RSS | ATOM | SEARCH
へそ曲がりセブ島暮らし2019年 その(44) 長距離バスの旅を思い返す

 鉄道の旅の方が好きでバス旅はあまり経験していないが、最近セブ島北端の町へ行くことがあり、セブ北部ターミナルからバスに乗ってその町へ行った。

【手前のバスは4時間乗って200ペソ(約400円)のエアコン車】

 掲載の写真は同ターミナルでバスに乗車してから写したものだが、向こうに見える明るい緑の車体横に『RORO  BUS
』と大きく書かれたバスが目に入り、このバスの行き先は『MANILA
』となっていて、セブからマニラまで行く長距離バスが運行していることに驚いた。

 セブからマニラへ行く時、多くの人は船を利用していたが、今はフィリピンでも低価格航空会社同士の競争が激しくなってかなり航空運賃が安くなり、船の運賃よりも安い時がある。

 それだけの影響だけではないが、近年の飛行機の国内便ターミナルの待合室の混雑具合は尋常ではなく、チョッと遠出をするくらいのノリの利用客が多い。

 これもセブ−マニラ間を船で行くと一晩かかるところを飛行機だと1時間少々だから、のんびりしているといわれるフィリピン人でも、多少値段は張っても速い交通機関に流れるのは当然の理。

 フィリピン国内の移動手段というのは、公共交通機関ではわずかしかない鉄道路線以外は貧弱で、島嶼を結ぶ船舶航路とバス輸送が昔も今も主力になっている。

 フィリピンにも帰省時期というのがあって、特にクリスマス前後が年間のピークとなり、この時期は首都圏のバス・ターミナルから各地方へ出発するバスの様子が年中行事の様にニュースで流れる。

 その中でもマニラ−ダヴァオ行きという超長距離バスがあって、これはルソン島を南下し、次のサマール島にはフェリーで渡って同島を縦断し、サマール島からは橋を渡ってレイテ島に入る。

 レイテ島をまた縦断して南下し、フェリーでミンダナオ島北端に上陸し、そこからミンダナオ島を縦断するように南下し目的地のダヴァオへ至るが、この道は『マハルリカ道路』といって、マルコス独裁時代と日本のODAが密接に絡み合った道路である。

 このマニラ−ダヴァオ間を走る超長距離バスの所要時間を調べたら2日間かかり、運賃は2500ペソから3700ペソとあり、この運賃だと安い飛行便を見つければ飛行機の方が安くなる。

 なお、マニラ−ダヴァオ間の走行距離は1500キロ近く、2度のフェリー利用もあってこんな路線を利用する人が居るのかと思うが、結構本数は出ていて利用する人は多いのであろう。

 さて、写真のマニラ行きのバス、セブ島北端にある市まで行ってそこからフェリーでセブ島の北にあるマスバテ島に入り、マスバテ島からまたフェリーでルソン島に渡り、そこからマニラまで北上するルートを取っている。

 所要時間は詳しく分からないが1日程度、運賃は2000ペソくらいのようだ。先ほどから海を渡るのはフェリーと書いているが写真の車体に書かれた『RORO  BUS』のRORO のことで、これはRoll-on/Roll-off shipの頭文字を取っている。

 船舶の世界では車両が積み荷を積んだまま乗船でき、そのまま下船できる船をいい、典型的なのは自動車専用運搬船で物流の世界では普通だが、フィリピンはアロヨ政権の時に本格的に導入された。

 汚職まみれで退任後に逮捕されたアロヨだが、このRORO構想は島嶼部を結ぶ交通網整備であって評価して良い施策で、フィリピンの物流と人の流れに画期的な影響を与えている。

 それにして長時間狭いバスの座席に乗っているのはかなり苦痛と思うが、先日乗ったバスは飛行機の座席より余裕があって、いかに飛行機の座席が窮屈な仕様になっているか実感させられた。

 それほど長距離バスに乗らないと書いてはいるが、最近でもルソン島北部の旅で飛行機が飛んでいないこともあって、マニラ−ヴィガン、マニラ−バギオ間を乗っているが、。

 ヴィガンは世界遺産に登録された古い街だが、この時は一列3座席という配置は緩やかな夜行バスに乗ったが、車内は冷凍庫並みにエアコンを効かせていてフィリピンはエアコンを効かせ過ぎると分かってはいたが度を外れていた。

 このエアコンの効かせ過ぎは運転手の居眠りを防ぐためというが、それだけ運転手の居眠りが多いということにもなるのであろうし、実際長距離バスの事故というのは多い。

 フィリピン以外での長距離バスの経験では、カンボジアのアンコールワットからプノンペンを経由してヴェトナムのホー・チ・ミン市まで2日間乗り継いだことがあり、これはバスによる国境超えの初めての体験になった。

 先年、ラオスからメコン川を挟んだタイの国境間をバスで出入りした体験を綴ったのが、本HPの『タイ鉄道 各駅停車の旅』になるが、乗車時間としてはそれほど長くない。

 アフリカの内陸国で暮らした経験を度々書いているが、首都へ出る時に長距離バスを利用したことを想い出した。

 このバスはかなり高級なバスで、車内で飲み物と軽食を配ってくれて乗車地と首都間を8時間くらいで結ぶが、いわゆるローカルな長距離バスも運行しているが外国人が乗るには相当な度胸と根性が必要で、仕方なくこちらを使うがそれほど料金は高くはなかった記憶がある。

 ところがこの高級バス、利用者が少なかったためと、経済、政情不安のため運行しない時期もあって、運行しているかしていないかで首都へ行くかどうかの様子見も多かった。

 日本国内では長距離バスというのはいくつも経験していないが、東京−大阪間に高速バスの草分けともいえる夜行の『ドリームライナー』が運行開始して間もなく、東京−大阪間を往復したことがあり、車内後部のトイレ設備が物珍しかった時代であった。

 この時は、東名高速を走る初めての体験なのに夜間運行のために景色などは見られず、ただ移動し疲れたという印象しか残らず、以降長距離夜行バスはできるだけ乗りたくないなと思った。


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2019, 17:46
-, trackbacks(0), pookmark
ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019 その(12) この時期はドリアンの最盛期

 その日の内にダヴァオ市へ戻るため、ダヒカン・ビーチでは写真を撮っただけでマティ市内に戻る。

 

【写真−1 これを見ると道路の幅が広いことが分かる】

 

 写真−1はその時の車内から見たマティ市内目抜き通りの様子で、東ダヴァオ州の州都、人口16万人を超えるだけあって活気を感じさせる。

 特にフロント・ガラス越し前方に見える小さな車は、最近フィリピン各地で爆発的に増えている三輪自動車で、従来のオートバイに側車を付けたトライシクルをいずれ追い越しそうな勢い。

 この三輪車は元々はイタリア発の車種でインドで生産されていたが、フィリピンでも組み立て生産が始まったのか安価になり、またそれを真似した中国産の三輪車も混じり、デザインのキュートさもあってトライシクルの代替え車になりそうだ。

 

【写真−2 外観の色の具合だけでは食べごろかどうかは分からない】

 

 時間がなかったのでマティ市内を探索することはできずに、荷物を預けてあるホテルに直行するが、途中写真−2のフルーツ・スタンドに立ち寄る。

 

 この時期のミンダナオ島は各種フルーツが出回り、写真−2のスタンドに乗っているのが『ドリアン』で、手前の赤い小さな果実は『ランブータン』。
 

 ドリアンは『果実の王様』といわれるように、その味はチーズに似た濃厚な甘みを持つが、プロパンガス同様の独特の臭いがあってフィリピン人でも好き嫌いがある。


 ドリアンはスイカと同じで外見だけでは熟し具合は分からず、店の人間が刃物で割って熟し具合を見て売っているが、買う側の地元の人間も真剣な眼差しで選んでいる。

 

【写真−3 実の割には食する部分は少ないがたくさん食べる物でもない】

 

 持ち帰ったドリアンをホテルの庭にある小屋で割ったのが写真−3で、臭いは一帯に充満し嫌いな人は鼻をつまむほどで、このため飛行機などの交通機関や公共施設ではドリアンの持ち込みを禁止をしている所もある。

 ドリアンの果肉は大きな種を包むようにあり、そこを食べるが実の大きさに比べて食べられる部分は意外と少ない。

 

 ドリアンを初めて食べたのは1980年代初め頃のミンダナオ島であったが、その臭さには閉口すしたものの、濃厚な味に慣れると気にならなくなり以降平気になった。

 ただし、ドリアンも臭いの弱い品種が栽培されていて、写真のドリアンも以前食べたドリアンの強烈な臭いを感じさせず、その系統なのかとも感じ、野菜でも何でも原種の持つ強さを弱めてしまう品種改良も考えもの。

 写真のドリアンの種の中でとりわけ大きな種3個を選んでセブに持ち帰り、水に漬けていたら1個から根と芽が出て双葉になった状態を見計らって鉢に植え替えた。

 今のところ育っているが、アボガドなどと違ってその成長は遅く、鉢から地植えするまでかなりの時間がかかりそうだし、地植えしても実生からは実を結ぶには5〜6年くらいかかるから先の長い話である。

 セブは台風が来るためかドリアンの樹や他の果樹栽培はあまり聞かないが、ミンダナオ島は台風がほとんど来ないのと、肥沃な土地のためにバナナを始めとした果樹栽培に適しているようで、まだまだ農業の発展余地は高い。

 


 

author:cebushima, category:ミンダナオ島紀行 ダヴァオ篇 2019, 19:07
-, trackbacks(0), pookmark
この一枚2019年 セブ篇 その(16) 或る日のカルボン市場にて

 セブ市のダウン・タウンの海岸沿いに『カルボン』と呼ばれる古い地域が広がり、ここにはセブの野菜と果物を一手に扱う市場があって、日夜賑わいを見せている。

【最近は価格表示が増えたが計量用の秤の方は今一つ信用できない】

 カルボンという地名のいわれは今も稼働する火力発電所が近くにあって、その昔そこで燃焼した石炭の燃え殻を捨てて埋め立てたため、石炭の炭素を意味する『カーボン』からカルボンになったとされている。

 カルボンを含む地域はセブの古い通りがあり、戦前に建てられた建物もまだ残っていて、サント・ニーニョ教会やマゼラン・クロスといった由緒あるカトリック施設、戦前に在った日本領事館の建物も残っている。

 拙宅近くに大手のスーパーがあり、時々日用品や生鮮食品を購入するが、魚は全く活きが悪く一度も買ったことはなく、野菜も活きが悪い上に高く仕方なく買っているような状態になっている。

 この手のスーパーもほとんどの野菜の仕入れ先はカルボンから来ていて、セブ島の他の市場で売っている野菜もほとんどはカルボンからで、当然カルボンで買えば値段は安いし新鮮である。

 そのため、時々家人とカルボンへ行って野菜を大量に買うことがあり、先日久し振りにカルボンへ出かけた。

 この日は珍しく午前中に行ったが、いつもは買い物に行くのは夕方から夜半にかけてで、これは日中は暑いことと、夜になるとカルボンの道路上には露店の店がぎっしりと埋まり、そういった露店の店で買う楽しみもあったためである。

 ところが今回、行ってみたらいつもなら路上を占拠している露店の店が姿を消していて、何だか気の抜けたようないつもの感じと印象が違っていた。

 これはフィリピンの自治体を管理する『内務自治省』が、最近全国の自治体に向けて道路を占拠する露店の一掃を命じたためで、セブ市もこれに従い露店商の排除を行ったためである。

 先日、セブ島北部の町へ行った時に、公園沿いに出ていた簡易な食堂がすっかり姿を消していて、こんな地方までに及んでいるのかと驚いたが、その分車の駐車には困らなくなった。

 しかし、排除されてしまったこれらの食堂は近くにいくつもある学校の生徒、学生の軽い食事を摂る場所と社交場でもあり、そういった地域の楽しみも奪うことともなった。

 以前、マニラへ行って有名なキアポ教会を訪れたが一帯は露天商が道路上を占めていて、雑踏そのものだがそういった光景はフィリピンでは当たり前で、これが混沌とした一つの景色を生んでいた。

 ところが、今年の5月に行われた選挙で新しくマニラ市長になった人物が、公道を占拠する露天商の強制排除を進め、華々しく報道もされ、その結果かなりマニラの道路はスッキリしたという。

 セブも新市長になって露天商排除に動いているが、単純に露店といっても店を出すには金が動き、それが利権となって有力者の懐に入る構造で、利権化して既存の政治屋には手が付けられなかった部分であったが、今回の荒療治となった。

 ただし、道自体はスッキリしても露天商として生計を立てていた人々は一体どうなるのだろうという心配もあるし、そういった点についてはこの国の貧しさから排除した側は全く考えていなくて、排除された側も大きな声にはなっていない。

 それに、こうして排除されても時間が経てばその内元に戻るかもしれないし、商店の軒先とか私道上は排除が及ばないので、そういった場所が新たな利権として露天商間で取り扱われ、以前のようになるのでは思ったりする。

 さて、カルボンだが今回行ったのは昼間なので、路上で売るのは皆無ではないが身を潜めているようで、取り締まりの及ばない夜間には前の様に路上に出て野菜を売っているのではないかと感じた。

 さて写真を見ると分かるように、左右の建物は従来のカルボンの公設市場であり、この建物の中に間口2〜3メートルの野菜を売る店が何列にも並んでいるが、露店で野菜を売っていた時はあまり来ない場所でもある。

 道を挟んで右側の建物はフルーツを商う店が入っているが、奥の方には何があるのか分からないような怪しい雰囲気もあり、2階部分は何年も前に火事を出したまま封鎖状態になっていて、直す様子は全くないのがフィリピンらしいところ。

 左側の建物と右側の建物が門のように見える構造物で繋がり、『PUBLIC  MARKET』と表示されているが、今回写真に撮ってこれは左右の建物を繋ぐ歩道橋と分かったが、勿論行き来はできない。

 

 左側の建物の左奥には、やはり鉄筋コンクリート造りの2階建ての建物があるが、この建物、いつから建設が始まったのか分からないが、屋上に鉄筋が突っ立ったままでどうやら建設は長い間止まっている様子。

 

 これからカルボンの公設市場を管理するセブ市は、全く新しくする気も予算もなく、いつまでも雑然とした状態で良いと思っているようだし、たとえ新しくしてもカルボンの生鮮野菜の集荷地と販売地としての地位は同じであろう。

 

 ところが、最近のニュースでこの地にフィリピン最大のショッピング・モール・チェーンを持つシューマート(SM)がこのカルボン地域に興味を示し、再開発をする意向があることを表明している。

 実際SMは首都圏で古い市場を再開発し成功していて、カルボンも従来の特質を活かしたモール造りになるらしいが、そうなると元々資本力のない従来の出店者の負担は大きくなり、そうは簡単にプロジェクトが進むかどうか疑問な点は多い。

 しかし、SMはセブ市を含めて3つの巨大なショッピング・モールを運営していて、その巨大な資本力から考えればカルボン市場が、SMの支配下になるというのはあながち荒唐無稽な話ではない。


 

author:cebushima, category:この一枚2019年 セブ篇, 18:43
-, trackbacks(0), pookmark