RSS | ATOM | SEARCH
台湾一周 鉄道旅 2020 その(17) この旅行で一番楽しみな阿里山森林鉄道に対面

【写真−1 鐵路という語彙は鉄道より秀逸】

 

 台北を朝早く出たのも阿里山森林鉄道に乗るためで、平日は一日1本しか運行していなくてしかも朝9時発。写真−1はホーム上の阿里山森林鉄道の看板で、正確には『阿里山森林鐵路』。台湾語では駅を車站、鉄道の列車を火車、汽車は自動車でややこしい。

 

【写真−2 ホーム左側には台鉄の台北からの在来線車両が停まる】

 

 写真−2が阿里山森林鉄道の線路とホームで、嘉義駅は起点だから半円形の列車止めがある。レールの幅は762ミリで、この幅は日本で特殊狭軌と呼ばれていて、日本の技術で敷設されたため。日本の新幹線が1435ミリあるので新幹線のレール幅の半分強。

 

【写真−3 このポストが1912年の開業以来のオリジナルかどうかは分からない】

 

 列車止めの傍にあった写真−3の白く塗られた柱は鉄道の起点を示し、鉄道の世界では『距離標』と呼ばれ通称は『キロポスト』。1キロ毎にあるのが『甲号』、0.5キロ毎が『乙号』、0.1キロ毎が『丙号』の3種類があり、日本は頂が角錐形になっている。

 

【写真−4 気動車が入って来てどこからともなく湧いたように観光客が蝟集】

 

 発車少し前に阿里山森林鉄道の車両がホームに入線し、観光客が一斉に車両を背景に写真撮影。写真−4で分かるように車両の高さはかなり低い。嘉義駅の標高は30mで、ここから標高2216mの阿里山駅まで、全長71.4キロを3時間余をかけて走る。

 

【写真−5 狭い軌道に合わせて造られた車両は鉄道模型の大型版の様な感じ】

 

 写真−5は気動車と客車の連結部分の様子で、2003年3月、阿里山駅近くでスピードの出し過ぎから脱線し、17人が死亡する大事故があった。その原因は写真に見える車両を繋ぐブレーキホースのコックが閉められていたためで、ブレーキが効かなかった。

 

【写真−6 日本車両製造の現在はJR東海の子会社となっている】

 

 気動車の横に写真−6のプレートが留められていた。これを見るまで気動車は台湾製造かと思っていたが『日本車両製造』であった。同社は戦前から蒸気機関車を台湾に納め、近年では台湾新幹線の車両や、フィリピン初のマニラの軽量鉄道にも納車している。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 17:44
-, -, pookmark
台湾一周 鉄道旅 2020 その(16) 台湾鉄道嘉義駅にて

【写真−1 平日の阿里山森林鉄道は1本のみの運行】

 

 台湾旅行2日目は忙しく、朝4時に起きてタクシーで台北駅へ行き、始発から2番目に出る列車に乗って高鉄嘉義駅へ。早い高速に乗ったのは台鉄嘉義駅から出る阿里山森林鉄道のダイヤが平日は9時発1本しかないためで、写真−1はその乗車券売り場。

 

【写真−2 植民地時代の駅舎を見るのも楽しみだが徐々に消えゆく】

 

 写真−2は台鉄嘉義駅正面出入り口で、上部に駅構内の案内図が掲げられている。この図は縮尺がいい加減でパッと見では分かり難いが、隅から確認すると案内図右端に伸びる線路が阿里山森林鉄道のホームと分かる。

 

【写真−3 台湾もバス輸送の時代だがまだ鉄道利用者は多い】

 

 台鉄嘉義駅の駅舎は日本の植民地であった戦前に建てられた物で、内部の造りはその当時の雰囲気を残していて、天井が高く上部がアーチ状の窓など優雅な感じを受ける。写真−3は駅の出札窓口で、自動化の進んでいる台湾でも窓口はそれなりに親切。

 

【写真−4 台湾の幹線鉄道路線は改札の自動化が進んでいる】

 

 写真−4は台鉄嘉義駅のホーム改札口で、出口改札口とは別れていて合理的。阿里山森林鉄道は嘉義駅の売り物で、中央に運行状況の表示板がある。その上部に掲げられた写真の標語が『森呼吸』で、台湾人も『深呼吸』にかけた駄洒落を考えるのかと思った。

 

【写真−5 このホームは高雄方面へ行く列車と阿里山森林鉄道と共用】

 

 中に入り、写真−5の右下に写っているように阿里山森林鉄道はホームの先から出る。このホームの屋根の部分はレールを利用した骨組みで、戦前からの構造物のようだ。日本でも注意深く見ると駅の屋根構造がレール利用もあるが、徐々に消える運命にある。

 

【写真−6 いかにも日本の技術屋が造ったような駅の雰囲気】

 

 写真−6のホーム下の線路は台南、高雄方面へ行き、列車の停まっているホームは台北方面へ行き地下道がある。列車の屋根に突き出ているような塔はホームへ降りるエレベーターで、バスを降りて延々と歩かされた跨線橋は列車のはるか先に見えている。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 19:33
-, -, pookmark
台湾一周 鉄道旅 2020 その(15) 台湾鉄道嘉義駅から阿里山森林鉄道に乗り換え

【写真−1 台湾は南国なのに厚着の人が多い】

 

 高鉄嘉義駅から台鉄嘉義駅間を結ぶバスは『BRT』と呼び20分間隔で運行し、高鉄利用者は無料。写真−1はその車内の様子で、座席は埋まり何人かが立っている程度。ここで気が付いたのは大きなトランクを運ぶ観光客が多く、その理由は後で分かった。

 

【写真−2 これで分かるように台湾新幹線は市街地を避けて敷設】

 

 高鉄嘉義駅は嘉義市の郊外に造られていて、写真−2の高架が延々と見える。高鉄は起点の南港から終点の左營まで348.5キロあるが、連続高架距離190キロと世界でも最長の区間を持つ。しかし地震の多い台湾で、この高架設計では耐震性はどうだろうか。

 

【写真−3 これでは観光客も迷う】

 

 30分ほどで台鉄嘉義駅に到着するが、駅の裏側の駅舎前で駅舎は写真−3の様に中はがらんどう。阿里山森林鉄道に乗るには表側へ行く必要があり、同じバスから降りた観光客がどうやって行くのか迷っている。隅の階段で行くことが分かり大急ぎで昇る。

 

【写真−4 この線路の多さから台湾は鉄道を重視しているのが分かる】

 

 階段を上がって写真−4の古風な跨線橋に出る。数多くの線路が敷かれていて嘉義駅はかなり大きな駅と分かる。写真右端中ほどに写る白っぽい建物が嘉義駅の駅舎で、そちらから森林鉄道が出ているが、大きな荷物を抱えた観光客はこの移動は大変。

 

【写真−5 通路を小奇麗にデザインしているが歩く方は大変】

 

 ようやく跨線橋を渡り切る場所から見たのが写真−5。向こう側には嘉義市街地のビルが見えそちらが中心と分かる。目指す嘉義駅舎は左側にある階段を下りた所にあり、大きな荷物を引っ張る観光客には大変で、エスカレーターが必要。

 

【写真−6 台湾には日本の植民地時代の駅舎が多く残る】

 

 嘉義駅正面が写真−6。初代の駅舎は1902(明治35)年、日本の植民地時代に開業し、今の駅舎は1933(昭和8)年の完成。左の方で人の立っている所が、阿里山森林鉄道の窓口で、フィリピンで払い込み済みのバウチャーを乗車券に換える必要がある。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 20:09
-, -, pookmark