RSS | ATOM | SEARCH
パラワン島紀行 2018年 その(31) 1日遅れのプエルト・プリンセサ−セブ行きの飛行機に乗る

【写真−1】

 

 大晦日発の便が機体故障でプエルト・プリンセサに一泊する羽目になったが、費用は航空会社持ちだから時間がある向きには得した感じ。搭乗手続きを終えて、ロビーに入ると写真−1のように地元自治体のコーラス・グループが歌っていて、その巧さに驚嘆。

 

【写真−2】

 

 この空港は国際空港と名乗っているように、写真−2の入出国審査場がロビーの一角を仕切って作られていた。現在は台湾や韓国便が乗り入れていて、その内香港や中国から直行便が乗り入れるようになればこの規模では対応できなくなるのは必至。

 

【写真−3】

 

 昨日の欠航騒ぎもなかったように少し遅れて搭乗手続きが始まり、セブ行きの搭乗客が写真−3のように吸い込まれて行く。1月1日のパラワン島の天気は台風の過ぎ去った後なので、雲は多いが時々強い日差しが雲間から差し込む。

 

【写真−4】

 

 国際空港と名乗っていても写真−4のように、目当ての搭乗機には駐機場をぞろぞろ歩いて行く方法。傘を差しているのが見えるが、これは空港用意の物で、強い日差しを避ける時は良いが、横殴りの大雨の時は乗客も乗るまでかなり大変。

 

【写真−5】

 

 こうして、機内に乗り込むが前日の大騒ぎから比べると写真−5のように客席は空きが目立つ。昨日カウンターで騒いでいた観光客もチラホラ見るが、皆1日滞在が伸びても航空会社持ちのためか余裕の顔で、日程のきつい観光客は昨深夜の便で帰ったようだ。

 

【写真−6】

 

 写真−6は搭乗機から見た飛行場管制塔。窓の下の方に円形のドアが見えるが、これは荷物室のドアで、係員が乗客の荷物を運び入れていて、昼間で作業が乗客の目に晒されるから見える限りは荷物を放り投げることはないが、床下からドンドンと音が伝わる。

 


 

author:cebushima, category:パラワン島紀行 2018年, 18:54
-, trackbacks(0), pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(27) 日本で問題になっている高齢者の運転について

 日本では65歳以上を『前期高齢者』と呼び、75歳になると『後期高齢者』と呼ぶそうだが、英語だと『Senior=シニア』のみで区別はない。

【どこもポルシェらしい感じのしない時流に迎合したSUV】

 高齢者として区別するのは国連では60歳以上、世界保健機構では65歳以上と統一されていないが、国によって平均寿命は大きく違い、統一させることには無理があるようだ。

 その高齢者による自動車死傷者事故が日本で毎日のように発生して、特に80代の元高級官僚が池袋で暴走し自転車に乗った母子を死亡させた事故もあって、社会問題化している。

 実際、自動車の死傷事故で高齢者が起こす割合は、免許を取ったばかりの若年層と同じ程度となっていて、従来はこれらの層は運転のヴェテランで事故には遠いとされていたが、高齢者の運転の質が良くないことが明らかになっている。

 最近の事故で多いのはアクセルとブレーキの踏み間違いで、そんな馬鹿なことがあるのだろうかと小生は思うが、予期せぬことであるから『事故』で予期していたら『犯罪』になる。

 この踏み間違いに関してだが、恐らく事故を起こした車はオートマティック車だと思われ、左からクラッチ、ブレーキ、アクセルと並んだ従来の車と比べると左にブレーキ、右にアクセルしかないこの手の車はクラッチ操作が要らない分、運転は楽なのは確かである。

 今やトランスミッション車を走らせる人は少ないのか、発売される車もオートマティック車が当たり前になり、いつの頃か知らないが日本の免許証では『オートマティック車限定』などという奇怪な代物が生まれている。

 これで思い出すのは、平成生まれの青年に車を貸そうとしたところ『ギア付きの車は乗ったことがなく、運転できない』といわれたことで、遊園地の車を運転するような技術しか持たない有様に絶句した。

 小生は原付免許から数えると優に運転歴は半世紀を超え、フィリピンでの運転経験も30年を超え、アフリカや中米でも現地の免許証を取得して運転した経験を持ち、保有した車も全てトランスミッション車で、オートマティック車は一台も保有したことはないし、持ちたいと思ったこともない。

 それでも時々オートマティック車を運転することがあって、2年前に四国八十八ヶ所巡りをした時は、オートマティック車を借りたが、これはレンタカー会社がオートマティック車しか揃えていないためであり、トランスミッション車があるならそちらを選んでいた。

 

 確かにオートマティック車はギア操作がなく運転は楽であり、昔のオートマティック車の加速が足踏みするような機械的欠点もなくなったが、車を運転する味がなく、遊園地で走らせる車のような感じは免れなかった。

 

 そういえば、2011年に東北大震災時の被災者支援で東北を回った時に使用した車はオートマティック車であったことを思い出したが、信号の多い市街地を走る時は少々楽だと思った程度でこの手の車が良いという気にはならなかった。

 この時の活動は3ヶ月に及んだが、それだけの期間を連続してオートマティック車を運転していたためにセブに帰ってから、保有するトランスミッション車を運転しようとしたら、ギアとクラッチの加減の調子が戻らなくてエンストを繰り返したから、身体で覚えた慣れというものは恐ろしいと感じたが、すぐに感は戻った。

 日本で多発する老齢者の事故だが、今の70〜80代は日本の若者は皆免許を取得した層で、そのまま日本の社会現象として車社会を作るが、この層は当たり前のように老いても昔取った杵柄で運転には自信と過信があり、いわば自動車運転者の老齢化が引き起こしているもので、少子高齢化と密接な関係がある。

 自分は大丈夫だと思うのが老齢層の特徴といわれ、詐欺にはかからない、運転には自信があるといいながら、この層が一番問題を起こしているのも事実。

 運転に関しては高齢者は『免許証返納』という動きが出ているが、年齢で一律に区切るのは問題も多く、例えば70歳を超えたら『実技試験』の義務化を考えた方が良いのでは。

 

 これはいくら年を重ねているといっても、運動や動態識別能力は個人差があるためで、現在行われている紙の上での適応試験などほとんど無意味で、一度免許証を受けると死ぬまで実技や交通知識の再考査がないというのはやはりおかしい。

 

 写真はセブのあるビルの前で見た『ポルシェ・カイエン』で、セブにもこういった超高級車を乗る人物がいて、ポルシェの販売店がセブで開店しているからそれなりに需要はあるのであろう。

 

 このカイエン、ポルシェ初のSUVとして発売されていて、写真のタイプは最近のタイプだと思うが、日本で販売価格は1千万円を軽く超すから、フィリピンではもっと高く売られている。

 こういった高級車、フェラーリなどセブでは珍しくはないが、肝心のスピードを出す道がセブにはなくて、宝の持ち腐れだが、中国系の金持ちは高級車で自己を誇示したい性格が強く、これはどこの国に限らないが。

 

 さて、小生のセブでの運転だが、現在は家人が外から帰って来て庭に置いてある車を車庫に入れることと、たまに遠出した時に家人と交代で運転する程度で、格段に車を運転することが少なくなった。

 

 こうなると、免許証などあってもなくても良い状況だが、公共輸送が全くないセブでは車を運転することは必要であり、まだまだ車を運転しないという気持ちにはならない。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 18:36
-, trackbacks(0), pookmark
フィリピン・よもやま帖 2019 その−(5) 2018年のセブであった邦人女性殺害事件の顛末

 2019年6月12日、兵庫県警捜査一課と明石署は自分の妻を殺害するよう指示したとして77歳の夫を『殺人罪』容疑で逮捕し、同夫は送検された。
 

【ルソン島山岳部の町にて】


 この事件は前年の8月24日、セブ市内で運転をしていた邦人女性(当時70歳)が、幹線道路の交差点で停車中に2人乗りのオートバイが近づき、左のガラス越しに銃撃され頭や胸などに3発の銃弾を受け即死。

 殺害された女性はセブ市南に隣接するタリサイ市で日本向けの雑貨や家具を製造する会社を経営していて、最初は仕事あるいは金銭トラブル絡みでの殺害事件と見られていた。

 夫婦は20年くらい前にセブへ来て、セブ日本人会に入会し、夫は年1回の日本人総会に出席してかなり五月蠅い意見を吐くので、それなら万年人材不足の日本人会理事になってはどうかと誘われたが、自分の考えをいうだけの性格なのかそれで終わった。

 この夫婦はいずれ事業に失敗して日本に帰るだろうと見られていたが、設立した会社の工場には事件当時100人ほど働いていて、それなりに事業者としての手腕はあったようだ。

 夫婦で作った会社であったが2014年には夫だけが日本へ帰ってしまい、会社経営は殺害された妻が担うが、夫はセブの会社からの収入を当てにし、日本へ帰った際には2000万円の会社の金を持ち出すなどして夫婦の関係は冷えていた。

 また、夫は10年ほど前からセブに住む10代の女性を愛人にし、この愛人には女児が生まれ、そういったことが夫婦間の決定的なトラブルとなり日本で離婚調停、その後2018年8月には妻から離婚訴訟が起こされた。

 訴訟を起こされたその数日後に妻は殺害され、離婚訴訟のこの間の経緯を知っている夫婦間の子どもなどは『父親が殺した』と憤り、これはセブで行われた葬儀でも列席した日本人に対して口にしていた。

 フィリピンでは2人乗りオートバイによる銃撃事件は頻発していて、ヘルメットを被った2人乗りオートバイを禁止する法案が真剣に検討されたくらいで、後方から2人乗りのオートバイが運転席に近づいて来たら要注意とまでいわれている。

 実際、この手で裁判官、検事、弁護士や警察などの公職関係者、あるいは政治家、ジャーナリストなどが殺害されていて、これは恨みを買い易い役職であることと、銃器が野放しで暗殺する実行犯を安い金で雇える事情がある。

 フィリピンでは1万ペソ(2万円少々)もあれば殺し屋を雇えるという噂が前々からあり、まさかと思っていたがたまたま捕まった殺し屋が前渡金5000ペソ、実行後の支払いを巡って依頼者と揉めて逮捕された事件があって、その話は本当であったと驚かされた。

 殺害を指示したとされる夫の逮捕のきっかけだが、殺害事件後にドゥテルテ政権が強力に進める『違法薬物関与抹殺計画』作戦中に、夫の愛人(28歳)と銃撃実行犯の男(29歳)が違法薬物と銃器不法所持容疑で昨年9月に逮捕されたことから始まった。

 いわゆる別件から殺害事件の犯人が判明した訳で、この2人は既に有罪判決を受けて服役中だが、その取り調べから、夫の指示による妻の殺害が濃厚になり、この2人はフィリピンの司法当局によって『殺人罪』で追起訴された。

 その後、2019年6月になって日本に住む夫に対してフィリピン検察は逮捕状を発行するが、フィリピン当局の逮捕状が他の国、即ち効力を持つのかという疑問は当然あり、日本に住んでいる限り夫は逮捕されないのではと思われた。

 フィリピン側から見ると日本に住む夫は『国外逃亡犯』と同じだから、法的手続きとしては国際刑事機構を通じて国際手配し、日本で逮捕してもらい身柄をフィリピンに送致してもらうことが考えられる。

 そうなると、外交問題が絡んで時間がかかるなと見られていたが、国際刑事機構経由云々は全くの杞憂で、こういった刑事事件では日本の刑法中に『国外事犯』として、海外で起こした犯罪に対して逮捕、起訴できる仕組みがある。

 例えば卑近な例として、日本人が外国で買春して日本へ帰っても、現地で立証されれば日本で逮捕されることが可能になったように、海外で犯した犯罪だから日本へ帰れば問題ないということはなくなった。

 今回の事件は殺人であるから日本の警察も調べを進めていて冒頭の逮捕に至った訳だが、これは6月にフィリピンの司法当局が夫に対する逮捕状を発行したためであり、満を持して日本で逮捕状を執行したと見て良い。

 

 フィリピンは日本人犯罪逃亡者の多い国と知られるが、こういった逃亡犯はだいたいは『不法滞在』でフィリピン入管に摘発され、日本に強制送還、フィリピンと日本の領海上空で逮捕に至り、最近でもフィリピンへ逃げた積水ハウス巨額詐欺事件の主犯が捕まっている。

 

 また、最近は少なくなったがかつては保険金詐欺事件の多発国で、保険金絡みで殺害される日本人も多く、フィリピンに住む不良日本人が殺害の手引き、あるいは実行犯であった例もあり、こういった輩は国外事犯として追及されることは必至で、フィリピンに居るから安心ということはなくなった。

 

 今回の夫逮捕の報を受けて、セブに古くから住む日本人の間では祝杯を挙げた人も居るというから、よほどこの事件が気にかかったのであろうが、フィリピンに安易に移住する日本人夫婦が増えている昨今、同じような事件が起きないとは誰もいい切れない。

 

 逮捕、送検された77歳の夫が警察から車に乗った写真が地元新聞に掲載されたが、前歯は抜けていて、いかにも老残と印象を与え、セブで大きな口を叩いていた頃とは驚くほどの様変わりであった。

 

 『天網恢恢疎にして漏らさず』という言葉を思い起こさせるような、事件の顛末となったが、日本の裁判の結果に注視したい。


 

author:cebushima, category:フィリピン・よもやま帖 2019, 17:27
-, trackbacks(0), pookmark