RSS | ATOM | SEARCH
空想旅行記2020 第2回 『伊豆七島+青ヶ島を巡る旅』 2日目=八丈島島内見物−その2 八丈島といえば流人の歴史だが新しいものもある

【二つの歴史に残る流人の墓】

 

【写真−1 正室は加賀前田家の豪姫】

 

 現代でも左遷されることを『島流し』などと表現するが、伊豆七島は北から大島、三宅島、そして八丈島がその島流しの地で、咎を受けて遠島処分を受けた人を『流人』と呼んでいた。流人は斬首など死刑の次に重い処分で、刑事犯と政治犯に分かれるが、その中で知られるのは関ヶ原の戦いで敗れ八丈島に流された『宇喜多秀家』がある。

 

 写真−1は八丈島の中心、大賀郷にある稲場墓地に葬られている秀家の墓で、秀家は備前岡山城57万石余を有する大名で、豊臣政権末期には五大老になったが関ヶ原の戦いでは西軍に加わり負けて、84歳で亡くなるまで50年間留まり続け、その子孫は今も八丈島に住んでいるという。

 

【写真−2 末裔は今も島に住む】

 

 もう一人八丈島に流された流人で有名なのは『近藤富蔵』で、富蔵の父親『重蔵』は旗本であり、間宮林蔵などと並ぶ江戸後期の蝦夷地探検で知られる人物だが、その長男に生まれた富蔵は放蕩の末に殺傷事件を起こして八丈島に流され、明治期まで53年間の流人生活を送った。

 

 その後、一度は赦免され本土に戻るが、また八丈島に戻り通算60年、83歳で亡くなるまで島に住むが、その間全69巻の『八丈実記』を記した。この本は正確性に欠けると見做されているが当時の八丈島の様子を知る文献としては貴重な資料となっている。

 

 写真−2は三根の善光寺にある富蔵の墓で、元々は他の墓地にあった物を移設していて左側の大きな石は大正時代に建立された顕彰碑で、富蔵は地域の教育に貢献するなど人望はあったようで、富蔵の墓はその右隣りの三角形の石で、他に島で娶った人の墓石がある。

 

 宇喜多秀家、近藤富蔵とその生涯を八丈島で過ごし、八丈島の土に還ったことを考えると鳥も通わぬ島といわれた八丈島には離れたくない魅力があったのかも知れず、八丈島の流人の数は1800人余とある。

 

【八丈島の古い井戸と伝統芸能】

 

【写真−3 一時は草生していたが今はしっかり整備されている】

 

 今は島でも蛇口を捻れば水が出て来るが、かつての伊豆七島は大きな川が無いために御蔵島を除いて生活に必要な水は天水か井戸に頼っていた。その井戸で大賀郷八重根港近くにある写真−3の井戸は『メットウ井戸』と呼ばれ、これは関東の多摩地域にあった『マイマイズ井戸』と同じで、カタツムリの殻と同じように渦巻状に道を付けて、その低部から垂直に井戸を掘った。

 

 深い井戸を掘るための知恵だが、八丈島のメットウの意味は島で獲れる巻貝に似ていることから名付けられ、八重根の井戸の規模は直径20m、深さは8mあり、1888(明治13)年に掘られ、水道が引かれる1953(昭和28)年まで使われ、1980(昭和55)年に東京都の文化史跡に指定。

 

【写真−4 太鼓は人類が最初に覚えた楽器といわれる】

 

 八丈島に『黄八丈』という伝統的な絹織物があり、地元では日本三大紬の一つと名乗っているが、奄美の大島紬、茨城県の結城紬は分かるものの、もう一つは産地がそれぞれ名乗っていて黄八丈もその一つになる。写真−4の太鼓を叩いている女性が着ている着物が黄八丈で、草木で黄色、黒、樺色に染めた糸を格子状に織ったのが特徴。

 

 奄美大島、八丈にしても絹織物なら蚕、繭の生産、桑畑と連想するが、そういった物は島には無いようで繭玉を輸入して、島で染めて織ったのかと思うがしっかり調べた訳ではない。なお、『八丈太鼓』と写真にあるが、その起源ははっきりせず、機織りをしていた女性が叩いたのが始まりではないかといわれる。

 

【地熱発電所と意外な歴史を持つ都立高校】

 

【写真−5 再生エネルギーとして地熱発電は良くても保守と維持が大変】

 

 伊豆七島は火山列島上にある島で、八丈島は三原山の火山活動が活発でその麓に写真−5の東京電力が造った地熱発電所があった。あったというのは1999年に稼働し2019年に閉鎖されたためで、稼働時の出力は3.3メガワット。以前には同じ敷地内に風力発電が1基あった。

 

 閉鎖の理由は良く分からないが地熱発電所は設備の劣化が激しく、また硫黄ガスを排出するために住宅の近い地域での発電は問題があったようだ。それでもオリックスが地熱発電に目を付けて同じ場所に4.4メガワットの新規発電所を作る計画を企て町当局と協定書を交わしているがその後進んでいない。

 

【写真−6 伊豆七島の主な島には都立高があるが存続に苦労している】

 

 写真−6は島内唯一の『都立八丈島高校』で、1948(昭和23)年に都立園芸高校八丈分校として開校し、1950年に都立八丈高校として独立するが、当時島内では学校誘致で村同士が張り合い、その結果1951年に『明治大学付属八丈島高校』が開学する。

 

 人口の少ない島に著名私立大学の付属高校があった歴史にも驚くが、付属であるために明治大学への進学も出来るものの、結局、この付属校は張り合った村同士が合併で八丈町になったために1955年に都立八丈高校に吸収されて消滅し、卒業生は320余名を数える。

 


 

author:cebushima, category:空想旅行記 2020, 21:55
-, -, pookmark
懐櫻録 2020 その−(15) 最終回 東京・新宿御苑の桜と新宿−2

【選挙運動に利用され汚されてしまったけれど】

 

 今年も秋の風を聞く季節になってしまって今更桜の話でもないが、本稿で懐櫻録2020の終わりとする。

 

【写真−1 御苑には65種類1100本の桜がある】

 

 上野公園にするか新宿御苑するかで迷ったが、新宿御苑の方はその−1で書き足りなかったので新宿御苑にするが、写真−1は苑内にある芝生広場で、思い思いに寝転んだり座って春の陽射しの下でそれぞれ寛いでいる。

 

 こういった光景も2020年は新型コロナの流行で、今年は見られなかっただろうが、都知事が『桜は来年も咲くから今年の桜見物は我慢して』の無神経な発言を聞きながら、この間来年の桜を観ずに亡くなった人も多い。

 

【写真−2 紅白の花は確かにおめでたい感じはする】

 

 写真−2は桜と思ったら違い、花の咲き方は桃のような感じもするが、一つの木に濃い赤とピンク色の花を咲かせている。こういう咲き方を園芸の世界では『源平咲』と呼んでいて、源氏の赤旗、平氏の白旗に因んでいる。

 

 こういった現象は、梅、桜、椿などにもあり、セブでも白と赤、ピンクが入り混じったブーゲンビリアで見られる。突然変異で基の濃い色の花が色素を失って起こるらしいが、めでたい気持ちにはなる。

 

【安倍は辞めても桜は咲き続ける】

 

【写真−3 古い施設には味のある古い家具が置いてあることが多い】

 

 新宿御苑は1877(明治12)年に開園したが皇室の管理下に置かれ一般の人は入れなかった。それが戦後の1949(昭和24)年に一般へ開放され現在は環境省の管轄となり、そういう古い歴史を持つために重要文化財に指定されている建物が残る。

 

 新宿御苑といえば辞めた日本の首相が花見の会を開いていた場所で、ああいう露骨な選挙運動を公費でやるとはどう見ても即辞任だが、結局有耶無耶で終わった。ああいう席にノコノコ出かける連中も連中だが、特に芸能人はその無定見さから醜かった。

 

 写真−3は苑内の休み所で見た椅子で、良い材料としっかりした技術で作られていて、今では作れない物で無造作にこのように使われていてはもったいない気がする。

 

【写真−4 新国立競技場も近いがこの施設税金の無駄遣いそのもの】

 

 新宿御苑は新宿駅から歩いて来て入る『新宿門』とその並び奥にある『大木戸門』からほとんどの人は入場するが、もう一ヶ所写真−4の『千駄ヶ谷門』がある。新宿門などはいつも混み合っているので、千駄ヶ谷駅で下車して歩いてすぐのこの門から入れば余計な時間は取られない。

 

【田舎であった新宿の昔と今】

 

 

【写真−5 飲み屋街もコロナで青息吐息】

 

 花見見物の後は新宿の雑踏に向かうが、だいたいコースは決まっていて伊勢丹から紀伊国屋書店を覗いて新宿駅西口側へ足を伸ばす。ここではビックカメラやヨドバシを覗くが昔はヨドバシなど小さな店であったが大きくなったし、京王線、小田急の駅の造りもずいぶん変わった。

 

 写真−5は西口の線路際にある通りで看板で分かるように『想い出横丁』などと名乗っているがかつては『しょんべん横丁』と呼んでいて、文字通り小便臭い一角で、小さな店が狭い通りを挟んで商売をしていた。

 

 ここでは『鯨カツ』を専門にする店で良く食べたが、薄い黒っぽく揚がった鯨カツ、薄い味噌汁、形ばかりのキャベツのお新香が付いて安く腹一杯食べられた。今は鯨料理は高級となってしまい、それでもかつての店はまだあるのかと探したが分からなかった。

 

【写真−6 再開発するには複雑な一帯】

 

 ヨット仲間が写真−6の『ゴールデン街』で店を開いていたことがあり、その時は良く通い、文学や演劇人、酔っぱらった芸能人の姿を見て、店が閉まってから一緒に横浜に係留していたヨットまで行ったこともあった。

 

 当時は癖のある一帯で、普通の人はなかなか行けるような所ではない雰囲気であったが、今は違うらしくチョッと毛色の変わった飲み屋街として有名になっているらしい。

 

 特に海外から来た旅行者に人気で、そういった人々で賑わったが、コロナ禍で火が消えたような状態だという。そういえば近くの歌舞伎町がコロナの蔓延地域としてかなり槍玉に挙げられたが、ここはどうであったのだろうか。

 



 

author:cebushima, category:懐櫻録 2020, 19:19
-, -, pookmark
へそ曲がりセブ島暮らし2020年 その(27) ようやく終わった安倍政治って何だったのか

 二人羽織で7年8ヶ月もの長きに渡って首相の座に居座っていた『安倍晋三』がようやく辞めたが、コロナ対策で自分の無策ぶり、頭の悪さをようやく自覚して2度目の投げ出しと見て良い。

 

【利権で繋がる地方組織の強い自民党 福島市にて】

 

 その後任が二人羽織で政権を牛耳っていた『菅』で、しかも菅は安倍政治の継承を掲げて猿芝居以下の総裁選挙で選ばれ、自動的に99代目の首相になったが、苦労人とマスコミは持ち上げているが腹黒い人物の印象は拭えない。

 

 菅は醜聞塗れの安倍の防波堤役をしていたが、安倍は後継には総裁選挙で次点となった『岸田』に禅譲するつもりであったが、菅に流れて行ったのは安倍の弱みを菅が握っていて、それで仕方なく菅にしたという真しやかな噂があり、いかにもという感じはする。

 菅内閣が発足直後の世論調査で、前政権の安倍内閣が発足した時より高い65%という数字が出て自民党はしてやったりと湧いているらしいが、調査そのものの正確性にはどうも疑問が強い。

 

これは安倍が辞任直後の世論調査で、安倍政治を評価する割合が異常なほど跳ね上がったことと同じで、変だなと思って設問内容を見たら、『評価する』と『どちらかというと評価』、『評価しない』の三項目の答えしかなかった。

 

『どちらかというと』の設問が曲者で、これは都合良く評価する方へ導くようになっていて、普通の答えなら『分からない』という項目を入れるはずで、三択の内二択が安倍に有利な数字が出るようになっていて八百長臭い。

 

 この調査は毎日新聞のものだが、安倍に批判的な姿勢の毎日がこういうトリッキーな調査をするとは先が思いやられるし、安倍の評価が高かったのは病気を理由の辞任で、仕方がないなと思いながら同情があったのではないか。

 ということで、世論調査でもっともらしい数字が出ても、鵜呑みには出来ないことの一例であり、以前にも書いたが学生時代に商品関係の世論調査のアルバイトをしたことがあり、その時、面倒臭そうな設問は適当にこちらが書くこともあった。

 

 そういえば最近、フジ産経グループの世論調査で水増しが発覚したが、そういうことは特異ではないと知る必要があり、世論調査のいかにも客観的な数字が出されても疑う姿勢も必要であり、でないと世論調査の数字で政治をしていたといわれる安倍政治及びその亜流の術中にはまることになる。

 

 安倍の在職中は、普通なら内閣総辞職に繋がる疑獄事件はいくつもあったが、どういう訳か追及は弱く、これは野党が弱いのも勿論だが、安倍政権がマスコミを上手に取り込んで懐柔していたことと関係があり、特に政治部の上層連中に対する掌握は巧妙であった。

 

 記者会見など丸っきりの出来レースで、今の新聞記者というのは本当に頭の悪い連中しかならないのかと思わせる質問しか出ず、何よりもどの記者も下を向いてパソコンに打ち込むのに一生懸命で、それであったら何も会見に出ないでテレビ中継を見ながらパソコンを打っていれば良く、全くお粗末な連中である。

 

 会見というのは相手の顔を見て、話していることが真実なのかどうか文字通り顔色を見て分かるもので、あのように下を向いていては政府の発表をそのまま記録しているようなもので、記者に必要な洞察、観察力が減退し、そのためマスコミは政府の広報機関に堕してしまったのではないか。

 

 安倍政権が長期間保ったのは、時のマスコミの連中という指摘が後世から必ずあると思われるが、菅になったら早くもよいしょするマスコミばかりで『木鐸』などという言葉は死語に近いようだ。

 

 安倍の評価というのは辞めたばかりでどうのこうのというのも早く、政治家の評価というのは後世の人間が定めるものだが、その評価の基となる資料を安倍は隠蔽、改竄、記録しないなどやりたい放題であった。

 

 中国では世が変わると後継の代が前代の歴史を記録し、それが中国数千年の歴史でもあり誇りであったが、その基は記録文書であり、勿論都合良い選択、解釈は付きものであったが、今の中国共産党国家は歴史をどう記録するのか分からないが連綿と続いている。

 

 その文書をいとも簡単にシュレッダーにかけたなどと平気で国会答弁しているから、いかに安倍以下の今の連中は歴史を軽んじ、無責任であることが分かり、資料としてあらゆるものを残して、その整理、解釈は後世の者が行うという歴史の流れを断ち切る連中は無知といっても良いだろう。

 

 例えば『桜を観る会』疑惑で、招待者の記録は何もないと言い張っていたが、毎年毎年、担当役人がリストを最初から作成するなどあり得なく、役人の習性として前年の記録を参考にして新たに修正あるいは加えて新リストを作るから、役人のパソコンを調べれば安倍のいっていることは嘘というのはすぐに分かる。

 

 安倍は常に人の書いた答弁、原稿を読んでいたように自分の頭で考えることは苦手で、大手広告代理店の広告戦略に乗って発言していたが、これは政治屋家業三代目としてはそれに乗るしかなかったが、そういう人物を頭にしていたのは国民の方にも問題はある。

 

 といっても、自民党政権が盤石なのはいわゆる鉄板支持層があることで、この支持層、国民の20%程度しかないのに毎回選挙で勝っている不思議さだが、これはアメリカの下種なトランプも全く同じで、やはり鉄板支持層だけに的を絞って選挙運動をやっている。

 

 『国民の総意』という言葉が空しく聞こえる現象で、安倍はトランプ一の友人などと自慢しているが、ただのゴルフ友達であっただけで、両者とも鉄板支持層頼りということは共通していて、その点では気が合ったのであろう。

 

 空虚な掛け声だけ、大仰なキャッチフレーズと誇大広告で終始した安倍政治は終わったが、その次の菅は安倍より上手の策士だからこれから何が飛び出て来るか分からないが、嘘は嘘といえる世の中に戻って欲しいものだ。

 


 

author:cebushima, category:へそ曲がりセブ島暮らし 2020, 21:15
-, -, pookmark