RSS | ATOM | SEARCH
フィリピン・よもやま帖 2019 その−(8) 儲かっているフィリピンの病院

 経済は年6%台を維持し、アセアン加盟国の中で高い成長率を持つフィリピンだが、ここ30年くらいの時間で俯瞰してみると、著しく増えたのは銀行支店とガソリンスタンドで、経済の発展を裏付けている。



 ただし、国民の中で銀行口座を持っているのは半数にも満たないらしく、口座があっても会社からの給与振り込み、財布代わりに使っているだけで、預金するという本来の用途で維持している人は少ないようだ。

 写真はセブに在る病院で、この病院はセブ市の中心にあったが、数年前にマンダウエ市の旧埋め立て地にご覧のような大きな病院を建てた。写真は2階にある正面入り口で、中に入ると高級ホテルのロビーより広いロビーが待ち構えていて、病院というより民間会社の自社ビルといった感じを受ける。

 

 これだけ大きいとどこでも院内に食堂や売店を備えているが、ここには喫茶店が何店も入り、コンビニや美容室まであり、1階にはフード・コートまであり、ミニ・モールのような感じさえある。


 この病院はセブに在る病院の中では技術的に信頼できるとされ、大きな病気をするとこの病院へ行くという人が多いものの、金のない人には縁はなく、貧乏人は公立の病院に押し掛ける。

 病院名から分かるように中国系の人物が創設した病院で、セブに住む中国系には絶対の信頼を持っていて、中国系というのは同郷を中心に横の繋がりの強い人々で、移住先の国を信用せずそこから自衛意識を持ち命に直結する病院や消防組織を自前で作っている。

 この中国系の消防組織はフィリピンの消防より信頼があり、出動すると安心感を得るという。フィリピンの消防が信頼されないのは消防士が『火事場泥棒』をするためで、その様子がテレビ中継されて大問題になったことがあった。

 警察も同じことをやっていて、何かの事件捜査で警官を屋内に入れる時、警官による盗難を警戒するために警官の動きを見張っているというから笑えない話である。

 写真の病院は内部や設備も近代的になっているが、旧病院の方はセブで一番という評判の割には清潔感はなく、これはフィリピンにある病院に共通していて、マニラの国際空港が世界一評判が悪かったのもトイレなどの保守が悪かったためで、こういうのは一朝一夕では治らない。

 写真の病院のすぐ傍に医科大学が設立したやはり大きな病院があって、この医科大学の附属病院もセブ市中心にあるが、やはり清潔感には乏しい感じが強かった。

 セブにはいくつか医学部を持つ大学があり学費も高いが、今は医学部よりも看護師養成の学部の方に人気があり、雨後の筍のように看護師養成コースを持つ学校が増え、粗製乱造ではないかとの批判もあった。

 看護師が一番人気になったのはアメリカや欧米の病院ではフィリピン人看護師を大量に受け入れているためで、看護師資格を取って海外に移民できれば、貧困からの脱出が確実なためで、コースを学ぶ人は100%海外就労希望といっても過言ではない。

 このように毎年大量に生まれる看護師だが、フィリピンの受験者の半分は不合格になり、日本のような80%以上が合格している様子とはだいぶ違い、この低い合格率はやはりコース乱造による教育の不備と見て良い。

 日本では医者は高給取りとイメージは強いが、フィリピンではそれほどでもなく、海外に出た看護師が高給を取るというので、医者が看護師のコースを学び直して、看護師として海外に出るという話も珍しくない。

 その医者の能力だが、30年近く前に発熱でやはりセブで定評のある病院へ大事を取って入院したことがあり、その時、検査をしたその結果が『チブス』と医者に言われた時には驚いた。

 チブスというのは法定伝染病で大変な病気と思っていて、消毒やら何やら大騒ぎになって良いのだが、そういう動きはなくいつの間にか熱は引いて退院となり、この時の経験から、どうもフィリピンの医者は信用できないなと思ったが、本当にチブスであったかも知れずこの件に関して非難する気は毛頭ない。

 フィリピンの医者の収入は大したことはないと書いたが、高収入を得ている医者も多く、病院に長く駐車している車を見ると高級な車が多くこれは医者が乗っているなと想像するし、個人開業病院でも大きな病院も多く収入もそれなりに高いと見て良い。

 社会的地位も日本同様にあるが、日本とフィリピンの医者で大きく違うのは、フィリピンは医学部の卒業時に皆『医学博士』の称号を得ていることで、その中味は分からないが、日本のように研修医になって研究を続けて博士号を得るのとはかなり違う。

 フィリピンの医者は不安があるようなことを書いたが、アメリカ帰りの優秀なフィリピン人医者はたくさんいて、こういった医者は最新技術を会得していてマニラの大きな専門病院で働いている。

 ただし、この手の病院は富裕層専門で貧乏人には縁がなく、また『医療観光』といって、海外からの富裕層の病人を受け入れて治療するが、これは医療費が比較的安く収まるためで、美容整形や腎臓などの臓器移植などはかなり盛んである。

 フィリピンには日本のような完備された健康保険はないが、それでも今の政権は『皆保険』を標榜していて、これが実現すれば非常な進歩であり、フィリピンの5歳以下の幼児の3分の1は栄養不良状態と指摘されている中、大きな力にはなると思う。

 ただし、写真の病院へ行けるような層は皆保険も何も関係なく、自腹で医療費を払えるから、設備の整った大きな病院が続々生まれるということは、貧富の差が一段と進んだ証左なのかも知れない。


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2019, 18:22
-, trackbacks(0), pookmark
フィリピン・よもやま帖 2019 その−(7) 教育熱心なフィリピンの教育環境

 フィリピンは呑気な国との印象はあるが日本以上の『学歴社会』で、高学歴でないと就職口は狭まり貧困から抜け出せなくなっている。
 

 

 そのため、貧困の中で喘いでいても親は子どもに最上の教育を受けさせること熱心で、その辺りは日本とも共通しているが、日本は学歴よりも個人の志向を尊重、多様性傾向が強くなり、一時ほど蔓延していた学歴絶対社会ではなくなった。

 学歴よりもその後の就職、どう生きるかが重視されている訳だが、フィリピンの大学の卒業式は6月になっていて、いわゆる新卒がそのまま就職するのは40%前後と見られている。

 しかも大学で学んだ専攻が活かせる意中の職に就けたのは10%程度に過ぎず、この数字を日本に当て嵌めると、日本の大卒者の就職率は90%を超えているはずだからフィリピンの大卒の就職率は日本の半分にも満たない。

 また意中の職に就いたかという数字だが、これは日本の就職率が高率と出ていても、一番で志望した会社に就職できたのはフィリピン並みの割合になるのではないだろうか。

 それでも日本は二番手、三番手志望といってもそれなりの規模と内容を持つので、就職すれば会社に忠誠を尽くす日本人の性格からいって問題は少なかったが、今は新卒で就職してもすぐに転職する時代となり、以前とは様変わりした。

 フィリピンの新卒の就職率が40%と書いたが、せっかく就職出来ても転職するのは日本の比ではなく、かなり数字は高く、その理由で多くを占めるのは給与の不満になる。

 

 フィリピンの法定最低賃金は一番高いマニラ首都圏でも1日500ペソ(約1000円)をいくらか超えた程度で、地方に行くに従ってその額はもっと低くなっていて、これは日本の東京と沖縄の時給がかなり違うのと同じである。

 数字だけを比較すると、日本の1時間の最低時給がフィリピンの1日分ということとなり、実に8倍から10倍の格差があり、この低賃金を狙って日本企業が多数フィリピンに進出していて、資本の論理からいえば批判を受けるものではないが、『搾取』という言葉は消えない。

 ちなみにスターバックスのコーヒーの値段だが、フィリピンは150ペソ以上するから、日給の3分の1にも相当し、日本でいえば一杯2000〜3000円もする値段になるから相当な贅沢品で、普通のフィリピン人には飲めない。

 さて、フィリピンの教育に戻るが、6月からフィリピンの新学年は始まり、教育省によると今年の児童生徒の総数は2781万人余、前年に比べて3%近くの増加となっている。

 フィリピンの総人口は1億500万人を超えているが、児童生徒というと小学校から中学校を指すからこの年代が実に総人口の4分の1近くを占めることになり、65歳以上が4分の1を占めている日本と比較して、いかにフィリピンは若い人の多い国か分かる。

 ただし、これだけ児童生徒数が多いと受け入れる学校側が間に合わず、午前午後に授業を分ける二部制は珍しくなく、教師の数は足らない校舎も足らないと足らないづくしの教育環境で、首都圏にある小学校の在籍者数3000人という数字を聞いた時には驚いた。

 教育熱心なフィリピンと書いたが、この国では教育はビジネスとして捉えられ投資の対象となっているが、同じ経営でも工場経営よりは学校経営の方が社会的な聞こえは良く、そのため正確な数は分からないがフィリピンにはやたら大学が多い。

 セブ市は学生の多い街と知られるが、セブに限らず地方に行くとこんな所にカレッジがあるのかと目を瞠らせるが、そういったカレッジ卒の資格を取っても就職先はなく、今はどうか知らないがお手伝いがカレッジ卒というのは珍しくなかった。

 

 数多ある大学と書いたが、日本でもピンからキリまでの大学があるようにフィリピンも同様で、この国では国立や公立より私大の方がレベルが高いと見られていて、実際そのランクを見るとその通りになっている。

 

 最近、世界の大学をランク付けした結果が発表されたが、国立フィリピン大がフィリピンでは首位、前年384位から356位に上がり、アジアでは72位となった。

 

 フィリピン大は学生数3万8千人を超えるマンモス大学だが、これは国内各地に分校を持っているためで、セブにも分校がある。ただし、国内1位となってもその売り物は法学部の司法試験合格者が多いという程度で、日本の東大ほど有難味はないようだ。

 この司法試験の合格者数でいうと、セブに在るサン・カルロス大学の方が多く、一口に大学といっても学部によって大学間の格差は大きく、一概に国立だからレベルが高いとはならない。

 フィリピン大に続くのは私立のアテネオ大で、学生数1万人弱で601位、アジアで115位となっているが、この大学は前大統領のアキノの母校で、政財界に多くの人材を輩出していて、就職のし易さでは181〜190位と、フィリピン大の301〜500位をはるかに凌いでいる。

 

 これはアテネオ大が金持ち子弟のためにある大学であり、その子弟には親もしくは一族の職場が用意されていて、貧乏人でも学力次第で学べるフィリピン大とは違うということを如実に現している。

 

 3位は同じく私立のデ・ラサール大で学生数3万8千人強で、801〜1000位と前年と変わらず、この大学とアテネオ大はさしずめ日本の早慶に当たるような位置にあるようだ。

 4位にやはり私立のサント・トマス大で学生数3万4千人強で、この大学は建国の父ともいわれるホセ・リサールも学んだ伝統校で、前年と順位は変わらず901〜1000位となった。

 

 こういった名門校を出ても卒業後はコールセンター勤務という例も多く、フィリピンは大学は出たが相変わらず適度な職がないという環境で、これが年間100万人を超す海外で職を求める要因の一つにもなっている。

 

 最後に同大学ランクで1位はマサチューセッツ工科大、2位はスタンフォード大、3位がハーバード大と何れもアメリカが上位を占めていて、選定基準は良く分からないアメリカ優位になっているのは確かである。

 

 一方、日本では旧帝大系が上位を占め、東大が前年の23位から22位へと順位を上げ、京大も前年35位から33位、旧帝大系でない東京工業大が前回と同様の58位、阪大が前年67位から71位、東北大が前年77位から82位となった。


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2019, 20:04
-, trackbacks(0), pookmark
フィリピン・よもやま帖 2019 その−(6) フィリピン漁船に当て逃げの中国船 それを巡る大統領の歯切れ悪し

 世論調査によると支持率75%以上を得て、低支持率で喘ぐアメリカのトランプや日本の安倍も羨むドゥテルテ大統領だが、任期6年の内の4年目に入った。



 平均寿命の低いフィリピンではドゥテルテの74歳という年齢はかなり高齢者の部類に入り、健康不安や情緒不安定が囁かれ、本人も弱音を吐くが権力の座は美味しいのか任期途中で辞めることはなく単なる話題作りで楽しんでいる。

 ドゥテルテの支持が高いのは順調な経済成長を遂げているためもあるが、これは別にドゥテルテが登場しなくても、新興国に付き物の一定程度予定された世間の経済成長であり、本人の手腕などあってもなくてもあまり関係はない。

 そのドゥテルテが現在、国民各層からボロクソに非難、批判を浴びせられる事件が出来し、強気発言で知られるドゥテルテとその取り巻きは防戦一方となっている。

 この事件とは中国が領有権を主張して違法に占拠している南シナ海で、錨を打って停泊中のフィリピン漁船に中国のトロール漁船が衝突し、救助を求めた22人の乗組員を置き去りにし逃げたことから問題になった。

 乗組員全員は付近に居たヴェトナムの船に救助されたが、船籍を問わず助けを求める船、乗組員に対しては救助をするのが国際間の決まりであり、当て逃げした中国船に対して強い非難の声が挙がった。

 これに対して中国政府はいつものように『事実が確認できない』などと開き直った見解を出していたが、このいかにも見下した物言いからフィリピン人の中にある『反中国』感情に火が付き、マニラ首都圏にある中国大使館にデモ隊が押し寄せる騒ぎに発展した。

 ドゥテルテというのはミンダナオ島ダヴァオ市では市長として君臨した人物だが、2016年の大統領選に立候補した時は泡沫候補並みであったが、当時のフィリピンの時流に乗って大統領選に当選するが、得票率はかなり低かった。

 

 それでも『薬物依存者は皆殺しにする』とする選挙公約が真に受けて、実際大統領就任時から警察、自警団による殺害事件が多発し、警察の公式発表だけでも今年の5月までに6600人という数字が出ている。

 

 この警察発表の数字を信じる物は誰もいなくて、人権団体によると15000〜20000人は殺害されているとし、政府機関であるフィリピン人権委員会でさえ27000人がドゥテルテ政権発足後に殺害されているとの見解を出している。

 

 そのため、フィリピンにおける違法薬物関与者殺害は重要な人権侵害だと国連でも問題となり、その調査官がフィリピンで調査をしようとしたら入国を認めない措置を出し、都合の悪いことは隠蔽する、これもトランプや安倍と同じ軌跡を描いている。

 

ドゥテルテ自身は、ダヴァオ市長時代に治安維持を名目に犯罪者を何人も殺していると告白し、それが逆にフィリピン人には受けて人気が高まる始末で、人権思想など本人には全くなく、邪魔者は消せという政治スタイルを取り続けている。

 ドゥテルテの手法では過激なアドバルーンをぶち上げて問題にする方法が巧みで、最近でも韓国やカナダから大量にフィリピンに持ち込んだゴミ問題を巡って『ゴミを引き取らないのなら戦争を仕掛ける』発言は有名で、その剣幕に恐れをなして両国はゴミを引き取らざるを得なかった。

 

 そういったパフォーマンスが国民に受けたのは事実だが、こういった不法なゴミあるいは相変わらず多い密輸など密輸に関与した会社や人物が挙げられて処断されたという話は聞かずから、どこかナアナアのところで終わってしまうことが多く、それがこの手の犯罪がなくならない要因ともいえる。

 

 毒にも薬にもならない次元には強面のドゥテルテだが、中国に対しては非常に甘く、本人も親中というくらいで、今回発生した中国船当て逃げ事件に対してもはっきりした批判を行わず、ドゥテルテと中国の関係はおかしいと洗い直されている。

 

 ドゥテルテが親中にならざるを得ないのは、大統領選時の選挙資金を中国系財界人から出してもらったことと関係があり、そのスポンサーに対しては便宜を計らうため当選後は中国系企業による巨大プロジェクトが次々と決まっている。

 

 これなど選挙資金の見返りに利権を与えているそのものだが、インフラ整備という美名のもとにそういった怪しい関係は問題にされず、ドゥテルテの任期中に完成させるという無理なプロジェクトが目白押しとなっている。

 ドゥテルテは歴代大統領の中では比較的『金』には汚くない人物といわれるが、2022年の大統領選には娘を後継者として引っ張り上げたい野望を持っていて、当然選挙資金は莫大になり、その資金源はまた中国系からと見られている。

 

 実際、現在フィリピンの携帯電話会社は大手2社の寡占状態になっているが、これにもう1社を加えることが決まり、その1社はドゥテルテの盟友であるダヴァオの実業家が立ち上げた電話会社であり、入札という方法を使いながら出来レースという批判が高い。

 また、中国の巨大プロジェクトがドゥテルテの地盤であるミンダナオ島に偏っていて、これも地元優先、明らかな利益供与ではないかと指摘されるが、本人はミンダナオのためになるとシャアシャアとしている。

 

 そういった中国にズブズブの関係と恩義があるためか、今回の中国船による当て逃げ事件に対しては日頃の威勢の良い発言は封印し、口に物が挟まった発言しかできず、その弱腰から中国大使館へのデモに発展してしまった。

 

 この事件の落としどころだが、当て逃げされた船長がドゥテルテの発言には失望したと述べているように、今後も尾を引きそうだが、中国による南シナ海の占拠に対してドゥテルテは『フィリピンの主権のある島が中国に乗っ取られたら戦争をする』といっていた時とは大幅に引いているのでグズグズと燻り続けるのではないか。

 さて、5月に行われた中間選挙ではドゥテルテ与党が大勝して、野党の影が薄くなったが、これだけ勝ってしまうとドゥテルテは憲法で禁じられている大統領の再選ということも考えているのではとの観測が出ている。

 

 そんな馬鹿なと思っても、独裁者マルコスは憲法で禁じられているにも関わらず法を変えて独裁政治の道を開いたから、フィリピンでは何があってもおかしくはないし、先述した現在ダヴァオ市長の娘を身代わりに立候補させて、当選後は上から操作することも考えられなくはない。

 

 最後に、ダヴァオに政治王朝を築いたドゥテルテ一族だが、父親は現大統領、長女は跡目を継いで現ダヴァオ市長。このダヴァオ市長選だが対立候補は数千票しか取れなかったらしいが、立候補しただけでも殊勲者で良くぞ殺されなかったと思う。

 

 なお長男は長女と組んで副市長をやっていたが、密輸疑獄が持ち上がって任期途中で辞任して臭い物に蓋をしたが、今回の選挙ではダヴァオ市を選挙区とする下院選に出て当選し、フィリピンの選挙民の頭の中味はこの程度と天下に知らしめした。

 

 また、次男がダヴァオ市の副市長に当選するが、この次男、サーフィンしかできない人物として有名であったがドゥテルテの名前で当選し、一体この国の有権者はどうなっているかと思うが、有権者も利権に食いついているのも事実だから、誰でも良いのであろう。

 こうしてフィリピン国内は大小の政治王朝で成り立っていて、まるで中世時代がそのまま残っているような状態だが、これがある限りはフィリピンに真の民主主義はない。


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2019, 18:46
-, trackbacks(0), pookmark