりして、最終的には最初に捕まった人物が無期懲役、他の4人は無罪となった。

 

 この冤罪を生んだのは、警察が最初に逮捕した人物の自白を基に単独犯ではなく複数という見立てから無理に犯人に仕立てたためで、自白偏重、証拠無視の体質が戦後の警察に根強くあったことから来ている。

 

 この事件は『正木ひろし』という人権派の弁護士が加わってから次々と警察、検察の矛盾が暴露され、映画監督の『今井正』がこの事件を基に『真昼の暗黒』という映画を1956年に製作、公開したことから注目された。

 

 ところが最高裁は審理中の案件を映画にしないよう圧力をかけたが、関係者は毅然と製作、公開をし、今『忖度』などといって事なかれで憚れる風潮の中、このように時の権力に抗して堂々と発表していることは昔の人には骨があったといえる。

 

 この事件は最初に捕まった人物の嘘の供述によって引き起こされた冤罪事件だが、無期懲役となった人物は服役して仮釈放後に殺人事件を起こしていて、当時の関係者はどう思ったのであろうか。

 

 さて、アメリカというのは民主主義の本山と自他共に認める向きもあるが、オクラホマの裁判を見るといかに酷いか分かり、結局、DNA鑑定が無罪の決め手となるが、死刑を宣告された青年は手違いで死刑執行命令が出ていたというから滅茶苦茶で、寸前に回避された。

 

 なお、DNA鑑定によって真犯人は明らかになったが、この真犯人、俺がやったと自白しているのに、警察、検察は当初の筋書きを守るためにあえて無視していて、公明正大であるべき捜査もご都合でいかようにも料理されることが分かり、権力を持つ側の恐ろしさが伝わる。

 

 唯一救われるのは、この事件を冤罪と見て行動した弁護士などの法曹関係者で、捨てる神あれば救える神ありという言葉がそのまま生きるが、こういう目に曇りのない人々の存在があるから冤罪と分かるが、それも多分に運と紙一重でもあるような気がして冤罪で死刑にされた人は多いのではないか。

 

 無罪となった2人だが、ここで不思議なのは収監中の補償というのは一切なく、損害裁判を自治体や捜査関係者に起こして勝ち取っていることで、日本の冤罪事件被害者には1日当たりいくらと補償される制度があって、アメリカにはそういう制度がないのかと驚かされる。

 

 死刑判決を受けた人物は数百万ドルの損害賠償を勝ち取っても、釈放の数年後に癌で死亡していて、いかに刑務所で身体、精神が蝕まれてしまったか分かる。

 

 実に恐ろしきは『権力』であることが良く分かる一冊だが、冗長な点もあって読み切るには時間がかかった。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2020, 20:25
-, -, pookmark