RSS | ATOM | SEARCH
台湾一周 鉄道旅 2020 その(79) 南港駅から区間車に乗り換えて基隆駅へ

【写真−1 この列車は台東方面へ】

 

 南港駅は台湾高速鉄道も乗り入れる3層の地下駅で、地下ホームを移動するだけでは人も少なく大きな駅には感じない。写真−1は基隆へ行く区間車のホームだが、特急『普悠瑪(プユマ)号』も台北方面からやって来て停まり、この列車が大事故を起こした。

 

【写真−2 台湾でもキセル乗車する輩はいるのだろう】

 

 写真が前後するが、写真−2は特急『太魯閣号』から区間車に乗り換える時に利用した改札口。こういう関所の様な改札口があるということは、普通切符で特急に乗る人が多く、それを阻止するためだろうが、日本でも新幹線から在来線間へは改札がある。

 

【写真−3 一見特急列車風だがこれが区間車】

 

 待つことしばしで区間車がやって来た。写真−3で分かるように先頭車両は特急の様なデザインで一瞬目を疑う。区間車(各駅停車)には台南から高雄間まで1時間余、乗っり、その時の車両は箱型、座席はベンチ式のいかにも各駅停車用という感じであった。

 

【写真−4 車内風景はどこの国でも似ているがやはり台湾という感じはする】

 

 写真−4が乗車した区間車の車内の様子。座席はベンチ式で吊革がぶら下がっていていかにも近郊を走る仕様で、乗客も通勤風スタイル。どこの国でも同じだろうがスマホに熱中し俯いているのは共通で、その無言の無気味さがコロナ感染を防いでいるという。

 

【写真−5 自転車を置くスペースも車内にあった】

 

 乗車した場所の前に写真−5のトイレがあった。各駅停車用に使っている車両だが、かなり遠くへ行くためにあるのかも知れない。中はどうなっているかと写真を撮るが、車椅子で利用出来るように広く、そういえば台湾の鉄道では車椅子使用者が目立った。

 

【写真−6 台北への通勤圏なのか高層のマンションが谷間に目立つ】

 

 南港駅から7つ目が基隆駅で、写真−6は基隆駅まで13.1キロ、南港駅から2つ目の『汐止駅』。汐と表記しているように海に近いのかと思ったが、近くに曲がりくねった『基隆川』が流れていて、この辺りで潮の満ち干が止まるから『汐止』となった。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 21:20
-, -, pookmark
台湾一周 鉄道旅 2020 その(78) 南港駅に到着し特急『太魯閣417号』から下車

【写真−1 既に大事故のあった場所は通り過ぎていた】

 

 台湾北東部を走る『北廻線』は花蓮−蘇澳新駅間79.2キロあり、断崖上や台湾最長10キロに及ぶトンネルを持ち、蘇澳新駅から八堵まで行く『宜蘭線』となり、台北方面へ繋がる。写真−1は宜蘭線の『羅東駅』ホームで、談笑している旅行者 が印象的。

 

【写真−2 この駅に台湾新幹線が乗り入れているとは知らなかった】

 

 『南港駅』に到着。写真−2の案内で分かるように既に台北市内に入っている。台湾の都市部に乗り入れる鉄道は地下化されていて、この駅も2008年に地下化され、地下鉄や、2016年には台北駅から台湾高速鉄道が延伸されて、この駅まで入っている。

 

【写真−3 それほど人は降りなかった】

 

 南港駅で写真−3の特急『太魯閣417号』から下車。台鉄の同型車に『普悠瑪(プユマ)号』というのがあって、2018年10月に死者18人の脱線事故を起こした。その事故地点を車窓から見えるかと思ったが、写真−1の駅2つ手前が分からず見失った。

 

【写真−4 こういう漢字だらけの表示を見ても日本人は理解する】

 

 下車した南港駅の鉄道路線は地下3階に分けられ、写真−4で表示されるように基隆へ行く区間車は降りたホームから下の階へ行くように指示されている。このホームには特急が次々と入って来て、区間車へ乗り換えるには一度改札を出るようになっている。

 

【写真−5 都市部の駅は地下化されどこもこの様な雰囲気】

 

 写真−5は区間車用のホームで、基隆へ南港から行くには通り過ぎて戻る形を取っている。南港手前の『八堵駅』か『七堵駅』で下車すればそうしなくて良いのだが、他の特急は停車するものの、この『太魯閣417号』はどちらの駅にも止まらなかった。

 

【写真−6 鉄道が重要な輸送機関であることが分かる】

 

 基隆駅は盲腸のように『宜蘭線』から突き出ているが、基隆−高雄間を結ぶ『縦貫線』の起点になっている。縦貫線も海側と山側を走る路線があって、基隆駅からは『北段』と呼ぶ。基隆行き区間車ホームは特急『普悠瑪』も停車しているのが写真−6で分かる。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 21:43
-, -, pookmark
台湾一周 鉄道旅 2020 その(77) 東海岸の中央に位置する花蓮県を通過

【写真−1 魚は住んでいるのだろうか】

 

 東海岸を通る鉄道は大きな川を渡ることが多く、写真−1は花蓮駅に入る前の川を渡っている時で、今までの川同様河原が広い。これだけの川なら流域も長いと思うが、地図で調べると中央山脈に連なる写真に見える山の奥から始まっていて、意外と短い。

 

【写真−2 高雄と台北の中間くらいか】

 

 写真−2の花蓮駅に到着。この駅は台東−花蓮間の150.9キロ『台東線』と、花蓮−蘇澳新駅間79.2キロ『北廻線』の始まりで東海岸の重要な駅となっている。花蓮県の中心の花蓮市は人口11万人、日本の与那国町、高千穂町、盛岡市と友好関係にある。

 

【写真−3 花蓮市は港を持つように海にも近い】

 

 花蓮駅構内は写真−3の様にかなり広い。この花蓮駅、昔は花蓮港の方に駅があって花蓮駅と称していたが、全線開通の1982年にその駅を廃止し、現在の駅が生まれる。なお、旧花蓮駅は日本の植民地時代に造られた駅舎を中心に『鉄道文化園』として公開。

 

【写真−4 西海岸と違って東海岸は牧歌的な感じがする】

 

 花蓮県は台湾にある県の中で最大の面積を持つが、平地は7%しかないというように写真−4の様に山が迫っている。乗車している特急の名前に使われている『太魯閣』もこの県にあり、山岳、渓谷美を誇る国家公園に指定され、先住民も多く居住している。

 

【写真−5 確かに東海岸は山が迫っていて平地は少ない】

 

 写真−5はどこを走っているか分からないが、太魯閣国家公園に近いのか山がかなり高く河原に迫っている。この川の源流も3000m級の中央山脈に連なる山々からだが、写真でも分かる様に山から一気に水が流れるような地形で、大雨の時はかなり危険。

 

【写真−6 川を改修しているのか砂利採取なのか分からないが重機が見える】

 

 写真−6も写真−5と似た川を渡っているが、手前に平行して橋があり、この橋はレールは見えなかったが、かつての鉄道橋の様だ。台湾の鉄道は出水によって流される鉄道橋も多く、高雄−屏東間の屏東線にある1914年架橋の『旧下淡水渓鉄橋』は有名。

 


 

author:cebushima, category:台湾一周鉄道旅 2020, 20:29
-, -, pookmark