RSS | ATOM | SEARCH
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(38) 74年目の夏にセブで思う

 1945年8月15日に日本は敗戦の日を迎え、無謀な昭和の戦争に終止符を打った。

【こういう紙切れ1枚で人間の命を翻弄するのが戦争である

 その日正午に天皇によるラジオの降伏放送があり、生き残った軍人と国民は涙を流し呆然となったといわれるが、実際は戦争が終わってホッとしたというのが大多数の本音で、小生の母親もホッとしたといっていた。

 その後に生まれた戦争を知らない日本人は全人口の8割に達していて、あの戦争を体験していない世代が年々増えているために、戦争に対する考えも変化があるという。

 そういった変化の中、実際に戦場で戦った人は20歳で徴兵され生還しても、既に90代半ばの高齢であり軍隊及び戦闘体験者は次々と没し、戦争を語れる人が少なくなっている。

 小生は戦後生まれで、戦争を体験していない8割の層に入るが、戦争に対しては割合身近な世代ではあり、小学生の頃は戦地から生還した教員が数多く教鞭をとっていて、あの先生は戦地帰りなどと聞かれるものの、特に違和感はない時代であった。

 

 焼け跡、闇市といったものは記憶にないが、自宅から幼稚園に通う道筋にB−29の爆撃で破壊された倉庫のようなものが残っていて、それを横目に見ながら歩いた記憶がある。


 浅草や上野の繁華街に行くと白い服を着た傷痍軍人が舗道上で音楽を奏でながら、寄付を求める姿は多く見かけ、その姿に畏怖感を覚えたが戦争の残酷さは子ども心にも感じた。

 今も記憶が残っているのは、新聞で『国連軍 仁川上陸』と大きな活字の載った新聞で、中身は良く分からなかったが、朝鮮半島で戦争が行われているのだなということは理解した。

 ところが今、朝鮮戦争の歴史を眺めると、戦争勃発は1950年6月25日で、仁川上陸作戦開始は9月15日となっている。

 これから当時3歳に満たない小生が新聞を読んで活字を読めたことがどう見てもおかしく、後から見聞きした記憶がいかにも体験したような都合良い記憶となってしまった。

 その朝鮮戦争は1953年7月27日に休戦となり、それから69年近く経っているが、未だに朝鮮半島の問題は解決されていなくて、戦争を経ても国家間の紛争は時間がかかることが分かる。

 これは何度も書いているが、小生の叔父(父親の弟)は1945年7月31日にフィリピンで戦死していて、写真はその叔父の遺骨引き取り通知書である。

 

 この通知が来たのは昭和22年(1947年)10月で、戦死の日から2年以上経過していて、実際に引き取りに行った小生の母親の話では、箱の中に名前の書いた紙があっただけで、その軽さに驚いたという。

 この通知書の右側に黒いペン字で書き込んだ文は小生の父親で、戦死年月日や部隊名などは後で調べて書いたものと思われるが、7月31日が叔父の戦死日となっているのはどこから確認したのか分からない。

 トラ部隊というのは『虎8502』のことで、朝鮮・羅南に駐屯していた陸軍第19師団73連隊で、この部隊は満州事変に出動していて、1944年にはトラック島、12月にはフィリピン・ルソン島へ送られている。

 この時期の南方戦線の日本軍の敗色は決定的で、レイテ島の戦いが同年10月から始まっていて、そのため中国大陸の陸軍部隊を南方に大量動員しているが、戦死者を増やしただけの作戦でしかなかった。

 

 その虎部隊、ルソン島中部のリンガエン海岸から逆上陸したが、圧倒的な火力を持つアメリカ軍に追撃されルソン島の山岳地帯に追われ、その山中で8月15日の敗戦を迎える。

 ただし、これは日本から見た敗戦日であって、フィリピンでの正式な敗戦日は第14方面軍を率いた山下奉文大将が、ルソン島中部の山岳都市バギオ市で降伏文書に調印した9月3日が、正式な敗戦日である。

 降伏調印前後でも散発的な戦いは各地であって、その時命を落とした日本の将兵は便宜的に8月15日が戦死日として、遺族感情を和らげていると思うし、叔父の7月31日戦死もどこまで本当かどうか分からない。

 

 一方、このセブでの降伏調印日だが、これは8月24日にセブ島北部の山中にあるタボゴン町『イリハン』という場所で行われていて、その時の調印の様子の写真も残っている。

 フィリピンの日本陸軍の布陣は山下麾下の第14方面軍に第35軍と第41軍があり、その下に師団、連隊と連なるが、セブ島での調印式には第1師団長であった片岡中将が出ている。

 この第1師団というのは2・26事件で動員された連隊を持つ師団で、その後中国大陸から激戦のレイテ島守備に回された師団で、レイテ島上陸時は1万人の師団規模を保っていたが、最終的には800人程度の全滅状態となりセブ島に逃れた師団である。

 

 セブ島の日本軍が降伏したイリハンは山の斜面にサトウキビが植えられた地域で、ハイウェイと呼ばれる幹線道路が地域を貫いていて、その幹線道路沿いに『Japanese Surrender Area』と書かれた粗末な看板が立っていた。

 

 ところが、最近そのそばを通ったところその看板がなくなっていて、その場所がどこであるのかが分かり難くなり、何かの事情があるのかも知れないが、こうして貴重な歴史の跡は忘れ去られて行き、不都合な歴史も消えてしまうのかと思った。


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 18:10
-, trackbacks(0), pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(37) 戒厳令の出ているミンダナオ島へ行く

 ひょんなことからミンダナオ島へ行った。ミンダナオ島全域には現在『戒厳令』が布かれ尋常でない地域になっているが、日本の外務省の安全情報では危険度を4段階に分けていて、ミンダナオ島西部は『渡航中止勧告』のレベル3が出ている。
 

【写真は東ダヴァオ州にあるリゾート施設】


 今回行った地域はダヴァオ市並びに東部方面になり、この地域はレベル2の『不要不急の渡航は止めてください』と訳の分からない表現となっていて、外務省基準では危うい色付けだがあまり意味を持たない。

 4段階の内、レベル1とは『充分注意してください』であり、最高位のレベル4は『退避勧告』になるが、いずれも目安であって強制力はなく、何かあった時の日本の役人の言い訳、責任逃れに作られたような代物。

 最も軽いレベル1などフィリピン全土が対象になっていて、比較的安全といわれるセブも例外なくこれなど情報というより海外旅行の心構えを大袈裟に言っているようにしか見えない。

 実際、セブに来る観光客など安全情報でレベル1が出ているなど知らないであろうし、知っても関係ないの一言で終わり、当地の観光業者関係者には不評で気休めにもならない。

 

 ミンダナオ島へ初めて行ったのは1980年代で、その時はマニラから船に乗ってミンダナオ島サンボアンガ市経由で、ダヴァオ港へ着いたが、当時のミンダナオ島は共産党系の武装組織『新人民軍=NPA』、イスラム系の『モロ民族解放戦線=MNLF』が盛んに武装闘争を展開していた。

 そういった政府軍、反政府軍が入り乱れて戦っていた時期ではあるが、戒厳令は布かれていなくて、1970年代にマルコスが全土に戒厳令を布き権力掌握し、独裁化を進めた事実を考えると、現大統領のドゥテルテが戒厳令を弄んでいるのは独裁者と同じ道をたどっているとの指摘は当たっている。

 

 初めてのマニラ−ダヴァオ航路で立ち寄ったサンボアンガは話している言葉がスペイン語を基にしたチャバカノ語で、非常にエキゾチックな感じを持つ街の印象を持ち、特に港には色鮮やかな帆を張った『ビンタ』と呼ばれる船がたくさん停泊していて、遥か遠く南に来たなと思った。

 こういった光景は後年セブから飛行機でサンボアンガへ行き、港から船でボルネオ島へ向かった時にビンタの姿は消えて、どこにでもある港湾風景になっていて、あれは良い時に目撃したなと感じた。

 

 ダヴァオ港の印象はずいぶん街外れにあったという印象があり、ダヴァオ市自身も世界で最も広い市域を持つといわれていたが、中心部は小さくそれほど活気があるようには見えなかった。

 ダヴァオからは今度はミンダナオ島を縦断、北上する形でバスに乗ったが、途中山の中で軍の検問があり、乗客は全員降ろされてチェックを受けたが、外国人の小生も例外ではなかったが、日本人がローカルなバスに乗っていることに不思議がられたが問題はなかった。

 その後、ダヴァオには家人とも行ったり、仕事で行ったりして都合3回あり、今回でダヴァオは4回目となるが、前回行ったのは10数年前になり、その後のダヴァオの進展ぶりには興味は高かった。

 このミンダナオ島で最大都市とはいえ、辺境の都市であったダヴァオ市は2016年の大統領選でダヴァオ市長から出馬したドゥテルテが当選して一躍脚光を浴び、インフラ投資も予算の割り当てもミンダナオ島偏重となっている。

 

 ドゥテルテは独裁者マルコスの時代に検事に任官していて、当然反マルコス陣営の弾圧に加担したのではと思われ、あまりその辺りの情報は出て来ていないが、大統領就任後に歴代政権が認めなかった英雄墓地へのマルコスの遺体の埋葬を認めたから近いことは確かである。

 そのドゥテルテがダヴァオ市長として姿を現したのは1988年だから、小生が初めてダヴァオを訪れた頃はまだ市長でなく、その後ドゥテルテはダヴァオ市長として当選し長期間居座ることになる。

 

 現在のダヴァオ市政は長女が市長を継ぎ、副市長も次男がなっていて市政を一族で牛耳っているが、一族で首長職や議員職をたらい回しにするのはフィリピンでは当たり前で、これがフィリピンから汚職がなくならない原因の一つといわれる。

 さて、戒厳令下のミンダナオ島だが、ダヴァオ市に限っては戒厳令を解除しろとの話も挙がっているくらい平穏であり、10数年前と比べて街の発展ぶりには少々驚かされた。

 何よりも車が道を埋めるように走っていて、これはフィリピン中の街に共通する現象だが、そのため道はセブなどと比べて広いのに排気ガス汚染が酷く、街中でマスクを着けて歩く姿が目立った。

 街の発展を象徴するのは大きなショッピング・モールがいくつも造られ、30階以上あるビルがあちらこちらに建ち上がっていることで、こういった現象は少々大きな都市には共通しているが、ダヴァオは10数年前の田舎臭い印象が強かったから尚更である。

 そういえばダヴァオには日本総領事館が今年から発足していて、以前はセブと同じ出張駐在官事務所が置かれていたが、ドゥテルテが大統領になって安倍が駐在官事務所を総領事館に格上げしたが、体の良い賄賂である。

 総領事館になると領事は事務所の3人程度から倍以上の7人が常駐するらしいが、ダヴァオには日本人がセブの20分の1以下も在留していなくて、それ程邦人対象の領事の仕事があるとは思えず、税金の無駄遣いではないかともいわれている。

 そういったあれこれを『ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019』として、写真と共に掲載するので、ご照覧ください。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 17:08
-, trackbacks(0), pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(36) 第25回参議院選挙は終わって

 フィリピンでは3年ごとに選挙が行われ、今年の5月13日(月曜日)に選挙があった。

【写真はミンダナオ島北部にある島にて】

 月曜日を投票日にしている理由は分からないが、アメリカも月曜日に投票が行われるので、かつてアメリカの植民地であったフィリピンもその真似をしているようだ。

 前回のフィリピンの選挙は2016年で、この時は正副大統領選もあり、候補が乱立して盛り上がり投票率は82%近く、最初は泡沫候補といわれたダヴァオ市長であったドゥテルテが当選した。

 フィリピンの大統領というのは上院議員経験者がほとんどで、フィリピンでも辺境と位置付けられるミンダナオ島の大きな都市とはいえ、一介の市長が大統領に当選するなど異例中の異例になる。

 2019年に行われた選挙は上下院議員、自治体首長と議員を選ぶ地域密着型なので投票率はやはり80%を超えたと思うし、選挙を巡って殺害事件が発生するような激戦自治体では、それを超える投票率が記録されたようだ。

 投票率が高いから政治への関心が高いとは必ずしもいえないが、逆に低過ぎるのは政治に関心がなさ過ぎるともいえ、7月21日に投開票が行われた日本の参議院選挙は稀に見る低投票率、48.8%となった。

 これは過去最低だった1995年に行われた参院選の44.52%に次ぐ低率で、24年ぶりに50%を割り込み3年前の参院選では54.7%を記録していて、6%近くも下回るという結果となった。

 日本の選挙の投票率は当日の天気の要素も強いといわれ、実際、天気が良くて外出に適すと投票する人は少なくなり、反対に雨降り、荒天だと出足が鈍って投票率が下がる。

 今回の参院選の投票日当日の天気は、西日本側に大雨が降って東日本側は曇天模様で、大雨に見舞われた地方は別にして劇的に投票率が下がってしまうほどではなかった。

 今回の選挙に争点がなく盛り上がらなかったという指摘もあるが、与野党間にはそれなりの争点はあるし、1人区では野党側の共闘が成立し、そういった選挙区では盛り上がったのではないかと思われる。

 それでも記録的な低投票率となったのは、有権者の間に政治に対する無関心、諦め感が反映したためであり、この傾向は権力を維持している自民党有利に働く。

 自民党の安倍が長期政権を続けていられるのも、このお蔭で、自民党は有権者の半分以下の投票の30%程度の得票率で議席数は減らしていても、第1党の位置は盤石であった。

 この数字を見て分かるのは、アメリカのトランプが当選し今も強気でいられるのは、自分を支持する層だけを対象にして向いていれば良いことと、日本の安倍自民党がそっくり同じということである。

 これが国内の『分断』ということになり、反対層は相手にしなくても大丈夫という戦略が蔓延し、これはおそらく商品を売る手法と同じで、今や政治は広告会社が動かしているという指摘は当たっている。

 さて、選挙前には各党の獲得議席予想が各メディアを通じて発表されるが、今回の議席予測はどこもほぼ予測通りになっていて誤差はほとんどなかった。

 そういった意味ではあらかじめ情勢は決まっていたような選挙で、予測が当たったのは政治に対する有権者の無関心さと関係がある。

 

選挙後の政党別では、自民党が3年前の選挙では57議席を得ているのに今回は54議席と、定員が増えているのに減らしていて、勝利というほどの力はないが、上手く誤魔化している。

 自民党の腰巾着である公明党は前回13から14と1議席増加しているが、創価学会の組織票が低投票率に助けられた結果であり、このところの選挙で同党は得票数を減らし続けていた限界が見えている。

 この2党で与党を形成し、大手メディアは与党で過半数得を超えたなどと、どういう視点で流しているのか分からないニュースを垂れ流しているが、自民党の広告戦略が大手メディアを抱き込んでいる証拠であろう。

 野党の立ち位置を標榜しているが中味は自民党と変わらない維新が8から10へと2議席増やしているが、この3党併せても参議院では憲法改定発議の出来る3分の2に届かなかったから、護憲勢力は皮一枚で繋がった。

 野党では旧民主党が分裂して生まれた立憲民主党が17から22と5議席増やし、国民民主党が7から6へと1議席減らす結果となったが、分裂していなければ議席は増やせたのではないか。

 共産党は9から7へ2議席減らし、組織票が固い同党も低投票率には勝てなかったようで、これから癖の強い党派ながら案外と無党派層が同党に投票しているのが分かる。

 政党として消滅する危機にあった社民党だが今回は1議席を得て、政党として首は繋がったが、自民党と対峙していた旧社会党の流れを組む同党は風前の灯火で、今回は判官贔屓のバネが効いたのではないか。

 今回の参院選で話題性を持ったのはれいわ新撰組で、党首の山本は東京選挙区に出ていれば再選間違いなかったが、あえて比例区に回り候補名簿3位とした。

 その結果は2議席を得て本人は落選するが、比例区候補者中では最大得票の90万余票を得ていて、かつての全国区なら悠々当選するから選挙制度そのものに釈然としない者も多かったのではないか。

 れいわの当選者2名は車椅子に乗る重い障碍者で、その意味では史上初めて国会に重い障碍者を送り込んだ戦略は評価して良く、インパクトは強い。

 またNHKから国民を守る党と、何やら怪しげな党が1議席を得たが、この候補者、今度の参院議長になる人物より当選順位では一つ上というから驚くし、自民党の御用放送であるNHKに対する反感というものが根強いことが分かる。

 こうして結果は出たが、盛り上がらない選挙にしたのが安倍自民党の戦略で、それがまんまと成功し、こういう無気力さに操作されてしまう現今の日本の空気というのは非常に危険と感じた第25回参議院選挙であった。


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 19:00
-, trackbacks(0), pookmark