RSS | ATOM | SEARCH
この一枚2019年 セブ篇 その(13) フィリピンで流行る3輪車

 この間、ミンダナオ島ダヴァオ市の中心を歩いていたら、最近あちらこちらで見るようになった3輪車の大きな宣伝幕がウィンドーに張られていて一枚写した。

【洒落たデザインの3輪車】

 これは『Piaggio
=ピアッジオ』というイタリアの自動車メーカーが生産している『Ape』という車種で、どうしてイタリア製の3輪車がフィリピンで売られているのかと不思議に思った。

 しかし同社はインドでこの3輪車を生産していて、他にも映画『ローマの休日』をきっかけに世界的に知られるスクターの『ヴェスパ』もインドで生産をしているし、高級オートバイで知られる『モト・グッチ』も2004年に同社が買収している。

 

 インド製ならフィリピンを含む東南アジア地域に輸出するのは容易く、そういえば以前タイのメコン川沿いにあるノンカイの町でヴェスパを売る専門店があって驚いたことがあったが、インドから輸入すれば確かに距離的には近い。

 

フィリピンには『トライシクル』と呼ばれるオートバイに側車を付けた3輪車が津々浦々で走っているが、最近はガソリン使用のオートバイでは大気汚染の発生源になるといって、電動トライシクルを走らせるプロジェクトが始まっている。


 このプロジェクトには日本が歴代の総裁を独占しているアジア開発銀行が巨額な資金を継ぎ込んでいるが、電動トライシクルはフィリピン人のマインドに合わないのか計画は予定通り進まず、フィリピンの実情を知らない銀行屋の机上のプランと酷評されている。

 電動トライシクルの一番の難点は、運転手の収入が確実に減ってしまうことで、

従来のトライシクルだと運転者を含めて10人近く乗せることもあり、地方によっては10人以上乗せることも珍しくない中、電動だと5〜6人程度しか乗せられない。

 そのため、電動トライシクルは観光地などの限られた区域や交通警察の目の届く範囲での運行となり、アジア開銀のこのプロジェクトは大風呂敷を広げただけの結果になりそうだ。

 写真に似た3輪車で思い出すのは中米・ホンジュラスに住んでいた時に町のタクシーに同じような3輪車が使われていて、なかなか面白いと思ったが、その時の3輪車はスペイン製であった。

 似たようなデザインではタイで走る『トゥクトゥク』も面白く、かつてのバンコクはかなり走りボッタくり覚悟で観光客も利用していたが、軽量鉄道網と地下鉄が整備されて市内の移動が分かり易くなり利用は減っているようだ。

 このトゥクトゥクは日本の3輪車の中古車を改造して走らせたのが始めといわれていて、フィリピンの主要な足であるジプニーがアメリカ軍の払い下げジープから生まれたのと似たような経緯がある。

 

 その日本の3輪車というと一番に思い出すのはダイハツの『ミゼット』で、この車種は1957年に生産開始し、1972年に生産が終了したとある。

 ミゼットは日本の戦後の高度成長を支えた3輪車といっても良く、近所の商店が配達に使っているのを覚えているが、一度酒屋が使っていたミゼットに乗って丸ハンドル、2人乗り、フロントが曲面だったことに印象的であった。

 このミゼット軽自動車になるが当時の排気量一杯の360CCではなく、305CCの空冷単気筒であったから、オートバイ並みのエンジンで走り回っていたことが分かる。

 

 このミゼット以前の日本の3輪車というと、子どもの頃家の横の道路に停めて野菜を売る3輪車の記憶があり、その3輪車のハンドルは左右に開いた形式で、運転席に座ってそのハンドルを握って遊んだが、あれはオート3輪と呼んでいた『クロガネ』製であったと思う。

 さて、写真に戻るが赤地に白抜きの文字で1日当たり157ペソ、42ヶ月払いで買えると書き、その他登録料3年間無料、保険も負担するなど色々載っていて購買意欲を誘っている。

 

 157ペソというのは現在のレートで換算すると220円位で、その程度なら毎日飲むコーヒー一杯より安いと考えるのは日本人の感覚であって、フィリピンの法定1日最低賃金は500ペソ前後であり、ダヴァオを含むミンダナオ地域は最も安い地域になる。

 

 分かり易く書くと日収の3分の1の負担で手に入る3輪車となるが、月当たりでは約4800ペソ、それを42ヶ月間払い続けると20万ペソを超えるが、これには頭金については全く触れていなくてその辺りは分からない。

 

 この手の3輪車が安いのか高いのかは別にして、長期ローンならば当然金利分上乗せはあるだろうし、フィリピンの金利は非常に高く年20%程度は普通で、銀行以下金貸し業者は我が世の春を謳っている。

 写真の宣伝通り、1日157ペソポッキリでこの3輪車が手に入るのか、プラス金利分が上乗せされるのかは不明だが、広く普及している従来のトライシクルも新しく作るとなると20万ペソを超すというからこの3輪車と値段の上では良い勝負である。

 しかし、その格好の良さからイタリア・ブランドのインド製の3輪車の方が見栄えは良く、あっという間に普及し、ミンダナオ島の端にある町でもかなり目についた。

 この3輪車、フィリピンでは商機があると思ったのか、中国やヴェトナムなどからも似たようなデザインの3輪車がフィリピンに入って来ていて、増々増えそうな気がするが、従来の武骨なフィリピン製トライシクルの姿も捨て難い。

 


 

author:cebushima, category:この一枚2019年 セブ篇, 20:25
-, trackbacks(0), pookmark
この一枚2019年 セブ篇 その(12) ラオスのドラゴン・フルーツの苗をセブで植えて実が成った

 写真はセブで成ったドラゴン・フルーツの実で、長さは13センチほどある。

【非常に瑞々しく甘い】

 この実はセブ島北部の街に住む知人からもらったものだが、その苗は小生宅から分けて庭に植えられたもので、この雨季に入って次々と実が成り、今回初めてお裾分けとなった。

 ドラゴン・フルーツは熱帯地域で栽培され、フィリピンは栽培には適していて、この間旅行をしたパラワン島でもドラゴン・フルーツを栽培している農園を目にしているし、フィリピン各地で栽培されていることを見聞きする。

 

 写真の実の元は小生宅から分けた苗と書いたが、その苗は小生がラオス・ヴィエンチャンに住んでいた時に知人宅の庭に生えていた株から何本かもらったもので、ラオスのドラゴン・フルーツになる。

 ドラゴン・フルーツは三角サボテンといわれるようにサボテンの種類に成る実で、乾燥に強くラオスで切り取った先端はセブに持ち帰っても問題なく、それを鉢の上に差して苗を大きくした。

 

 気候的にはラオスもフィリピンも似ているので、生育には問題はなかったが植え付けて5年以上経っても花の咲く様子はなくて、やはりラオスのドラゴン・フルーツはセブには不適かと思っていた。

 ところが、昨年ポツリと花が咲いていよいよ実が成るようになったかと期待したが、結実せず、何回か花は咲いても同じことの繰り返しで、都会で栽培するのは無理かと思った。

 ドラゴン・フルーツの花は一夜で花が咲き萎んでしまう『月下美人』と似ていて、香りの強いかなり大きな花だが、開花したら人工的に受粉させる方が確実に結実すると知り、花の蕾を見たら構えていたが、花芽そのものが稀で結実への道は遠かった。

 

 それでも、受粉して結実したような実も確認したが、育つ前に3センチほどになった小さな果実は枯れ落ちてしまって、やはり土とか肥料やりの問題があるのかと半ば諦めていた。

 ところが、写真の実を育てた家では、日当たりが良い場所で肥料も有機質の物を与えて手入れに余念がなく、小生宅のように陽当たりの良くない壁際に這わし、気が付いたら水をあげる程度の怠惰な対応では実が成らないのは当たり前である。

 

それで初めてラオスから持ってきてセブで成ったドラゴン・フルーツの実を写真のように切ったところ、中身は紅色であることを初めて知り、ドラゴン・フルーツの実の色は写真のような紅色と白色があり、紅色の方が甘さは強いらしいが確かに甘かった。


 ドラゴン・フルーツはタイやインドネシアのホテルの朝食などで良く出るフルーツだが、その多くはフルーツというには甘さが足らなく、白いドラゴン・フルーツなど味のない大根を食べているような食感さえあった。

 しかし、今回のドラゴン・フルーツは癖のない甘さで柔らかく、ラオス産のドラゴン・フルーツはセブの地で本来の美味さが出たと思われ、これはもう少し腰を入れて栽培しなければと思った。

 セブ島の北の方に広大な農地があるので、そこで栽培を始めるかなどと考えるが、植物にしろ生き物は生半可な態度では上手く育てられないから、簡単な思い付きだけでは失敗するのは承知している。

 それでもドラゴン・フルーツはサボテンなので過酷な土壌に強く、強い日照にも強いため、それほど繊細な手入れは要らないと思え、目下どのように栽培をしたら上手く行くのか資料に当たっている。

 


 

author:cebushima, category:この一枚2019年 セブ篇, 18:32
-, trackbacks(0), pookmark
この一枚2019年 セブ篇 その(11) フィリピンの足 『トライシクル』

 トライシクルというのはオートバイに屋根付きの側車を付けた3輪車で、フィリピンでは重宝な足になっている。

【ひと乗り8ペソからあとは距離と場所によって支払う額は変わる】
 

 フィリピンに来て一番驚いたのは『歩かない』ことで、家から目と鼻の先の場所でもこのトライシクルに乗って行く人が多く、これも暑い日差しの下では歩くのが大義だからと理解はできるが、それにしても歩かない。

 写真を見ると分かるようにトライシクルの構造はオートバイが左側、側車は右側にありオートバイ側には運転手を含めて3人、側車には4〜5人は乗れる座席があり7〜8人くらいが乗れる。

 オートバイのエンジンは125ccが多く、これに側車と客の重量が加わり、総重量はいくらになるか分からないが、かなり重たくなっていることは確かで、急な坂道ではウンウンとエンジンを唸らせて走っている。

 7〜8人は乗ると書いたが、それは都市部など警察の目のある所であって、地方に行くと屋根の上に乗ったりして10人を超え、それプラス荷物を満載したトライシクルも珍しくない。

 このトライシクル、その鈍重な機能性のなさから都市部の大通りからは追い払われているが、大通りと大通りを結ぶ横丁などではまだ大活躍で需要も多いし、地方ではまだまだ交通の主力となっている。

 このトライシクル、地元にある小さな鉄工所でデザインし製作されているので、地域ごとにデザインは様々で、その違いだけでも目を楽しまさせ小生など地方へ行く都度に写真を撮っている。

 写真のトライシクルは標準的なスタイルだが、側車形式ではなく中央にオートバイを置いて箱型の客室を引っ張るタイプもあって、これなど車輪が4つあって正確には4輪車になる。

 また、法律的な制約があるのか、地域によっては客室には並んで2人しか乗れない構造のトライシクルもあって、1人いくらの運賃で運ぶトライシクルとしては稼げないタイプもある。


 先年、ルソン島北端を旅行した時、彼の地では側車は2人掛けで、しかもその屋根はかなり低く、頭を縮めて乗るような窮屈さを感じたが、ルソン島北端のバタネス諸島でも同じような作りで不思議な感じがした。

 トライシクルの運転は見ている限りは楽そうだが、一度広場で運転をさせてもらった時があり、意外に真っ直ぐ走らせることは難しく、曲がる時もハンドルは重くかなり要領が必要であった。

 フィリピン全土にトライシクルが何台あるのか統計的に出ていないが、アジア開発銀行によると2014年では350万台と推定されているから。それから5年も経った現在では400万台に迫ったか追い越しているのではないか。

 アジア開銀(ADB)がトライシクルのデータを作っているのは、ガソリンエンジンのトライシクルを電動化するプロジェクトがあって、2017年までに10万台を電動化するとなっている。

 公害対策としての電動化プロジェクトで、総事業費は5億ドルを超す巨費が投じられ、ADBは内3億ドルを融資するとなっていて、既に電動トライシクルが日本企業によって生産、運用されている。

 ところが、このプロジェクトは個人事業主であるトライシクル運転手に融資して所有させるため、元々資力のない運転手が高価な電動トライシクルを持つことは不可能で早くも行き詰っている。

 このプロジェクト、トライシクルなどに乗ったことのない日本のJICAや銀行屋がフィリピンの実情を知らずに作った代物で、甚だ評判が良くなく、早くから頓挫すると指摘されていたがその通りになっている。

 

 電動化となると従来のエンジンとは違う整備体系となり、その整備体制や充電設備など包括的に考えられなければならないし、何よりも致命的なのは乗車定員が少ないことで、多くの乗客を運んでいる現状から地方では普及が難しい。

 

 それでも電動トライシクルは国内で生産されていて運用もされているが、運用区域が狭い範囲に限られていて、まだ本格的に全国的展開とはならず、連れて導入台数も予定の10分の1以下と惨憺たる有様。

 こういう机上では成功する予定のプロジェクトというのはフィリピンの過去には多く、特にJICAが絡んだ無駄な、あるいは失敗したプロジェクトはいくらでもあり、税金が空しく消えている。

 その問題点は自分の懐から出していない『税金』が当てられるためで、無駄だろうが失敗しようが誰も責任を取らず、成功譚を大袈裟にしているのが日本のODAのこの手の実態である。

 

 話は横道に逸れたが、トライシクル運転手も日銭商売で、いくら一生懸命に働いても下層階級の範疇から抜け出られないのが現実であるが、それでも時々そういった家庭から子どもが弁護士になったとか士官学校を一番で卒業したといったニュースが流れる。

 ニュースになる位だから稀な例になるのだが、日銭商売で子どもを育て高等教育を受けさせる運転手を思うと、怠惰と思われがちなフィリピン人も働き者は多いことが分かる。

 

 トライシクルを構成するオートバイだが、現在フィリピンは爆発的なオートバイ・ブームで2016年にはオートバイ所有は530万台を超えた程度であったが、今では1000万台に達しているのではないか。

 

 そのため、交通事故も激増し、実際車で道路を走ると右に左にオートバイがすり抜けて走り、渋滞時には平気でセンタラインを超えて反対車線を走って来るのが当たり前で危険極まりない。

 

 このオートバイ・ブームもオートバイが分割で買い易くなったのが一因だが、フィリピンは金利が非常に高く年利20%は取られ、これは例えば5万ペソのオートバイを36回払いにした場合、総額で10万ペソを超える金額になる。

 一ヶ月当たり3000ペソになり、最低賃金が1日500ペソを超えた程度の大多数には負担は大きいが、トライシクルやジプニーに払っている交通費を考えると無理してでも買って、例えば夫婦相乗りならば元は取れるということになる。

 となると従来トライシクルを利用していた層が離れることになり、トライシクル運転手の収入にも影響は出ると思うが、今のところそういった話はないものの、徐々に効いてくるのではないか。

 


 

author:cebushima, category:この一枚2019年 セブ篇, 19:12
-, trackbacks(0), pookmark