RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン 2019選挙 その(5) 選挙結果−その2 大統領や副大統領経験者が落選した地方選挙

 5月13日に投開票が行われ、選ばれた者が正規に仕事が引き継がれ始めるのは7月1日からで、一ヶ月半も空白となるこの期間は政治、行政の停滞を招くはずだが、フィリピンは意に介さないようだ。

【滅茶苦茶に張られた市議選の選挙ポスター これでも綺麗な方】

 この長過ぎる引き継ぎ期間では現職と新人が争い、新人が勝ち現職が追い出される形になった時、嫌がらせが頻発し、マニラ市長選で3選をかけた元大統領エストラダ(82歳)は副市長(44歳)に敗れ、その引き継ぎ式に欠席し意趣返しをした。

 また、セブ市長選で再選を狙ったオスメニャは、これも副市長と前市長のタッグに敗れ、その腹いせに市庁舎の市長執務室の床やトイレのタイルを剥がすなど使えないように破壊し、人格そのものに批判が起き、内務自治省もこの行為は看過できないと声明を出している。

 『晩節を汚す』という言葉があるが、エストラダは大統領職を2年半ほど勤めて汚職で追われ、裁判では終身刑になったが恩赦で出た後にマニラ市長選に出て当選。

 エストラダのように政治権力の最高峰に登り詰めた人物が一介の市長職に出た理由は分からないが、マニラ市の虚名で見栄を張れたと思い、エストラダを追い出した次の大統領のアロヨも退任後下院議員になったから、権力の座は美味しいのであろう。

 そのエストラダ、若い時は白皙のアクション男優として名を売った著名な芸能人だが、政治へのスタートはマニラ首都圏サンファン町(現在は市)の町長が皮切りで、その後、上院議員、副大統領とトントンと登り1998年に大統領に当選。

 このサンファン市は首都圏でも富裕層が住む地域として有名だが、エストラダが国政に転身しても一族の支配は続き、今年の市長選では孫を擁立したが、副市長に敗れ一族支配は終焉に近づいた。

 エストラダ一族は定員24人しかいない上院議員に本妻(元上院議員)と愛人の息子それぞれ1人を送り込んでいたが、今回改選を迎え次点と15位という結果になって落選。

 他にも娘がマニラ市議会選で落選。甥が首都圏に隣接するラグナ州知事の返り咲きを計ったが落選。同じく甥がリサール州カインタ市副市長選で落選と、エストラダの虚名は通じなかった。

 一族からはエストラダ本人を含めて9人が立候補しているが、姪が強固な地盤であるサンファン市議選で当選したのみで、8人が落選し、半世紀続いたエストラダ政治王朝もこれで終焉かと見られている。

 首都圏マカティ市では下院議員選に出た前副大統領のビナイが落選し、エストラダ同様一族の王朝落日が囁かれ、マカティ市はフィリピン一の裕福な市で、外資系企業や大手企業が蝟集するビジネス街を持ちその税収は莫大である。

 そのマカティ市に君臨したのがビナイ一族で、汚職疑惑も数多くあり問題になりながら上手にすり抜けても、そういった汚点が落選に結び付き、ビナイ王朝のトップのビナイ前副大統領が落選するなど天地が引っくり返ってもあり得なかったが、今回はあり得た。

  もっともその予兆は選挙前からあって、本丸のマカティ市長の座を巡って現職の姉と元職の弟が争い、選挙戦では姉と弟の泥試合が続き、一族と取り巻き陣営は分裂し激烈な選挙戦が繰り広げられたが姉が当選。

 こういった一族による政治支配はフィリピン中どこにもあって、一族支配のない民主的に選ばれた自治体などほとんどないとまでいわれ、これは一族支配によって各種の利権を独占、集中されそのおこぼれに群がる取り巻きが増々強化されるためで、フィリピン政治の悪因となっている。

 落日のエストラダ一族であったが、一方現大統領ドゥテルテ一族は子ども4人が立候補し全員当選し、今回選挙の一番の勝者は一族安泰のドゥテルテだとまでいわれている。

 その内訳は、牙城であるダヴァオ市長選で娘が圧倒的な票差で再選し、むしろ殺される可能性のあった対抗馬が出て選挙があったこと自体に驚かされるが、八百長だとの話もある。

 この娘は父親の跡目を引き継ぎ、2022年大統領選に父親の跡目を狙って立候補するのではといわれ、全国政党を結成していて今回の選挙でも躍進しているが、さすがに二代続けてミンダナオ島から大統領を出すのは地域開発に不味いとの見方も出ていて、その動向は不確か。

 そのダヴァオ副市長には弟が当選したが、この人物サーフィンしかできない人物として有名であったが、父親と姉の名前で悠々当選。また、ドゥテルテの息子は姉と組んで副市長をやっていたが、違法薬物関与と密輸疑惑が持ち上がって、父親の顔に泥を塗った形になって任期途中で辞任。

 一見潔いようだが説明も何もなくて、事実が暴露されるのを怖れてほとぼりが冷めるまでの時間稼ぎで、『人の噂も75日』を地で行って今回はダヴァオ選挙区の下院議員に出て当選。しかも下院議長を決める段になって議長の座に意欲を示している。

 こうなるとドゥテルテの名前さえあれば無敵は間違いなく、人物の適否に関係なく票を入れるようで、選挙民の良識など皆無というかこのように問題にする方がおかしいのかも知れない。

 最後にフィリピン最大の州になるセブ州知事選のことに触れるが、ここ2期6年続けて、アキノ前大統領を出した自由党のダヴィデが座を守っていた。ダヴィデは元最高裁長官の息子で州議会議員から2013年知事選に挑戦し、アキノ大統領を生んだ流れに乗って当選。

 この時の対抗馬は3期9年セブ州知事を務めたグエン・ガルシア(女性)の弟であり、このガルシア家というのはセブの政治勢力を2分する政治一族で、父親もセブ州知事を歴任し州知事の座はガルシア家の指定席であった。

 復活を目指した2016年もダヴィデに敗れ今回の選挙を迎えた訳だが、ガルシア家は最強の前知事のグエンを担ぎ出して雪辱を計った。グエンは連続3期9年の規定で、知事職を退きセブ州西岸の選挙区の下院議員に鞍替えし2期連続当選。3期目を狙うかと見られたが知事選に回った。

 迎えるダヴィデと良い勝負になると思われていたが、どういう訳かダヴィデは副知事に立候補し、知事選にはタッグを組んだ副知事(女性)を擁立。こういうことがあるのがフィリピンの選挙であり驚くことではない。

 どうもダヴィデは知事選ではグエンに勝てないと見て副知事選に回ったのではないかと見られ、選挙結果はやはり知事にグエン、副知事にダヴィデが当選した。このように反対党派で公職が分かれる例は結構多く、ある意味ではチェック機能が働くともいわれているが、無意味な政争が起きることが多く、今後を注視したい。


 

author:cebushima, category:フィリピン 2019選挙, 17:53
-, trackbacks(0), pookmark
フィリピン 2019選挙 その(4) 選挙結果−その1 上院選はドゥテルテ大統領与党勢力が大勝

 フィリピンの上院議員は任期6年、定員は24人しかいなくて、その半数の12人が3年ごとに改選され、連続2期12年以上は憲法上の規定で不可だが、3年の時間を置けば再立候補することはできる。

【今回上院選で最下位当選した前副大統領の娘ビナイのポスターが見える写真】

 実際、一度地盤地域の下院議員あるいは首長職に立候補して1期3年を腰かけ、また立候補し当選し延々と上院議員職を私物化する者が多い。

 

 また、その投票方法が独特で、1人の有権者が1人の上院選候補者を選ぶのではなく、12人の枠一杯を連記して選べる方式を取っている。

 そのため、以前は記名式のため候補者全員の名前を覚えられず、投票所前で候補者の党派がこのように12人記入してくれというビラが配られ、その用済みのビラが雪のように付近を覆っていた。

 今は電子投票システムに変えられてマークシート式になり、候補者一覧の中から12人分を黒く塗り潰せば良いようになったが、これも12人以下の印しなら有効だが、13人以上に印しを付けてしまうと無効になり、今回の選挙では100万票以上の無効票が出たという。

 こういった無効票を防ぐ、事務の煩雑さをなくすためにも上院議員も下院議員と同じように1人1票にするべきだが、どうも12人も書いてくれるなら俺も入るのではないかという上院議員立候補者の『助平心』から、改められる様子は全くない。

 12人もの複数候補者を選べるために今回の上院選でのトップは2500万票余という途方もない票を得ていて、2016年に行われた大統領選で当選したドゥテルテの総得票数が1660万票余を考えると、いかに上院選が異常な選挙方法かと分かる。

 さて、上院選の当選結果であるが、ドゥテルテが推した候補が軒並み当選し、またドゥテルテに近い党派も順調に当選を重ねたが、前大統領アキノを擁した野党最大の自由党が現職を落とすなど1人も当選できず惨敗を喫したのが今回の上院選の特徴となった。

 トップ当選はシンシア・ヴェリヤール(現)で、同人は2010年大統領選でアキノと争った元上院議員ヴィリヤールの妻で、ヴィリヤールは貧困の身から不動産業で財を成した大富豪。

 今回のトップ当選で2022年大統領選に夫の野望を成し遂げるために同人の出馬も噂されているが、財力は無尽蔵にあっても大統領候補としての資質、人望はないともいわれている。

 2位に女性のグレース・ポー(現)が入り、次回大統領選候補の筆頭の座を守った。同人は2016年大統領選では事前の人気が高く、一時は当選確実ともいわれていたが、ドゥテルテの巧妙な出馬戦術で失速し、実際の大統領選では3位に沈んだ。

 捨て子という身の上、アロヨと大統領の座を争い僅差で敗れた著名俳優を養父にし、全国的な人気は高いが、今一つ決定打は打ち出せず3年後まで支持を持続できるかが鍵となる。

 3位はドゥテルテが推したボン・ゴー(新)。同人はドゥテルテが領地のダヴァオ市長をしていた時代から秘書などをした子飼いの人物で、ドゥテルテが大統領就任後は大統領補佐官ポストに収まり、政府組織を動かして楽々当選。

 4位は女性のピア・カエタノ(前)。首都圏タギッグ市を地盤とする政治一族出で、父親、弟も上院議員経験者。弟は2016年ドゥテルテと組んで副大統領選に立候補するが3位で落選。

 それを気の毒に思ったか、同人は後にドゥテルテから外務長官に任命され、1年半ほど勤めて退任。ピアは女性議員として人気は高いが、2期12年上院議員を務めた後、地元タギッグ市の下院議員を1期腰かけてまた上院議員に復帰する汚い手を使っている。

 5位にバト・デラロッサ(新)。同人はドゥテルテの腰巾着と揶揄される元ダバオ市警察署長で、ドゥテルテが大統領当選後は警察権力の最高位、国家警察長官に引き上げられる異例の出世。

 ドゥテルテの進める『麻薬関与者抹殺計画』の推進者で、頭が筋肉で出来ていると評されるが、ドゥテルテの信任は厚く、事前調査では出遅れていたが警察組織を使って悠々当選する。

 6位はソニー・アンガラ(現)。父親が著名な法律家で元上院議員。その跡目を継いだだけの世襲候補者。

 7位はリト・ラピド(元)。前回は落選した著名な俳優であり、ルソン島中部パンパンガ州を領地とする政治一族出で、同人は州知事の経験もある。出演していたテレビ番組が選挙活動だと指摘されるものの、フィリピンは芸能界も政界も同レベルなので特にお咎めはなし。

 8位に独裁者マルコスの娘、アイミー・マルコス(新)。マルコスはルソン島最西北端にある北イロコス州を領地とし、同州ではマルコスを批判したら殺される政治風土。

 アイミーは同州知事を経て上院選に出馬し当選するが、マルコス独裁時代に恩恵を受け忘れられない『マルコス・ロイヤリスト』は国内に一定程度残っていて、ドテルテもマルコス家復権に手を貸している。

 弟は前上院議員で2016年副大統領選に出て自由党の女性候補に僅差で敗れるが、その後『選挙に不正があった』と裁判まで訴えたが、親のやったことを忘れたのかと批判を浴び腰砕け。ドテルテは『俺と組んだら楽々当選していた』と嘯いている。

 9位にフランシス・トレンチーノ(新)。ドゥテルテ推しの候補者で、領地の観光地タガイタイ市長後に、閣僚級の首都圏開発庁長官やドゥテルテの補佐官を経るが、やはり政治一族出身でコラソン・アキノが1986年大統領選を戦った時、相手陣営のマルコスと組んで副大統領候補として出たのがこの一族の人間。

 10位にボン・レヴィリヤ(元)。人気現役俳優で首都圏隣のカヴィテ州を領地とする政治一族出で、州知事経験を持つ。上院議員2期目の時に汚職で捕まり長らく拘束され有罪となり、3年休んで復活をかけた選挙で当選する。

 この国は汚職で捕まるなど投票判断基準にならず、上院選は芸能人としての顔の広さで選ぶ人気投票と同じといわれる所以にもなっている。

 11位にココ・ピメンテル(現)。同人は父親が反マルコスの闘志として鳴らした政治家だが、当人は親の七光りで当選しているようなもので、一時上院議長に選出されたがあまりの無能力さに座を降ろされた。

 12位はナンシー・ビナイ(現)。首都圏マカティ市を領地とする新興政治屋一族出で、父親は前副大統領。この副大統領、今回の選挙にはマカティ市選出の下院議員に出馬して敗れるという顔が丸潰れの番狂わせを生じたから選挙民も目覚めたか。

 ここまでが今回の当選者で、以下落選の13位がJV・エヘルヒト(現)。元大統領エストラダの愛人の息子で、エストラダの名前で出たかったとニュースになるが何のために議員なったのか分からない人物。なお、落選とは言え1400万票余を得ていて、これを見ても12人を選ぶ方式はおかしいのは分かる。

 14位にバム・アキノ(現)。大統領を2代も生み国民的人気の高いアキノ家の威光も今回は及ばず所属する最大野党の自由党の不振もあって落選。同人はアキノ前大統領の甥に当たるがアキノの名前だけで活動していた感じで、毛並みの良さが裏目に出た。

 15位にジンゴイ・エストラダ(元)。元大統領エストラダの本妻の子どもで、やはり芸能界に身を置くが2期目に汚職事件で長い間捕まり、親子2代汚職で獄に繋がれた影響もあってか復活はならなかった。

 16位にマー・ロハス(元)。2016年大統領選でドゥテルテと争い次点で落選するが善戦といわれ、その余波をかって上院議員復活をかけ選挙前の世論調査では当選圏内に入っていたが、所属の自由党の失速もあってよもやの落選。

 祖父が大統領で大財閥の御曹司という毛並みの良さは抜群で政治実績もあり、妻は著名なテレビ・タレントだが、それがフィリピンの多数派である貧困層に妬まれて、かつての上院選でトップ当選を争った勢いは失っている。

 この結果、ドゥテルテ支持を唱える当選者は9人を数え、他の3人の内2人は与党寄りで、2位で当選のグレース・ポーのみがドゥテルテに距離を置く当選者となり、上院の勢力図はドゥテルテ陣営が圧倒的に強くなり、4年目に入ったドゥテルテ政権の運営はより容易くなり、その暴発を怖れる声も出ている。


 

author:cebushima, category:フィリピン 2019選挙, 18:03
-, trackbacks(0), pookmark
フィリピン 2019選挙 その(3) 上院選 ドゥテルテ大統領が擁立した候補が有利な位置へ

 政策を遂行する上で、自分の率いる党派が多数を占めることは最重要になり、去年行われたアメリカの上下院選挙ではトランプの共和党が民主党に負けて、その結果トランプの狂的な政策は次々と頓挫している。

【マニラ首都圏の市場にて】

 2019
年5
月選挙で定員24人の内、半数12人が改選されるフィリピンの上院議員選では、ドゥテルテ大統領が率いる与党陣営が擁立した候補者の当選が濃厚となっている。

 民間調査機関の『パルスエイシア』が2月に行った上院選出馬者の支持率調査によると、1位は与党とは距離を置いているグレース・ポー(現)の67.5%で、1月と同様1位となり人気が続いていることが分かった。

 同人は2016年大統領選に立候補し、ドゥテルテが出馬表明するまでは当選は固かったが、選挙戦では次点のロハスに次ぐ3位となり惨敗。しかし、今回の上院選でトップ当選を狙い、その勢いで2022年の大統領選に打って出るのではと見られている。

 2位はシンシア・ヴェリヤール(現)が61.0%を得て前回同様2位の位置を保った。同人は今年の富豪番付でフィリピンで一番の富豪となった不動産王の妻で、夫の上院議員も2010年大統領選に出馬するがアキノに大差で負け、以降本業の不動産業に戻っているが、妻を大統領にする野心は抱いている。

 3位にドゥテルテのダヴァオ市長時代からの盟友で、ドゥテルテが大統領就任後に大統領補佐官を務めたボン・ゴー(新)が前回44.7%、7位であったのが53%を得て急伸した。

 同人はこれといった政治的経験、実績はなくバスケット・ボールで知られた程度しかなく、昨年6月時点の調査では25位、12月調査でも15位と当選圏には入っていなかった。

 しかし立候補受け付け時には大統領が肩入れ同行し、報道陣にPR余念なく、また全国組織である政府機関を目一杯利用した選挙戦を展開し、名前の浸透力は強く一気に当選圏内に入った。

 

 4位に著名な法律家で、上院議員を長く務めた父親の跡を継いだソニー・アンガラ(現)が52.2%を得て入るが、同人に限らずフィリピンでは世襲ではない議員を探すのが難しいくらいで、それが政治腐敗の源になっている。

 

 5位はリト・ラピド(元)が49%で入るが、同人は有名な俳優で前回選挙では再選を目指したが落選。その後芸能活動に力を入れ当選圏内に入ったが政治能力よりも芸能人としての人気で票を集めている。

 同人はルソン島パンパンガ州の知事を務めたこともあるが、同州の政治勢力で親子で大統領を2人出したマカパガル家と二分する一族の出身で、このように政治一族で支配するのがフィリピン政治の特徴である。

 

 6位にピア・カエタノ(前)が47%で入るが、同人は6年任期の上院議員職を2期12年勤め、規定によって3選は出来ないために1回3年休んだ状態で立候補。この3年間はマニラ首都圏タギッグ市の下院議員に転身するが、タギッグ市はカエタノ一族の領地で、弟も上院議員であった。

 

 この弟は2016年副大統領選にドゥテルテと組んで立候補したが、3位で落選。選挙後に次点であったボンボン・マルコスと組んだ方が良かったと当選したドゥテルテにいわれて真っ青になるものの、ドゥテルテは後に外務長官職を与えたが、1年半ほど在職後辞職。

 7位はドゥテルテの腰巾着といわれるロナルド・デラ・ロッサ(新)が入り、出馬表明をした頃は当選は覚束ない位置に居たが、徐々に順位を上げ前回は15位と警察組織ぐるみの選挙戦は上り調子。

 同人はダヴァオ市の警察署長からドゥテルテ当選後に警察のトップである警察庁長官になった異例の人物。【写真は事前運動の同人ポスター。袖に警察官最高位である4つの星が見える】

 ドゥテルテが進めている違法薬物関与容疑者抹殺計画の実行を忠実に進め、大統領の信任は厚く長官退任後にも重用されているが、警官的発想しかなく政治家としてはどうかという批判もあるが、フィリピン人はこういった強面が好きで支持を伸ばしている。

 

 8位に40%を得たナンシー・ビナイ(現)が入る。同人はフィリピン一のビジネス街を持つ首都圏マカティ市を長年に渡って牛耳るビナイ一族の出で、父親は同市市長から2010年副大統領選に出て当選し、2016年大統領選に出馬するが4位に沈んだ。

 9位にマー・ロハス(前)が39.8%で入るが、野党側で当選圏内に入っているのは同人のみで、今回の選挙ではドゥテルテ陣営の強さが目立つ。同人は祖父が大統領、フィリピンで有数の財閥の御曹司と毛並みの良さは抜群だが、2010年大統領選にはアキノに座を譲って自らは副大統領選に回ったが、ビナイに惜敗。

 続く2016年大統領選に出るが、ドゥテルテに敗れて次点。毛並みの良さが反感を買っているといわれ大型選挙に弱いとされるが、かつて上院議員選挙ではトップ当選をしたこともあり、一定程度の人気は高い。

 10位にボン・レヴィリア(元)が36.8%を得て当選圏内に入るが、同人は補助金流用汚職事件で逮捕、収監され昨年12月に4年半ぶりに釈放された人物だが、やはり政治一族出身で著名な俳優。

 このようにフィリピンでは汚職事件を起こしても、選挙には影響はないという風潮が当たり前で、投票する方の良識が問われているが全く意に介しないのが実情である。

 

 11位は独裁者マルコスの娘、アイミー・マルコスが36%を得る。同人はルソン島最北部の北イロコス州知事から転身するが、同州もマルコス一族の支配地で、悪評高かった母親のイメルダも同州選出の下院議員で、弟は2016年副大統領選に出て次点となり、石もて追われたマルコス家の復権は確実となった。

 

 12位に父親が反マルコスの闘志と知られた著名な政治家の息子のココ・ピメンテル(現)が35.6%で入り、13位に元大統領の息子で汚職事件で逮捕、収監されていた父親同様の俳優でもあるジンゴイ・エストラダ(現)が33.9%で入る。

 ピメンテルは一時はドゥテルテの引きから上院議長を務めるがあまりの無能力さから座を降ろされたが、地盤のミンダナオ島北部のカガヤン・デ・オロ市を中心に票を固めている。

 14位に32.1%でフランシス・トレンチ―ノ(新)が入るが、同人はかつてマルコスがアキノと選挙を戦った時に副大統領候補としてマルコスと組んだ人物の一族出で、タアル湖見物で知られる一族の地盤タガイタイ市の市長やドゥテルテの補佐官を務める。

 15位にアキノ前大統領の従弟であるバム・アキノ(現)が入るが、ドゥテルテ与党の勢いの煽りを受けて再選は難しい位置に付けている。同人の前回選挙はアキノ大統領人気に助けられて当選していて、アキノ人気も陰りが出ている。

 

 16位にJV・エヘルヒト(現)が入り、同人はジンゴイ・エストラダと異母弟で、前回は親の名前で当選したが、今回は当選は覚束ないと見てエヘルヒト名ではなく、エストラダで出たいと兄のジンゴイとひと悶着あった。

 17位にセブ、ヴィサヤ地域に政治王朝を築いていたセルシオ・オスメニャ掘文機砲入るが、オスメニャ家は大統領を産んだ名門意識は非常に高く、一時は上院議員を2人も出したことがあったが、今は凋落気味で前回上院選では同人はよもやの落選。

 

 同人は再起を図るが、現在の様子では当選は覚束なく、現在一族からはセブ市長の座を占めているのがやっとという状況で、さしものオスメニャ家の落日も止まる気配はない。

 18位に、引退したと見られるポンセ・エンリレ(元)が入るが、同人はマルコス追放時の国防大臣で追放に一役買うが、その後アキノ政権で要職、上院議員職を務める老獪な政治家で地盤はルソン島北東部のカガヤン地方。

 

 90歳を超えての立候補であり、さしもの支持者も離れて一時は『上院の妖怪』と称され、絶大な権力を誇っていたが当選は難しくなっている。

 

 

 

author:cebushima, category:フィリピン 2019選挙, 18:50
-, trackbacks(0), pookmark