RSS | ATOM | SEARCH
ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(12) この時期はドリアンの最盛期

 その日の内にダヴァオ市へ戻るため、ダヒカン・ビーチでは写真を撮っただけでマティ市内に戻る。

 

【写真−1 これを見ると道路の幅が広いことが分かる】

 

 写真−1はその時の車内から見たマティ市内目抜き通りの様子で、東ダヴァオ州の州都、人口16万人を超えるだけあって活気を感じさせる。

 特にフロント・ガラス越し前方に見える小さな車は、最近フィリピン各地で爆発的に増えている三輪自動車で、従来のオートバイに側車を付けたトライシクルをいずれ追い越しそうな勢い。

 この三輪車は元々はイタリア発の車種でインドで生産されていたが、フィリピンでも組み立て生産が始まったのか安価になり、またそれを真似した中国産の三輪車も混じり、デザインのキュートさもあってトライシクルの代替え車になりそうだ。

 

【写真−2 外観の色の具合だけでは食べごろかどうかは分からない】

 

 時間がなかったのでマティ市内を探索することはできずに、荷物を預けてあるホテルに直行するが、途中写真−2のフルーツ・スタンドに立ち寄る。

 

 この時期のミンダナオ島は各種フルーツが出回り、写真−2のスタンドに乗っているのが『ドリアン』で、手前の赤い小さな果実は『ランブータン』。
 

 ドリアンは『果実の王様』といわれるように、その味はチーズに似た濃厚な甘みを持つが、プロパンガス同様の独特の臭いがあってフィリピン人でも好き嫌いがある。


 ドリアンはスイカと同じで外見だけでは熟し具合は分からず、店の人間が刃物で割って熟し具合を見て売っているが、買う側の地元の人間も真剣な眼差しで選んでいる。

 

【写真−3 実の割には食する部分は少ないがたくさん食べる物でもない】

 

 持ち帰ったドリアンをホテルの庭にある小屋で割ったのが写真−3で、臭いは一帯に充満し嫌いな人は鼻をつまむほどで、このため飛行機などの交通機関や公共施設ではドリアンの持ち込みを禁止をしている所もある。

 ドリアンの果肉は大きな種を包むようにあり、そこを食べるが実の大きさに比べて食べられる部分は意外と少ない。

 

 ドリアンを初めて食べたのは1980年代初め頃のミンダナオ島であったが、その臭さには閉口すしたものの、濃厚な味に慣れると気にならなくなり以降平気になった。

 ただし、ドリアンも臭いの弱い品種が栽培されていて、写真のドリアンも以前食べたドリアンの強烈な臭いを感じさせず、その系統なのかとも感じ、野菜でも何でも原種の持つ強さを弱めてしまう品種改良も考えもの。

 写真のドリアンの種の中でとりわけ大きな種3個を選んでセブに持ち帰り、水に漬けていたら1個から根と芽が出て双葉になった状態を見計らって鉢に植え替えた。

 今のところ育っているが、アボガドなどと違ってその成長は遅く、鉢から地植えするまでかなりの時間がかかりそうだし、地植えしても実生からは実を結ぶには5〜6年くらいかかるから先の長い話である。

 セブは台風が来るためかドリアンの樹や他の果樹栽培はあまり聞かないが、ミンダナオ島は台風がほとんど来ないのと、肥沃な土地のためにバナナを始めとした果樹栽培に適しているようで、まだまだ農業の発展余地は高い。

 


 

author:cebushima, category:ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019, 19:07
-, trackbacks(0), pookmark
ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(11) マティ市の誇るダヒカン・ビーチへ

 フィリピンには7000余の島があり、その内4000ほどの島に人が居住しているとされ、まだまだ観光化されていない海岸線が多く残っている。

 

【写真−1 素朴な標識】

 

 一晩泊まった海岸線続きに『DAHICAN  BEACH=ダヒカン海岸』があり、写真−1はその海岸で見かけた案内板で簡易なレスト・ハウスの前の砂の上に突き刺さっていた。

 

 ダヒカン海岸は日本的な表現ならば文字通りの『白砂清松』で、松の代わりに椰子の樹が南国の風情を浮き出させ、平日であったためか静寂に包まれていた。

 

【写真−2 泳ぐのではなく木陰の下で眺める海と海岸】

 

 海岸線は2キロに及び波静かだが、目障りなリゾート施設はまだ出現していなくて、海岸真ん中辺りに写真−2の観光客向けの写真ポイントがあった。

 

 フィリピンの自治体や観光地にはこういったモニュメントを作るのが流行っているのか、似たようなデザインが多く、スマホで写真を撮れば現地訪問の記念になるということなのだろうが、趣味の良い話ではない。

 この海岸の砂浜は珊瑚の砂が堆積した色をした天然ものだが、リゾートして有名なセブのマクタン島など天然の砂浜を持ったリゾートは少なく、その多くは外部から砂を運んで作った人工浜である・

 シャングリラとか旧ヒルトンといった一流のホテルや近年急増している新興ホテル・リゾートも岩場を平らにして砂を運び込んでいて、世界的に有名なハワイのワイキキ海岸も人工浜である。

 

 そういった砂は近隣の島の天然砂を運び入れていたが、近年は環境保護の声が高くなり山の白い砂(アナポグ)を運んで人口浜を作っているらしいが、どちらにしても自然破壊の上にリゾートの海岸を作って維持しているのには変わりない。

【写真−3 まだまだフィリピンにはこういう俗化しない海岸が残っている】

 

 写真−3は写真−2のダヒカン海岸の反対側の海岸の様子で、長い海岸線の状態が良く分かり、砂浜の両側は泊まった家の前に見えたような岩場に繋がっている。

 マティ市のある東ダヴァオ州は自然の残る地域で、世界遺産に指定されている公園がありその中心は『HAMIGUITAN=ハミギタン』山で、標高は1620メートルある。

 この公園の位置はマティ市に入る手前にあって、滞在中その山の姿くらいは見えるのかと思ったが、天候不順で雲が多くその姿は拝めなかった。

 

 フィリピンには世界遺産指定が、文化遺産3ヶ所、自然遺産3ヶ所の計6ヶ所あり、この中で、文化遺産3ヶ所は既に訪れていて、自然遺産の中ではパラワン島の『地底川』一つしか訪れていない。

 

 残る二つは『トゥバタハ岩礁』とマティ市近郊の『ハミギタン山域』で、トゥバタハはルソン島とパラワン島の中間にある環礁で、ダイヴィング船にでも乗艇しないと簡単には行けない。

 一方、ハミギタン山域は東ダヴァオ州というミンダナオ島の辺境にあるが、フィリピンに残された最後の森といわれ、次回マティ市を訪れることがあれば是非行きたく、次回の楽しみに取っておく。


 

author:cebushima, category:ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019, 19:09
-, trackbacks(0), pookmark
ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(10) 海べりの別荘風建物に宿泊

 マティ飛行場を見学してからマティ市郊外にある海岸へ向かうが、海沿いの道路の海側には別荘風の建物が連なり、反対側は鬱蒼とした椰子林が広がる。

【写真−1 こういうプールは泳ぐというより水の涼しさを得るためにある】

 マティ市のある東ダヴァオ州は『ココナッツ州』と呼ばれるように椰子の樹が多く植えられ、途中通過した北ダバオ州やコンポステラ・バレー州が『バナナ州』と呼ばれるているのと対を成す。

 写真−1
が地元の知人を通じて用意してくれていた貸別荘で本日の宿泊場所になる。

 300坪くらいの敷地の中に、モダンなデザインの建物とその前面に20メートルくらいのプールが造られ、写真手前に白く写るのは海砂を敷き詰めた庭で、写真を撮った側に海が広がる。

 全体に広々とした印象はあるが、寝室2つにキッチン、リビングの2LDK仕様で、周りには樹がないために建物内は暑く、部屋に備え付けのエアコンを常時動かしていないと快適さからは遠い。

 これだけの敷地と建物、プールを常時綺麗に管理するのは大変だが、建物の裏に管理人の家があってその辺りは怠りない。

 2部屋と書いたが、寝具の数から10人以上の宿泊は可能で、そうなると人数当たりの宿泊費はかなり安く、最近日本で取り上げられる大人数向きの『民泊』と似ている。

【写真−2 岩場の向こうはドロップ・オフになっているのか漁船が出ている】

 写真−2は建物敷地前面に広がる海岸と海の様子で、敷地は2メートルくらいの高さがあり、そこを岩場の海岸に降りると300メートルほど沖合まで岩場が続いている。

 

 この岩場の状態は干潮の時で、潮が満ちてくると建物のある敷地まで水面は上がって一面海になり、海面の向こうには山並みが連なり、その谷間には雲がたなびきその変化を見るだけでも飽きさせない。

 山並みの向こうは遥か南スリガオ州に連なり、そしてミンダナオ島最北端の州になる北スリガオ州へと続き、その先は海峡を挟んでレイテ島に繋がる。

 写真で分かるように眺めている分には気持ちの良い景観であるが、海から2メートル少々の高さでは仮に津波が押し寄せた時ひとたまりもなく、先の三陸大津波の被害を知る身としては綺麗だけでは収まらない不安を感じさせる。

 ミンダナオ島では過去に大地震による津波が発生し、多大な被害を受けている例もあり津波が全くないとは誰もいい切れないが、そういった発想は、このような土地に別荘を造るような金持ちには無縁で貧乏臭い考えになるのかも知れない。

【写真−3 海風がおかずの一つになる】

 写真−3はその晩に用意した食事の数々で、中央に見えるのはフィリピンでタンギギと呼ぶ白身の魚で、これは備え付けのバーベキュー設備を使って炭火で焼いた。

 その右側はパンシット・カントンと呼ばれるフィリピン風焼きそばで、脂ぎったフィリピン料理に面食らう日本人が好む料理の一つになる。

 その右上に見える丼内はフィリピン風生魚の酢締めになるタンギギのキニラウで、ココナッツ・ミルクが入っているのが特徴。

 一番左端にある料理は小イカを煮たイカのアドボで、その他はフィリピンでは定番の鶏と豚肉料理になり、これで米飯を食べる。

 野菜の料理がないなといつも感じるが、野菜料理というのは、最近でこそレストランでもサラダを出すようになったが、フィリピンでは野菜を食べるのは貧乏人との印象の強い国である。

 


 

author:cebushima, category:ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019, 21:07
-, trackbacks(0), pookmark