RSS | ATOM | SEARCH
台湾一周 鉄道旅 2020 その(51) 地下鉄美麗島駅から夜市の開かれる通りに建つホテルへ

【写真−1 これだけの規模だと保守するのも大変そう】

 

 『美麗島駅』の命名は1979年高雄市であった民主化デモのきっかけとなった雑誌『美麗島』から来ている。当時の台湾は軍事政権並みで、前年にアメリカは中華民国(台湾)と断交し、台湾は孤立する。写真−1は同駅の青を基調としたステンドグラスの天井。

 

【写真−2 台湾の現在の民主化路線は一朝一夕で生まれたものではない】

 

 その民主化事件の記憶を留めるためか、駅構内の暗い通路を歩いていると、写真−2の一角があった。『人権』を啓蒙する場所だが、最初はずいぶん場違いで何だろうと思ったが、台湾の民主化運動ゆかりの場所で、この高雄市から現在の民主政権が生まれた。

 

【写真−3 人を拒むような深くて急な階段】

 

 美麗島駅は大きな交差点の下に造られ、地上へ出るにはかなり歩かされ、地上へ出る階段も写真−3の様にかなり深い。しかもエスカレーターなど考えられていなくて、荷物を持って上下するには苦しみ以外何物でもない。高雄の地下鉄は乗客本位を感じない。

 

【写真−4 観光夜市として有名な通りの端】

 

 そうして地上に出て写真−4の角を曲がると、本日宿泊のホテルのある通りに入る。この通りは高雄市内でも有名な夜市(ナイト・マーケット)が開かれ、『六合夜市』と呼ばれる。夜市は夕方6時から始まるので、その前の準備中という雰囲気の中を歩く。

 

【写真−5 夜市の準備で人の動きも慌ただしい】

 

 六合夜市は台北の『土林夜市』と並ぶ、台湾でもお勧めの観光客用の夜市らしいが、土林の方は台湾到着の夜に行っている。土林と違って幅広い通り全部が歩行者天国の夜市になり、写真−5は5時を回った時間に撮っていて夜市の準備で人が動いている。

 

【写真−6 この通りがギッシリ人と屋台で埋まる】

 

 ボツボツと屋台が店開きする、写真−6の右端に見える白いビルが本日泊まるホテルで、夜市を夜遅くまで心置きなく楽しむために夜市沿いのホテルを探し、そういう好立地に関わらず料金はそれ程高くない。今回の旅行で一番当たったホテルといって良い。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 21:12
-, -, pookmark
台湾一周 鉄道旅 2020 その(50) 台湾鉄道高雄駅で乗り換えてステンドグラスで知られる地下鉄美麗島駅へ

【写真−1 地下線路の上に地下鉄が走る】

 

 台湾の鉄道で特徴があるのは都市部に入る手前で地下化されていることで、都市開発には地上を走る列車は何かと邪魔になるのであろう。写真−1は台鉄高雄駅で降りて地下鉄乗り場へ至るが、路線の地下化が何層にもなっているのでエスカレーターは長い。

 

【写真−2 写真を撮っている階は地上から一段下がっている】

 

 写真−2は『高雄駅』のコンコースの様子で、現在の駅舎は2018年に竣工したが、1940(昭和15)年竣工の旧駅舎は解体せずに80m余を移動させて保存。旧駅舎は日本趣味を加えた和洋折衷の『帝冠様式』というデザインで、戦前の遺物といえば遺物。

 

【写真−3 日本の鉄道窓口と似た雰囲気】

 

 4日目と5日目は特急に乗るのでその予約と支払いをする必要があり、高雄駅の写真−3の窓口で手続きをする。台湾人はこういった列でおとなしく従う国民性があるようで、大陸のように割り込み当たり前と比べると同じ漢民族系なのに民度が違い過ぎる。

 

【写真−4 1月の初めの時期でマスクをしているから台湾はマスク慣れしている】

 

 高雄市内には3本の地下鉄、軽量鉄道が走っていて、高雄駅で乗り換えるのは『紅線』で、写真−1は紅線・高雄駅ホームの様子。紅線は台湾高速の左營駅と高雄国際空港駅に繋がるが、台湾の地下鉄、軽量鉄道は全面ホームドアが設備され日本より進んでいる。

 

【写真−5 台湾の地下鉄ホームは日本と違ってどこも余裕を取っている】

 

 紅線・高雄駅ホームの全体の様子が写真−5。時期や時間帯もあるだろうが正月3日のためか利用客は少なく、ホームの幅が広いためにゆったり感はある。本日は高雄で一晩泊まりだが、ホテルへは一駅先の何とも不思議な名前の付いた『美麗島』で降りる。

 

【写真−6 円形のコンコース天井全体がこのように】

 

 台湾はキャッシュレス化が進んでいて、台湾に到着した日に空港で購入したカードを利用する。写真−6は『美麗島』の改札口を出た所にある地下コンコースで、天井のステンドグラスの華麗さと大胆さ、その規模に目を奪われ、通り過ぎるにはもったいない。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 21:16
-, -, pookmark
台湾一周 鉄道旅 2020 その(49) 各駅停車で地下化された高雄駅に到着

【写真−1 養殖物は抗生物質の多用問題がある】

 

 台湾は魚の養殖が盛んで、日本へ入って来る鰻は台湾産が多い。桃園国際空港へ着陸する時、田園の中に溜池がポツン、ポツンと見えたがあれは養魚場のようだ。写真−1は台南駅を出て車窓近くに見えた養魚場で、この養魚場も南部へ行くほど目に付いた。

 

【写真−2 日本の駅を見ているような感じ】

 

 台南駅から5つ目の駅が写真−2の『中洲駅』。高速鉄道台南駅へは、この駅から分岐する沙崙線に乗って2つ目の沙崙駅で乗り換える。右側に『長營大学』とあるのは中州−沙崙間にある駅で、大学はキリスト教系の私立で1993年設立、学生数約1万人。

 

【写真−3 この駅からは別の路線で高雄市中心部に行ける】

 

 写真−3の『橋頭駅』の所在地は既に台北に次ぐ台湾第2の都市、高雄市内に入っている。台鉄では区間車しか停まらないクラスの駅だが、この駅では2008年開業、高雄市内中心部を経て高雄国際空港へ至る24駅、28キロ余の『紅線』に乗り換えられる。

 

【写真−4 車内もホームもガラガラ】

 

 台湾の鉄道投資は活発で、都市部に近い場所では地下化が進んでいて、写真−4の『新左營駅』に入る前から地下に入っている。新左營駅は台湾高速鉄道駅の終点で、高速鉄道駅は高架上にあり高雄市の交通の要衛だが、高鉄が中心部に入っていないのは不便。

 

【写真−5 地下化してホームは新しく良く管理されている】

 

台南駅から1時間弱の乗車時間で写真−5の高雄駅ホームに到着。区間電車乗車の印象はただただ時間がゆっくり流れていたことで、速く目的地に着くばかりが旅ではないことを認識する。この高雄駅からは地下鉄に乗り換えて本日の宿泊地『美麗島駅』へ。

 

【写真−6 かなり長距離を走る列車が多い】

 

 地下に入った区間車は写真−6の右上の表示で分かるように、15時30分に台湾南部を走る屏東線の地上に出て『潮州』へ向かう。台湾は地下鉄事業も盛んで、高雄市は台北市に次いで地下鉄が開通した都市で、現在5路線があり建設中、計画路線も多い。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 20:33
-, -, pookmark