RSS | ATOM | SEARCH
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(44) 長距離バスの旅を思い返す

 鉄道の旅の方が好きでバス旅はあまり経験していないが、最近セブ島北端の町へ行くことがあり、セブ北部ターミナルからバスに乗ってその町へ行った。

【手前のバスは4時間乗って200ペソ(約400円)のエアコン車】

 掲載の写真は同ターミナルでバスに乗車してから写したものだが、向こうに見える明るい緑の車体横に『RORO  BUS
』と大きく書かれたバスが目に入り、このバスの行き先は『MANILA
』となっていて、セブからマニラまで行く長距離バスが運行していることに驚いた。

 セブからマニラへ行く時、多くの人は船を利用していたが、今はフィリピンでも低価格航空会社同士の競争が激しくなってかなり航空運賃が安くなり、船の運賃よりも安い時がある。

 それだけの影響だけではないが、近年の飛行機の国内便ターミナルの待合室の混雑具合は尋常ではなく、チョッと遠出をするくらいのノリの利用客が多い。

 これもセブ−マニラ間を船で行くと一晩かかるところを飛行機だと1時間少々だから、のんびりしているといわれるフィリピン人でも、多少値段は張っても速い交通機関に流れるのは当然の理。

 フィリピン国内の移動手段というのは、公共交通機関ではわずかしかない鉄道路線以外は貧弱で、島嶼を結ぶ船舶航路とバス輸送が昔も今も主力になっている。

 フィリピンにも帰省時期というのがあって、特にクリスマス前後が年間のピークとなり、この時期は首都圏のバス・ターミナルから各地方へ出発するバスの様子が年中行事の様にニュースで流れる。

 その中でもマニラ−ダヴァオ行きという超長距離バスがあって、これはルソン島を南下し、次のサマール島にはフェリーで渡って同島を縦断し、サマール島からは橋を渡ってレイテ島に入る。

 レイテ島をまた縦断して南下し、フェリーでミンダナオ島北端に上陸し、そこからミンダナオ島を縦断するように南下し目的地のダヴァオへ至るが、この道は『マハルリカ道路』といって、マルコス独裁時代と日本のODAが密接に絡み合った道路である。

 このマニラ−ダヴァオ間を走る超長距離バスの所要時間を調べたら2日間かかり、運賃は2500ペソから3700ペソとあり、この運賃だと安い飛行便を見つければ飛行機の方が安くなる。

 なお、マニラ−ダヴァオ間の走行距離は1500キロ近く、2度のフェリー利用もあってこんな路線を利用する人が居るのかと思うが、結構本数は出ていて利用する人は多いのであろう。

 さて、写真のマニラ行きのバス、セブ島北端にある市まで行ってそこからフェリーでセブ島の北にあるマスバテ島に入り、マスバテ島からまたフェリーでルソン島に渡り、そこからマニラまで北上するルートを取っている。

 所要時間は詳しく分からないが1日程度、運賃は2000ペソくらいのようだ。先ほどから海を渡るのはフェリーと書いているが写真の車体に書かれた『RORO  BUS』のRORO のことで、これはRoll-on/Roll-off shipの頭文字を取っている。

 船舶の世界では車両が積み荷を積んだまま乗船でき、そのまま下船できる船をいい、典型的なのは自動車専用運搬船で物流の世界では普通だが、フィリピンはアロヨ政権の時に本格的に導入された。

 汚職まみれで退任後に逮捕されたアロヨだが、このRORO構想は島嶼部を結ぶ交通網整備であって評価して良い施策で、フィリピンの物流と人の流れに画期的な影響を与えている。

 それにして長時間狭いバスの座席に乗っているのはかなり苦痛と思うが、先日乗ったバスは飛行機の座席より余裕があって、いかに飛行機の座席が窮屈な仕様になっているか実感させられた。

 それほど長距離バスに乗らないと書いてはいるが、最近でもルソン島北部の旅で飛行機が飛んでいないこともあって、マニラ−ヴィガン、マニラ−バギオ間を乗っているが、。

 ヴィガンは世界遺産に登録された古い街だが、この時は一列3座席という配置は緩やかな夜行バスに乗ったが、車内は冷凍庫並みにエアコンを効かせていてフィリピンはエアコンを効かせ過ぎると分かってはいたが度を外れていた。

 このエアコンの効かせ過ぎは運転手の居眠りを防ぐためというが、それだけ運転手の居眠りが多いということにもなるのであろうし、実際長距離バスの事故というのは多い。

 フィリピン以外での長距離バスの経験では、カンボジアのアンコールワットからプノンペンを経由してヴェトナムのホー・チ・ミン市まで2日間乗り継いだことがあり、これはバスによる国境超えの初めての体験になった。

 先年、ラオスからメコン川を挟んだタイの国境間をバスで出入りした体験を綴ったのが、本HPの『タイ鉄道 各駅停車の旅』になるが、乗車時間としてはそれほど長くない。

 アフリカの内陸国で暮らした経験を度々書いているが、首都へ出る時に長距離バスを利用したことを想い出した。

 このバスはかなり高級なバスで、車内で飲み物と軽食を配ってくれて乗車地と首都間を8時間くらいで結ぶが、いわゆるローカルな長距離バスも運行しているが外国人が乗るには相当な度胸と根性が必要で、仕方なくこちらを使うがそれほど料金は高くはなかった記憶がある。

 ところがこの高級バス、利用者が少なかったためと、経済、政情不安のため運行しない時期もあって、運行しているかしていないかで首都へ行くかどうかの様子見も多かった。

 日本国内では長距離バスというのはいくつも経験していないが、東京−大阪間に高速バスの草分けともいえる夜行の『ドリームライナー』が運行開始して間もなく、東京−大阪間を往復したことがあり、車内後部のトイレ設備が物珍しかった時代であった。

 この時は、東名高速を走る初めての体験なのに夜間運行のために景色などは見られず、ただ移動し疲れたという印象しか残らず、以降長距離夜行バスはできるだけ乗りたくないなと思った。


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 17:46
-, trackbacks(0), pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(43) 少年時代の英雄であった34番

 元国鉄スワローズのエース、34番の背番号を付けていた『金田正一』、2019年10月6日86歳で死去。

【写真はメコン川のタイ側に沈む夕陽】

 わざわざ今はない球団の国鉄スワローズと書いたのは、金田正一というのは1950年にスワローズに入団し、当時最も弱い球団でエースとして投げた頃と、野球少年であった小学生時代が重なるためである。

 当時の小学生のスポーツといえば野球一辺倒で、後は校庭で相撲を取ったりするくらいで、今の様にサッカーは勿論、日本で開催されているワールドカップで俄かファンが急増しているラグビーなど全く知らない時代であった。

 

 小生の父親は今でいうスポーツ・ライターで、プロ野球と相撲を専門に取材していて、野球のオフ・シーズンには球団のキャンプ地へ出かけ、特に当時三原監督が率いていた西鉄ライオンズを贔屓にしていたのか九州産の土産が多かった。

 

 また、東京ドームに建て替えられる前の後楽園球場では、父親の名刺を事務所に出すと遊園地の無料券がもらえたし、球場でも報道陣しか入れない場所に入れてもらったように入場料を払ったことはなかった。

 

 そのため、グラウンドで選手達と一緒に撮った写真もたくさんあって、そういった写真は今もどこかの箪笥の中に残っているのであろうが、川上とか大下といった野球史に名を刻む多くの選手と写した記憶はあり、亡くなった金田と写っているのもあったかもしれない。

 

 その金田、1950年に国鉄スワローズへ入団し、プロ球団最弱のチームに居ながら数々の偉業を立てているが、弱小球団で一人投げている姿に子ども心にも感じ、判官贔屓もあって金田のファンとなった。

 小学生の頃の放課後は校庭で野球、日曜日には荒川放水路のグラウンドに行って野球をする日々であったが、クラスでチームを作って好きな背番号を選んだ時、迷いなく金田の付けていた34番を選んだ。

 チーム名があったのかどうか覚えていないが、おそろいのユニホームを揃えられる時代ではなく、各自白いユニホームを用意し、小生の場合は裁縫の得意であった母親がミシンで縫ってくれた。

 

 その時、背番号34は習字用のラシャに裏紙を張って、自分でレタリングして切り抜き母親に縫い付けてもらったが、そういう手作りが普通の時代で、スポーツ用品店で買った布製のスパイクが誇らしかった。

 

 当時の少年の野球ファンというのは巨人が多く、それに反発するわけでもないだろうが弱小の国鉄贔屓になっていたが、チームの順位よりも金田が勝利投手になり、いくつ三振を奪ったかの記録の方に興味は強かった。

 その中で、一番記憶に残っているのは1957年8月21日、中日相手に完全試合をした時で、これが鮮明にあるのは、その夏父親に連れられて山梨の大菩薩峠登山をし、初めてランプの山小屋に泊まったことと関連が深い。

 

 登山を終えて新宿行きの列車に乗り、どこの駅か覚えていないが父親が新聞を買って来て、その新聞に大きく金田の完全試合の活字が躍っていて、大記録を打ち立てたのと山小屋泊まりの登山が交差している。

 

 今一つ、記憶にあるのは1958年4月5日、巨人との開幕戦で新人の長嶋から連続4打席4三振を奪った時で、長嶋は立教からプロ入りした六大学の花形で鳴り物入りで巨人へ入団。

 

 その長嶋に対して、高校中退の金田は闘志を燃やして長嶋の鼻をへし折った訳だが、この時のシーンは近所に住んでいた叔父の家のテレビで観ていて、これはまだ我が家にはテレビはなかったためである。

 ついでに書くと我が家にテレビが入ったのは中学生になってからで、当時としては少し遅かったが、これは親がテレビを入れると勉強が疎かになると恐れたためらしい。

 

しかしテレビがあってもなくても既に時代はテレビの時代に突入し、大宅壮一が喝破したように『一億総白痴』時代を迎えていた。

 さて金田は1965年に巨人に移籍したが、小生は既に高校生になっていて物事を見る目は強くなっていて、金田が巨人という球界の権力に転んだのかと一気に熱は冷め、その後全く関心を持たなかった。

 

 もっとも、小生が野球に熱を上げ実際に球を投げ、バットを振っていたのは小学生時代までで、中学の時は都心の学校に都電で通学し出したので、自然野球との縁は切れた。

 そういう意味で、金田の逝去を聞いて改めて金田の野球人生を見ると、1969年に巨人を退団し現役を引退し、野球評論家になりロッテの監督を務め日本一になったこともあるなど、初めて聞くような感じである。

 

 金田の投手としての記録は数々あり、今もって第一級の評価はあるが、燦然と輝くのは通算で400勝を打ち立てたことではないだろうか。

 

 現在の野球はシーズンに20勝を上げることは難しい管理野球になっていて、一人のエースが倒れるまで投げさせる時代ではなく、先発、リリーフと分業制になり、そのリリーフもセーブなどといって新たな記録として扱われている。

 そういう観点から見ると、健康管理など何のそのと投げた昔の投手は偉いものだと思い、金田以外にも稲尾、杉浦と多くの大投手の名前が浮かんで来る。

 

 特に稲尾など、小学生の時後楽園近くの西鉄の常宿から駒沢球場へバスで移動する時乗せてもらい、前の席に稲尾が座っていてその肩幅の広さと厚さににびっくりした記憶がある。

 

 金田の400勝は今の分業化した投手起用法ではもう生まれないと思うが、仮に金田が国鉄スワローズなどという万年下位球団に所属していなければ生涯500勝はおろか、600勝も夢ではなかったのではと思う。

 

 金田は在日韓国人2世としての出自の中で投げ抜いたが、その頃は世間も球界も今にも増して在日韓国人を差別する世の中であり、そういった中で投げ抜き、数々の大記録を作った金田はやはり凄かったと評価して良い。


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 18:38
-, trackbacks(0), pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(42) 『ニミッツと山本五十六』

 最近は戦史物の本を読むことは少なくなったが、積んであった本の間から写真の文庫本、生出寿(おいでひさし)著『ニミッツと山本五十六』を見つけ読んだ。
 

 

 この本は2000年9月に文庫本書下ろしで出版されていて、筆者は海軍兵学校(海兵)74期卒業の元少尉で、戦後は東大仏文科を出て徳間書店に入り、重役を歴任した出版人で2006年80歳で死去。

 海兵74期生というのは入学が1942(昭和17)年12月で、真珠湾攻撃の翌年ということで戦意は盛り上がって志願者が激増したために大量採用し、卒業生は初めて1000人を超した。

 74期生の卒業年は1945(昭和20)年3月になり、その年の8月には敗戦を迎えたために最後の海兵卒業者となり、付け加えると海兵は77期生まで有り、75期生の卒業式を敗戦後の10月に行って卒業とし、それ以降は修了書を出した。

 生出は海兵出身のためにその著作物は旧日本海軍の提督物や海軍生活を記述した作品が多く、本書の山本五十六に関しては『凡将 山本五十六』という本も出し、本書を読んでも分かるが山本への評価は辛い。

 山本五十六は旧日本帝国海軍を代表する海軍軍人だが、三船敏郎が映画『連合艦隊司令長官 山本五十六』で演じた堂々たる山本五十六像が小生には強く印象に残っている。

 

 この映画は1968(昭和43)年に製作されたが、その前年に8月の戦争シリーズ

として『日本の一番長い日』が作られ、その流れを組むものだが、当時の日本の映画界はまだ活気があって、このような大作が生まれた。

 

 話は横に逸れるが、三船敏郎という俳優を凄いと感じたのは1961(昭和36)年、中学生の時に黒澤明監督の『用心棒』を観た時で、最後のシーンで三船が切った仲代達矢の身体から吹き出た血飛沫には度肝を抜かれた。

 

 次の年に『椿三十郎』を観てそれ以来、三船と黒澤の映画の魅力に取りつかれたが、名作を生んだこのコンビも1965(昭和40)年の『赤ひげ』を最後に解消し、小生は既に高校生になっていて、黒澤の旧作を都内の名画座で漁るようになっていた。

 

 さて、山本五十六は1884年、新潟県長岡に生まれるが山本姓は養子先の家名であり、旧姓は高野といい長岡藩の藩士の家系で、戊辰戦争の時に反政府軍側に立った長岡藩家老であった山本家は取り潰されていたが、海軍軍人として嘱望された五十六が後を継いだ。

 山本は海軍士官学校に1901(明治34)年、32期生として200人中2番で合格というから頭は良かったし、逆立ちが得意なように運動神経も良く、同期では吉田善吾、嶋田繁太郎といった海軍史に名を残す海軍大将を輩出している。

 海兵卒業後すぐに1905(明治38)年、巡洋艦『日進』に乗艦し、日露戦争の勝敗を決したという『日本海海戦』に参戦、左手の指2本を飛ばすなど重傷を負うが、山本が日本海軍大勝利の日本海海戦で戦っていたことが、明治の頭で昭和の戦争を戦った源流になるのかも知れない。

 

 山本は在アメリカ日本大使館駐在武官として2度の経験を持ち、アメリカの事情を良く知る人物であったが、その博打好きの性格から勝てないアメリカとの戦争を始めたのではないかと見られていて、本書でも山本の性格の欠点が多く書かれている。

 一方のミニッツだが家名はチェスターで、祖父がドイツからの移民でテキサス州に1885年に生まれ、最初は陸軍士官学校を目指したが推薦枠の問題から海軍兵学校に志望を変え、1901年に入学、1905年に卒業をした。

 

 少尉候補生の時、東アジアへの航海中に日本へ立ち寄り、その時に日本海海戦の勝利で英雄となっていた東郷平八郎と会って生涯、東郷を尊敬し、戦後の話になるが東郷が指揮した戦艦『三笠』が荒れ果てていたのを元にするように尽力し、同じく原宿の東郷神社再建にも力を貸した。

 

 そういった日本贔屓とも見えるニミッツだが、こと日米間の直接対決となった戦争に関しては容赦なく、太平洋艦隊司令長官に就任してから合理的な発想による作戦によって日本海軍を壊滅に追いやった。

 

 特に1942(昭和17年)の6月5日〜7日にかけて、中部太平洋のミッドウェーで日米の機動部隊が繰り広げた大規模な戦いはその後の戦いの趨勢を決した戦いといっても過言ではなく、真珠湾攻撃から半年足らずで日本軍は負け戦に転げ落ちる。

 この戦いは『ミッドウェー海戦』と呼ばれているが、史上初めての空母艦載機同士の決戦であり、日本海軍は虎の子の主力空母4隻を失い、戦死者3000人以上を数えたが、アメリカ側は空母1隻、戦死者300人余と軽かった。

 この時、連合艦隊旗艦の『大和』に座上していた山本は空母部隊の遥か遠くの海域を航行中で、作戦指揮を結果的に行わず、すごすごと泊地である瀬戸内海の柱島に帰ったが、既に戦争は山本が自覚していたように航空機の時代に入っていて、巨大な戦艦の大和を役に立てる時代ではなくなっていた。

 ミッドウェーにしてもその頃のアメリカ側は日本の暗号をほとんど解読していて、日本軍は情報を軽んじていてその動きを知らず、後に山本が乗った飛行機がアメリカ軍戦闘機に待ち伏せされて撃墜されても暗号が解読されているなど思っていなかったというから、根本的に戦争をする総合力のなかった帝国軍隊といっても良い。

 この暗号に関しては日本軍の奇襲とされる真珠湾攻撃も、アメリカ側は知っていて国内の参戦気分に火を点けるためにあえて日本軍に真珠湾を攻撃させたというのが近年の通説で、攻撃成功と浮かれているのは日本だけであった。

 さて、山本は1943(昭和18)年4月18日、前線視察という名目でラバウルを高級幕僚を引き連れて2機の飛行機で飛び立ったが、ソロモン諸島ブーゲンビル島、ブイン基地近く上空で待ち伏せしていたアメリカ戦闘機に撃墜された。

 

 山本の前線視察はアメリカ側に筒抜けであった訳だが、長文の前線視察日程を打電したことや、司令長官が護衛機の少ない状態で前線に出るのは危険だと諫めた幹部もいたらしいが、後の祭りで山本は座席に座った状態で即死であった。

 この山本の死については諸説あって、戦局を悲観した墜落後の覚悟の自殺ではないかともあり、あるいは機銃が頭を貫通したともあるが、一番信憑性があるのは検視をした軍医による全身打撲によるショック死のようだ。

 諸説あるのは山本を軍神として死後元帥にし、国葬までした軍部があくまでも英雄の死として劣勢の状況を盛り上げようとしたためであり、既にインチキだらけの大本営発表が幅を利かしていた。

 山本は59歳で戦死し、一方のニミッツは日本が降伏調印した『ミズーリ』艦上で海軍を代表して署名し、元帥で退役後は悠々自適の生涯を送り、1966年2
月妻に看取られて80年の生涯を閉じた。

 

 山本には妻がいても、愛人関係も派手な生涯であり、ジャングルの露と消えてしまい、一方、ニミッツの様に連れ添った妻に看取られてベッドの上で死ぬのとどちらが良いかといえば、後者の方が断然良いのは確かである。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 18:28
-, trackbacks(0), pookmark