RSS | ATOM | SEARCH
新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年 その(72) 期待した富士山は見えずに新横浜へ

【写真−1 昔から列車旅にはお茶が似合う】

 

 今回の旅で役に立った写真−1のテーブルの上にある時刻表は、ネットを通じて何でも検索できる今は時代遅れのようだが、ネットの単細胞情報よりも複合的な情報が分かるので便利。時代遅れと思う人間は自ら考え結論を出す行為が退化している為であろう。

 

【写真−2 左側の座席を予約していたが御覧の空】

 

 浜松辺りまでは青空が広がっていて、このままなら晩秋の富士山を車窓から見えると楽しみにしていたが、浜松を過ぎてから写真−2の様に雲行きがおかしくなって来た。日本は細長い国だから、新幹線乗車時と下車時に天気がガラッと変わっていたこと多し。

 

【写真−3 伊豆半島があるために気流が乱れやすいのか】

 

 写真−3は既に富士山が見える地域を通り過ぎていて、富士山が見えると思しき地点では前面に雲がかかっていて山の欠片さえも見えなかった。思い出してみると、新幹線に乗って富士山が見えたのは1回か2回くらいで、見える確率はかなり低い。

 

【写真−4 たまたまの雲で期待は裏切られた】

 

 静岡を通り過ぎて神奈川に入った路線沿いで写した写真−4。東横インが右の方に見えるが、神奈川県で新幹線から見えるのはいくつもない。セブの東横インはコロナ騒ぎで観光客はゼロになったが、コールセンター要員の貸し切り状態となって思わぬ特需。

 

【写真−5 次は終着の東京駅】

 

 岡山駅を12時23分に発って、写真−5の新横浜駅に16時22分に到着し、ここまで所要時間4時間を切っている。この駅が出来た当時はこんな田舎にと思ったが、今や新幹線は全車両が停まり、横浜中心部へ至る地下鉄も入り、駅の周りもかなり発展した。

 

【写真−6 左側は川崎で右側は田園調布】

 

 『ひかり470号』は写真−6の多摩川を渡って東京へ入り、終着は近い。時期的に水量は少なく露出部分は多い。上流側に見える青色に塗られた2連の橋は『丸子橋』で、クラシックな形をしているが2000(平成12)年に新しく架け替えられた橋である。

 


 

author:cebushima, category:新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年, 20:42
-, -, pookmark
新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年 その(71) 変貌著しい名古屋駅から浜松駅へ

【写真−1 地平線に雲はあるが良い天気は続く】

 

 東海道新幹路線で積雪によって影響が出る米原を過ぎると、写真−1の様な平野部を走る。次の停車駅は名古屋で、京都駅を13時59分に発って名古屋駅には14時36分に到着しわずか47分間の乗車時間。各駅だと米原、岐阜羽島に停まるが意外と近い。

 

【写真−2 空港行きの特急はスカイ何とかと名が付くのが多い】

 

 名古屋に近づいて見えたのが写真−2の、白を基調に明るい青に塗り分けた車両。名古屋だから名鉄の特急ではないかと調べたら、これは『ミュースカイ』という名称で名鉄岐阜−名鉄名古屋−中部国際空港を走り、名古屋−空港間は28分で結んでいる。

 

【写真−3 この特急の走る路線は中山道という昔の道を思い出す】

 

 名古屋駅へ到着する直前に写真−3の車両を見かける。この列車は名古屋−長野間を走る『特急しなの』で、中央本線、篠ノ井線、信越線経由を2時間余で走り切る。

 

【写真−4 マリオット・ホテルが高層階に入っている】

 

 写真−4の高層ビル3棟の建物は1999年に竣工した『JRセントラルタワーズ』で、駅ビルとしては世界最大級の広さを持つ。この反対側も開発が進んでいるが、その昔、鈍行で名古屋に停まった時に時間があったので、駅前のパチンコ屋へ行った記憶がある。

 

【写真−5 太陽光パネルがいかにも今風の光景】

 

 岡山駅から乗車した『ひかり470号』は時間通りに東海道沿線を東京へ向かってひた走る。写真−5は浜名湖口を渡っている時で、相変わらず天気は良く、富士山が観られるかと期待が高まる。次に停車する浜松駅までは、名古屋から45分の乗車時間。

 

【写真−6 各駅停車のこだまが次にやって来る】

 

 写真−6は浜松駅ホームの様子。浜松も昔、鈍行で途中下車して市内のデパート屋上へ行った記憶を持つが、当時はチョッと大きい田舎の町という印象であった。浜松からは静岡、富士山が見えるか気にしながら三島に停まり、首都圏の新横浜に向かう。

 


 

author:cebushima, category:新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年, 20:40
-, -, pookmark
新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年 その(70) 新大阪駅から京都駅へ

【写真−1 ビルに囲まれて古都の駅らしさはない】

 

 新大阪駅に2分間停車した『ひかり470号』は、13時43分に次の停車駅京都を目指して発車。新大阪駅−京都駅間は15分を切る乗車時間だが、国内有数の観光地にある京都駅はドル箱駅。写真−1は在来線を睥睨するように京都駅へ入る直前の様子。

 

【写真−2 外国人観光客にはやはり富士山か】

 

 目の前に写真−2の大きな看板があり、線路との隙間から在来線ホームが見える。看板で目隠し囲い込まなくても良いと思うが、写真の富士山、新幹線の中から見える富士山の雄姿は惚れ惚れし、そのために左側の席を取っているが天気次第で見えるかどうか。

 

【写真−3 京都駅ビルのデザインは有名だがこちらからだと裏側で冴えない】

 

 京都駅に降りたのはいつなのか覚えていないが、京都駅舎は4代目で、3代目の駅ビルは1952(昭和27)年に竣工。写真−3の京都駅ビルは4代目で、1997(平成9)年竣工なので駅ビル3代目の時であったのは確か。写真の辺りはJR経営のホテルか。

 

【写真−4 東寺の五重塔より高い建物は駄目という不文律があったが】

 

 巨大な駅ビルになった京都駅は以前の京都に着いた雰囲気を失ったが、写真−4の窓から見えた『京都タワー』で、以前は駅前にこんな物を造ってと思ったが、市内一高い131mの塔を遠望して京都を感じた。1964(昭和39)年竣工で既に半世紀を超える。

 

【写真−5 彼方の山は比叡山だろうか】

 

 京都駅を出てすぐに写真−5の青く塗られた電車を見る。最初は京都駅に乗り入れている近鉄特急かと思ったが、これは倉吉−鳥取―京都間を走る智頭急行線経由のJR特急『スーパーはくと』の車両。これで鳥取から京都へ出ても良かったが時間が悪かった。

 

【写真−6 こういうのが日本の原風景】

 

 京都駅の次は名古屋駅で、その所要時間は40分もかからず新幹線らしいスピード感で走り抜ける。この区間は積雪でダイアに影響の出る米原もあるが、全体に写真−6の平地を走り、手前に黄色く見えるのは稲田にしては収穫時期を過ぎていて他の作物か。

 


 

author:cebushima, category:新幹線全線乗車の旅(ジャパンレイルパス) 2019年, 20:30
-, -, pookmark